DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. ALIENWARE 13-R2(Skylake-2015年)TOP
  4. 現在のページ

外付けGPUで、ALIENWARE 13のグラフィックを強化

ALIENWARE Graphics Amplifierレビュー

ALIENWAREシリーズのうち、Graphics Amplifier端子を持つ製品であれば、オプション販売のALIENWARE Graphics Amplifierが接続できる。これは外付け用のグラフィックで、Graphics Amplifierにデスクトップ用のグラフィックカードを搭載できる。ノートパソコンのようにグラフィックカードが換装できないモデルを、外付けでグラフィック強化を試みるものである。

ALIENWARE Graphics AmplifierALIENWARE 13とALIENWARE Graphics Amplifierを並べた様子。

Graphics AmplifierとALIENWARE 13のセットALIENWARE Graphicsの必要設置スペースは、ミニタワーほど。これならばいっそのこと、「換装できるデスクトップ機を購入したほうがいいのでは?」と葛藤しそう。あくまでALIENWARE 13のようなALIENWARE Graphics端子装備モデルを、末永く使っていくためのアイテムだろう。または不要となったハイエンドグラフィックカードの、第2の使いみちとか・・。


2015年12月レビュー
Skylake設計

今回レビューしている構成
DELL ALIENWARE 13-R2 ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3 インチ IPS 非光沢ディスプレイ(1920 x 1080)
  • 第6世代インテル Core i7-6500U (4MB キャッシュ, 最大 3.1GHz)
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3L メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
  • 256GB PCIe SSD

2015年12月18日時点のレビュー。

Graphics Amplifierのデザイン

デザイン3.5kgほどあり、据置で使用するのは必須。だいたいXPS 8300と同じくらいの設置スペース。

底面デザインALIENWARE Graphics Amplifier底面にも吸気口が配置されている。

編組シールドケーブル付属品はGraphics Amplifier専用ケーブルと、電源ケーブル。言うまでもなく、グラフィックカードは各自に導入しなくてはならない。Graphics Amplifier専用ケーブルは、電磁波などのノイズに強い編組シールドケーブルを採用。

内部構造

外付けGPUで、ALIENWARE 13のグラフィックを強化Graphics Amplifier端子を装備背面にはUSB3.0端子×4基とGraphics Amplifier端子を装備。リリースラッチをスライドすればロックが外れて、カバーを開けられるはずだが、いまいち開く気配がない。

開けるスムーズに開く気配がないので、両サイドの下からほじくるようにして開けてみた。もっと手際のよい開け方があるのかもしれないが、もう少し分かりやすい機構にしたほうがいいのではないか、という印象。

Graphics Amplifier内部構造これで全開オープン。ここまで開放的だと、グラフィックカード搭載作業はやりやすい。

ケースファン前面に搭載されているケースファン。

非常にシンプルな構造内部構造は、電源ユニットとスロットを実装した小さな基板のみの、非常にシンプルな構造。この内部を見ると、これに対して「ちょっと筐体が大きすぎるのではないか」と思う。

グラフィックカード長さに関して俯瞰した様子。奥行取り過ぎ?くらいなので、グラフィックカード長さに関しては、さほど気にしなくてもいいだろう。(DELLの指定では、長さ10.5インチ以下とある。つまり約26.6センチまで)。多くのユーザーは長さよりも、幅に気を使ったほうがいいだろう。

ATX電源電源ユニットはどうやら一般的なATX電源のようだ。総容量は460Wの電源。+12V系統が3つでトータル385W。
パソコンに搭載されている場合とは違い、ほぼグラフィックカードに電力を回すことができる。

PCI Express電源コネクタでは、8ピン(2+6ピン)24ピンのATXメインコネクタが基板に接続されている。そして、PCI Express電源コネクタが本体に接続されているようにみえるが、これは単に置かれているだけ。。グラフィックカードの補助電源となるPCI Express電源コネクタでは、8ピン(2+6ピン)が2つある。

PCI Express × 8スロットに端子用PCI Expressスロットが主体となる基板では、PCI Express × 8スロットに端子用ボードがすでに装着されている。
グラフィックカードはPCI Express × 16スロットに搭載するが、PCI Express 2.0 x4接続として認識される。

DELLサイトの記述 ⇒ 「Alienware Graphics Amplifierポートは、Alienware 15および17ノートパソコンに接続する場合、“raw/unmuxed/filtered” PCI Express Gen3 x4レーンを使用します。これは、デスクトップグラフィックスカードにPCI Expressで直接接続します。このタイプの接続は、デスクトップコンピュータで使用されるのと同じ、PCI Expressで直接接続します。 」

帯域ではPCI Express 2.0 x 4のボトルネックがあるため、グラフィックカードによっては最大限にスペックを生かせない場合が考えられる。なお、外部ディスプレイに接続することも可能。

グラフィックカードは収まらないスロットの挿入口からサイドの縁まで約44mm。この幅で収まるグラフィックカードでないと、蓋は閉まらない。ファンやヒートシンクで厚みのあるグラフィックカードは収まらない場合がある。奥行のスペースと幅スペースにずいぶんとギャップのある構造だ。

次はハイエンドグラフィックカードを搭載して、パフォーマンスの向上をチェック!!と行きたいところだが、手元に見合ったグラフィックカードがなかった・・・。ここでレビュー終了だが、苦し紛れにガラクタ箱にあったカスGPUのGeForce 8600GTSを搭載してみた。

GeForce 8600GTSを搭載ビスを外してブラケットを外し、グラフィックカードを搭載するだけ。

GeForce 8600GTSを搭載

DELLサイトには、「Alienware Graphics Amplifierでサポートされることが判明しているカードのリスト」が記載されている。

「消費電力375 W以下、長さ10.5インチ以下で、占有スロットが2スロット以下の任意の新しいシングルグラフィックスカードもサポートされます。」とのこと。リストに記載のない、古いグラフィックスカードはサポートされないという。

接続に汎用性の高いThunderbolt端子を使わない理由に帯域幅を指摘している。Alienware Graphics Amplifierポートは、外付グラフィックスカードに利用可能な最高のパフォーマンスの接続を提供できるとのこと。

(2015年4月8日現在、とある)

ALIENWARE コマンドセンターのAlien ADRENALINEにて設定

ALIENWARE コマンドセンターのAlen ADRENALINEALIENWARE Graphics Amplifierの設定は、ALIENWARE コマンドセンターのAlen ADRENALINEにて行う。
Alen ADRENALINEはグラフィックパフォーマンスの設定であり、Graphics Amplifierを導入した場合はここで設定する。ALIENWARE Graphics Amplifierのセットアップ方法なども含んでいる。Graphics Amplifier自体に電源ボタンはなく、対応PCと接続した時の連動によって反応する。そのため、Graphics Amplifierのケーブル接続では、対応PCが電源オフの状態で行う。

今回はパフォーマンスチェックをするのに価しないグラフィックカードなので、ベンチマークテストは行なっていない。Graphics Amplifierの導入に関しては、「Graphics Amplifier端子装備の機種に限られること、搭載できるグラフィックカードのサイズ制約、接地面積、コスト面」などクリアにすべきことがいくつかある。いっそのことデスクトップPCの導入を検討したほうがいい気もするが、対応ノートを末永く使っていくのであれば、検討してもよさそうだ。一概にはお勧めとはいえず、ニーズを明確にしたほうがいいだろう。レビューは以上。

ALIENWARE 13について詳しくは、DELLサイトにて


2015年12月レビュー
Skylake設計

DELL ALIENWARE 13-R2 ※2015年 Skylake設計

第6世代Core(Skylake設計)のUシリーズ搭載で、レビュー時点ではグラフィックにGeForce GTX 960Mを搭載した、モバイル最高峰スペックの13.3インチゲームノート。広視野角のIPSかIGZOが選べる。デュアルファンと銅製ヒートパイプを採用した強力な冷却機能。最新端子のUSB Type-Cを装備。光学ドライブは非搭載。M.2スロットのSSD搭載時は、PCI Expressのネイティブ接続となっておりアクセス速度が速い。

8箇所ある照明ゾーンを20色から配色できるイルミネーション機能がある。ネットワーク・コントローラにはネットワークの遅延を抑えるKillerシリーズを採用。別売りの外付けグラフィック(GPU-BOX)「ALIENWARE Graphics Amplifier」を接続すれば、デスクトップ用のグラフィックカードを搭載でき、自宅用途でさらなるパフォーマンスアップが期待できる。

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.