DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. 光学ドライブ知識の項目
  4. 現在ページ

DVD/CDディスクの寿命~長期保存方法

DVD/CDディスクの寿命について解説。寿命対策。DVD・CDの適切な保存管理方法など。

データには劣化がないが、光ディスク自体の経年劣化がある

DVDやCDといった光ディスクに貴重なデータをバックアップしているユーザーもいるかと思います。HDDだと衝撃に弱く、PCパーツで壊れやすい部類なので長期保存には心配。また、USBメモリやSSDだとフラッシュメモリなので自然放電によるデータ化けが心配でしょう。

長期間の保存なら、機械駆動や半導体ではないシンプルな媒体である「光ディスク」が比較的向いているのではないかと考えます。1枚あたりの単価も安いので、同じデータを2重3重とバックアップできる。データを小分けにして、損失に対するリスク分散ができるのも光ディスクならではです。HDDやSSDだとコスト高で何台も購入できないし、容量も大きいので損失の痛手は大きい。

光ディスク自体の経年劣化
そこで、DVD/CDディスクの寿命について解説します。

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

データには劣化というものがない

光ディスクに保存したデータは、デジタル信号で記録されています。アナログのビデオテープと違い、経年によるデータ劣化というものはありません。そして、記録や再生はレーザー光による非接触で行うため、繰り返し使用してもディスク摩耗による寿命はありません。レコードと違い、使用回数を気にしなくてもいいです。

寿命は光ディスク自体の経年変化

データそのものの劣化はなくても、光ディスク自体(工業プラスチック)の経年変化による物理的な劣化は避けられません。光ディスクそのものの経年劣化が寿命というわけです。良品を適正な保存環境で管理したとき、「寿命は100年」という理論値が実験からでていますが、製品の違いや誤差を考慮すると10~30年というのが現実のようです。

CDの寿命はどれくらいなのか解説
データには寿命はない。しかし、物質には経年変化という劣化がある。

DVD/CDディスクの寿命対策

劣化が始まる10年目ぐらいには、次世代のメディアへ移行するのがベストだと思います。寿命は物理的なものであり、新しい媒体に移行すれなデータは永久なものとなります。慎重になるなら、同じ規格であっても、新しく買ったメディアに数年おきにバックアップを録り直すのも良いでしょう。なお、コンテンツ商材で市販されているCD-ROM、DVD-ROMは光ディスクのなかでも長寿命です。

CD-ROM、DVD-ROMの寿命

読み込み限定のCD-ROMやDVD-ROMは、工場でプレス加工して製造され、物理的に凹の溝がある。レーザーで読み込みを行うときは、溝の深さでデータを読み込む。そのため、記録層の化学変化によるデータ消失の心配がない。 構造上、もっとも長寿命。 そのため、適切な保存管理をすれば寿命は30年~100年といわれる。

CD-R、DVD-Rの寿命

一度だけ書き込みのできるCD-RやDVD-Rは、色素変化によってデータ記録。CD-Rの場合、記録層に「シアニン/フタロシアニン/アゾ」という色素が使われる。ドライブはこれに合わせてレーザーの出力を調整し、色素を化学変化させ、それがデータとなる。 適切な保存管理をすれば寿命は10年~100年といわれる。

CD-RW、DVD-RWの寿命

何度も書き込むのできるCD-RWやDVD-RWは、相変化によってデータ記録する。レーザーを当てて結晶状態と非結晶状態を作ることで、データを記録したり、消したり、書き換えたりする。 ディスクメディアの寿命を研究している米国標準技術研究所によると、これらのディスクは熱に敏感に反応する素材を使っているために、一度しか書き込めないディスクと比べ長期保存に向かないとしている。適切な保存管理をすれば寿命は10年~100年といわれる。

書き換え回数による寿命

CD-RW、DVD-RWのように何度も消去と書き込みのできる光ディスクは、繰り返される相変化による寿命があります。 CD-RWやDVD-RWは1000回。DVD-RAMは10万回の書き換えで寿命とされます。
今や安価となったこれらの光ディスクを、1000回も書き換えて使うことは現実的になさそうなので、これは気にする事ではないですね。

対応の光学ドライブが存続しているか

光ディスクを読み込むには、対応している光学ドライブが必須です。DVD規格の種類が氾濫していたときには、ドライブとディスクの相性、ファームウェアの更新など、対応している光学ドライブ選びにシビアでした。「たとえ長期間、光ディスクを健全に保管できても、対応できるドライブがその時代に存在しているか」が心配の種になります。結局のところ、古いものをいつまでも・・・とはいかないんですね。旬なメディアにバックアップし直すのが得策というわけです。

DVD・CDの適切な保存管理

寿命の原因となるのは、基本的に3つ。「取扱いや保管による物理的変形・損傷」、「温度、湿度、紫外線の影響など記録層の化学変化」、「カビや腐食による損傷」です。粗悪品が極端に寿命が短いのは当然です。

CD-RとDVD-Rの、構造の違いによる保管注意

CD-Rは表面が弱い
CD-Rの表面にボールペンで少しひっかいてみます。そこにセロハンテープを貼り、剥がしてみると記録層のアルミが簡単に剥がれます。 このように、CD-R/ CD-RWはレーベル面(表面)に記録層が貼られているため、裏面よりもむしろ表面が危険です。CD-Rディスクのレーベル面に文字を記入する場合、フェルトペンなどの先の柔らかい筆記用具を使ってください。先の硬い筆記用具は使わないようにしましょう。同様にシールラベルを貼るのも剥離の問題からよくありません。シール自体、重量バランスが悪くなって回転がぶれるので好ましくありません。

DVD-Rの構造による保管注意
DVD-R/ DVD-RWは、薄いディスク2枚が記録層を挟むようにして接着されています。そのためCD-Rとは違い、表面を少し傷つけたくらいではさほど問題ありません。そのため、「取扱いや保管による物理的変形・損傷」という面では、CD-Rより長期保存に向きます。ディスクの反りには弱いので、無理な力が加わらない保管が必要です。海外の激安メディアなどは、接着が曖昧ですでにディスクが反り返ったり、簡単に剥がれたりする粗悪品が多いです。

信頼できる日本製を買おう

いくら適正に管理できても、元のディスクが粗悪品だったら「元も子もない」です。長期保存のため、信頼できる日本製のDVD・CDディスクを使うことが前提となります。できれば国産、少なくても日本メーカーのディスクを使うのが一番です。パソ兄さんのお勧め国産ブランドは「太陽誘電」です。That'sというブランドで展開しています。太陽誘電のディスクをOEM販売しているメーカーもあります。

国産のDVD-Rを買うことが長期保存
記録層に使われる有機色素はメーカーによって様々です。そのためデータを記録するとき、ドライブのファームウェアが判断してレーザーを調整します。このファームウェアは、ディスクにあらかじめ記録されているメディアコードを読みとり、メーカーや型式、最大容量など知った上で記録します。

海外製の激安ディスクは有機色素を薄く塗っていたりと作りが粗悪なだけではなく、ファームウェアに登録されていないことが多いので正しく記録されない場合があります。さらに最悪なことに、激安ブランドのPrincoは偽ってTDKのメディアコードを使ったことがありました。ドライブはTDKのディスクと識別し記録するため、故障の原因を招いたようです。当然、こんな状態でデータを記録しても意味が無いですよね。

海外の激安ブランドは、絶対買わないようにしたほうがいいです。一例を挙げますと、Princo(Super X)、Ritek(RiDATA)、Mr.DATA、Smart Buyなどです。2005年頃、Ritekは国産並に品質がいいなどと噂されており、少しでも安くと思い結構購入していた時期がありました。しかし2~3年後、ことごとくデータが消失しました。
記録直後は読み込み良好であっても、2~3年すら長期保存できないなら意味が無い。 パソ兄さんの経験では、激安ディスクの90%は2年以内にデータ完全消失および部分消失しました。同じ環境下で保存していた国産は、1枚も消失していません。まさに「安物買いの銭失い」です。

キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!

デル株式会社
光学ドライブの知識・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.