DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. ALIENWARE 13-R2(Skylake-2015年)TOP
  4. 現在のページ

Core i7-6500UとGeForce GTX 960Mのパフォーマンス!

ALIENWARE 13-R2(Skylake設計)のベンチマークテスト

Skylake設計のALIENWARE 13-R2こと、ALIENWARE 13のレビュー。次はベンチマークテスト。今回の本機ではCore i7-6500UとGeForce GTX 960Mを搭載している。構成は以下の通り。

ALIENWARE 13のレビューベンチマーク

2015年12月レビュー
Skylake設計

今回レビューしている構成
DELL ALIENWARE 13-R2 ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3 インチ IPS 非光沢ディスプレイ(1920 x 1080)
  • 第6世代インテル Core i7-6500U (4MB キャッシュ, 最大 3.1GHz)
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3L メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
  • 256GB PCIe SSD

2015年12月18日時点のレビュー。この対象としたALIENWARE 13本機に限った現状レポートである。各パーツ構成やカスタマイズ、パーツのベンダーは供給状況により変更されるため、購入された場合の一致性は保証していない。

冷却に心強い!デュアルファンを内蔵する、ALIENWARE 13

デュアルファンを内蔵する、ALIENWARE 13まずベンチマークの前に、ALIENWARE 13の底面および、モジュール内部を確認する。

デュアルファン左右に配置されたデュアルファン。その中央にはヒートパイプが配置されている。13.3インチノートでデュアルファンを内蔵するノートは稀だろう。流石にゲーム用途向きの製品といえる。

ALIENWARE 13内部モジュールカバーを開けたときの、ALIENWARE 13内部。

メモリスロットSO-DIMMメモリスロットを2基装備する。

Killerシリーズを採用メモリスロットの端に無線LANカードを搭載。ネットワーク・コントローラ/アダプタには、ネットワークの遅延を抑えるKillerシリーズを採用している。通信ゲームでは要となるネットワークにも、エントリーにはない上位構成である。

PCI Expressにネイティブ接続のALIENWARE 13M.2スロットと2.5インチベイのスペースが兼用になっており、今回は256GB SSDを搭載している。PCI Expressにネイティブ接続されており、シーケンシャルリードでは1000MB/sを超えている。供給状況によりパーツのベンダーは異なるが、このレビュー本機ではサムスン製PM951が搭載されていた。

ALIENWARE 13 ベンチマークテスト

Core i7-6500Uと、NVIDIA GeForce GTX 960M
第6世代インテル Core i7-6500Uと、NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5を搭載した、ALIENWARE 13でベンチマークテスト。各スペックはこの通り。

Core i7-6500UはTDP 15Wという低消費電力のCPU。モバイル用途ではバッテリー長時間駆動に貢献するが、通常版よりも処理能力が劣る。CPUの影響が強いゲームではやや不利な構成である。2コア実装で、HTテクノロジーによって4スレッド動作する。

ALIENWARE 13でCINEBENCH R15 ベンチマークテストCINEBENCH R15 ベンチマークテストではスコアが323cb。Core i7-6700HQと比べるとだいぶ差がある。(※CINEBENCH R15で基本的にはCPU性能の指標だが、搭載GPUの影響が少なかれあるようだ。この画像では、Core i5-6200Uが2つあるが、49cbほどの差がある。それぞれインテル HD グラフィックス530とGeForce 940Mの構成違いがある)
なお、CINEBENCH R10 ベンチマークテストでは、処理時間が1分00秒だった。

今回の構成における、ALIENWARE 13の消費電力

消費電力アイドル時ではディスプレイ輝度最大時で9W、最小にすると7W。レンダリング時では44Wあたり。ゲームベンチ中ではシーンやゲームにより違いはあるが、目安として70~80Wあたり。

NVIDIAのOptimusテクノロジーがあり、低負荷時には自動でGeForce GTX 960Mがオフとなり、内蔵グラフィックが稼働するため、ネットなどの普段使いでは一般的なモバイルノート同様の低消費電力ノートだ。ここはUシリーズの恩恵が感じられる。

ベンチマークテスト結果


2015年12月レビュー
ALIENWARE 13
Skylake設計

今回レビューしている構成
DELL ALIENWARE 13-R2 ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3 インチ IPS 非光沢ディスプレイ(1920 x 1080)
  • 第6世代インテル Core i7-6500U (4MB キャッシュ, 最大 3.1GHz)
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3L メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
  • 256GB PCIe SSD

バイオハザード5

3D Visionにネイティブ対応のバイオハザード5
2009年9月にPC版が登場し、日本ゲーム大賞2009 優秀賞を受賞。 NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した、初の立体3D対応ゲーム。通常のプレイ推奨環境(解像度1280×720) では、Core 2 Quad以上、NVIDIA GeForce9800以上。

※当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト 「DirectX 10。アンチエイリアスとモーションブラー⇒オフ、影・テクスチャ・画面クオリティ⇒高」

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 113.6
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。

バイオハザード6

PC版バイオハザード6をパソコンで
2013年3月にPC版が発売したバイオハザード6。最大で2560×1600もの高解像度が設定できる。ハイスペックPCを活かした新要素として、家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。

※当方の測定条件: DirectX 9.0c。グラフィック設定はデフォルト「アンチエイリアス⇒FXAA3HQ、モーションブラー⇒ON、影・テクスチャ・画面クオリティ⇒高」

1920×1080 フルスクリーン表示

スコア 5602
RANK A ⇒ 快適な動作が見込める。
RANK Sには届かなかったが、フルHD(1920 × 1080)でもプレイはできそうだ。

その他のゲーム

ALIENWARE 13でFF14プレイ ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド(DirectX9)および、 新生エオルゼアでは、フルHD(1920 × 1080)フルスクリーンの高品質(ノートPC)において「非常に快適」という評価。

ALIENWARE 13でゲームするドラゴンクエストX ベンチマークテスト ver.1.10(1920 × 1080 / 最高品質 / ウィンドウ)においても「とても快適」。
ラストレムナントでも1920 × 1080で非常に快適。

ストリートファイター4でパフォーマンス比較


2015年12月レビュー
ALIENWARE 13
Skylake設計

今回レビューしている構成
DELL ALIENWARE 13-R2 ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 13.3 インチ IPS 非光沢ディスプレイ(1920 x 1080)
  • 第6世代インテル Core i7-6500U (4MB キャッシュ, 最大 3.1GHz)
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3L メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
  • 256GB PCIe SSD

ストリートファイター4

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲーム。プレイそのものは2Dだが、グラフィック描写が3Dであり美麗な表現となっている。 登場当初、2009年当時のミドルスペック以上のデスクトップPCが必要だったが、パソコンの高性能化に伴い、ハードルがかなり下がった。本格的な3Dゲームの中では、比較的負荷の少ないゲームである。※参考:メーカー指定のプレイ推奨環境(解像度1280×720)では、 Core 2 Duo 2.0GHz以上 、NVIDIA GeForce 8600以上とされている。

※当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト

グラフィック設定はデフォルトであり、DirectX 9.0c 。モデルと背景の品質⇒高、シャドウとモーションブラー⇒低、パーティクル⇒中、エクストラタッチ⇒OFF)。 ※ただし調整する項目が一点あり、ディスプレイ垂直同期をOFFにして、60FPS以上でも測定できるようにしてある。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 186.69
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 222.72
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

以下、過去レビューPCにおける「1280×720 ウィンドウ表示」の結果と比較してみよう。
今回のALIENWARE 13では、2011年のミドルレンジデスクトップ機:XPS 8300(Core i7-2600+Radeon HD 5770 1GBの構成)に近いパフォーマンスだった。

Core i5-4210U +GeForce GTX 860M 構成の「前ALIENWARE 13」と比べると、ちょびっとの向上が見られる。

売れ筋XPS 8300は人気の機種

DELL XPS 8300 ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-2600 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 8GB (2GBx4) DDR3メモリ
  • ATI Radeon HD 5770 1GB
AVERAGE FPS 223.37
ALIENWARE 13(2015年)

DELL ALIENWARE 13(2015年版) ※2015年4月レビューHaswell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 第4世代インテル Core i5-4210U プロセッサー (1.7GHz)
  • 8GB(4GB × 2) DDR3L メモリ- 1600MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 860M 2GB GDDR5
AVERAGE FPS 208.71
dell studio xps8000

DELL Studio XPS 8000 ※2009年 Nehalem設計

  • Windows 7 Professional 64bit
  • Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GTX 260 1792MB
AVERAGE FPS 200.33
Alienware M14x

Alienware M14x (M14xR2) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3610QM (2.3GHz, 6MB キャッシュ)
  • 6GB (2GBx1+4GBx1) DDR3 SDRAM 1600MHz
  • GeForce GT 650M 1GB GDDR5
AVERAGE FPS 177.34
17型ハイスペックのInspiron

DELL Inspiron 17R Special Edition (7720) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3610QM (2.3GHz, 6MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2) DDR3メモリ 1600MHz
  • GeForce GT 650M 2GB GDDR5
AVERAGE FPS 171.09
17インチノートが主流となる時代へXPS17投入

DELL XPS 17(L702X) ※2011年 SandyBridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-2670QM (2.2GHz, 6MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GT 555M 3GB DDR3
AVERAGE FPS 147.08
Inspiron 15-7559アイコン

備考:GeForce GTX 960M搭載で比較

同じくGeForce GTX 960Mを搭載したDELL Inspiron 15 7000シリーズ(7559)をレビューしたが、こちらは通常版であるCore i7-6700HQ を搭載している分、今回のALIENWARE 13よりもアベレージが高い。 ※ Inspiron 15 7000シリーズの GeForce GTX 960M はビデオメモリが大容量の4GBであることを追記しておく。

DELL Inspiron 15 7000シリーズ(7559) ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第6世代 Core i7-6700HQ (6M キャッシュ, 最大3.50 GHz)
  • 8GB (8GBx1)シングル チャネル DDR3Lメモリ 1600MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 4GB GDDR5
AVERAGE FPS 311.85

ALIENWARE 13について詳しくは、DELLサイトにて


2015年12月レビュー
Skylake設計

DELL ALIENWARE 13-R2 ※2015年 Skylake設計

第6世代Core(Skylake設計)搭載で、最高峰スペックの13.3インチゲームノート。広視野角のIPSかIGZOが選べる。デュアルファンと銅製ヒートパイプを採用した強力な冷却機能。最新端子のUSB Type-Cを装備。光学ドライブは非搭載。

8箇所ある照明ゾーンを20色から配色できるイルミネーション機能がある。ネットワーク・コントローラにはネットワークの遅延を抑えるKillerシリーズを採用。別売りの外付けグラフィック(GPU-BOX)「ALIENWARE Graphics Amplifier」を接続すれば、デスクトップ用のグラフィックカードを搭載でき、自宅用途でさらなるパフォーマンスアップが期待できる。

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.