XPSやInspironといったDELLブランドのPCをレビュー公開中
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. GPU知識の項目
  4. ストリートファイター4 ベンチマーク比較

ゲームパフォーマンス比較!DELLパソコンにて

ストリートファイター4 ベンチマーク比較

クーポン割引で、もっとお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

当サイトのDELLパソコンレビューにおける、ストリートファイター4ベンチマークテストの結果をまとめたものです。1280×720 ウィンドウ表示におけるFPS(フレームレート)で比較しており、過去のどのような構成のパソコンと近い性能なのか比較できます。もっぱら搭載GPUの性能が反映されますが、CPUもそれなりに影響力があります。

ストリートファイター4の、ベンチマークについて

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
※2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲームの、ストリートファイター4。プレイそのものは2Dだが、グラフィック描写が3Dであり美麗な表現となっている。ストリートファイター4 PC版が登場したとき、2009年当時のミドルスペック以上のデスクトップPCが必要だった。しかし、現在はパソコンの高性能化に伴い、ハードルがかなり下がった。本格的な3Dゲームの中では、比較的負荷の少ないゲームである。 ※参考:メーカー指定のプレイ推奨環境(解像度1280×720)では、 Core 2 Duo 2.0GHz以上 、NVIDIA GeForce 8600以上とされている。

当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト

グラフィック設定はデフォルトであり、DirectX 9.0c 。モデルと背景の品質⇒高、シャドウとモーションブラー⇒低、パーティクル⇒中、エクストラタッチ⇒OFF)。 ※ただし調整する項目が一点あり、ディスプレイ垂直同期をOFFにして、60FPS以上でも測定できるようにしてある。

FPS(Frames Per Second)とはPCゲームの描写速度の単位。1秒間に再生できるコマ数。アクションゲームでは、60 FPS以上で快適な動作と言える。 注意:OSを始め、ドライバや常駐ソフトなどシステム環境の違い、メモリの容量・規格の違いがあるため、厳密なGPU比較にはなっていないことをご理解いただきたい。

傾向として、CPUの影響もかなり反映されている

ストリートファイター4のベンチマークでは、 「GPUだけが大きく舵取り」をしているわけではないようだ。ストリートファイター4では過剰スペックのPCにて、CPUのオーバークロックを実施してみたところ、さらに AVERAGE FPSが高まった。
パーツ テストしたPCの構成
OS Windows 8.1(64bit)
プロセッサ Core i7-4960X Extreme Edition
メモリ 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) × 2台 + 128GB SSD
OC 「40x、39x、39x、38x、37x、37x」でデフォルト 「44x、44x、40x、40x、40x、40x」のオーバークロック
AVERAGE 518.00 FPS 620.26 FPS

Core i7-4960X Extreme Editionは6コアを内蔵しているが、倍率を既存のままで実施した場合は518.00 FPSだった。これを2コア分を44x、残り4コアを40xにオーバークロックしたところ、620.26 FPSまで伸びた。このことより、このベンチマークテストでは、CPU+GPUを組み合わせて比較したほうが良いと判断できる。

CPUの性能もそれなりに影響がある(調査その2)

CPU以外同じ構成のPCをレビューした時のデータを基に比較。ゲームのベンチマークテストでは、搭載GPUばかりに注目されがちだが、CPUが違うだけでも顕著な差がみられる。CPUの依存率はゲームにって差があるが、ストリートファイター4では、そこそこ影響を受けやすいことがわかる。

ゲームのベンチマークテスト

HP ENVY 17-n000

  • インテル Core i7-5500U
  • 8GB (8GB×1) DDR3Lメモリ
  • GeForce GTX 950M 4GB

HP ENVY 17-n100

  • インテル Core i7-6700HQ
  • 8GB (8GB×1) DDR3Lメモリ
  • GeForce GTX 950M 4GB
CINEBENCH R10 (CPU性能) 処理時間⇒ 1分20秒 処理時間⇒ 33秒
ゲームタイトル 1920 × 1080 フルスクリーン表示 1920 × 1080 フルスクリーン表示
ストリートファイター4
品質:デフォルト
AVERAGE FPS 151.05 AVERAGE FPS 176.65
バイオハザード5
「ベンチマークテストA」

DirectX 10
AVERAGE FPS 88.8 AVERAGE FPS 103.5
バイオハザード6 SCORE = 4291 SCORE = 4842
ラストレムナント DirectX 10 AVERAGE FPS 62.24 AVERAGE FPS 67.21
ファイナルファンタジーXIV
新生エオルゼア

標準品質(ノートPC)
SCORE = 8198 SCORE = 8561
ファイナルファンタジーXIV:
蒼天のイシュガルド

標準品質(ノートPC) DirectX 9
SCORE = 7284 SCORE = 8435

負荷:スーパーストリートファイター4との違い

ストリートファイター4 PC版から追加要素を加えた「アッパーバージョン」に、スーパーストリートファイター4がある。(2011年に北米でWindows版発売。日本では未発売)。スーパーストリートファイター4のベンチマークソフトが配布されておらず、商品を購入しインストールしないとこれのベンチマークテストが測れない。そこで導入して調べた。

スーパーストリートファイター4ベンチフルHD(1920 × 1080)・フルスクリーンで、同じPCにて両方を比較した。ストリートファイター4が178.15 FPS、そしてスーパーストリートファイター4では193.843 FPSだった。アッパーバージョンになっても、PCへの負荷が重くなっているわけではないようだ。

パソ兄さんのお勧め!DELLパソコン買いどきチェック

デル株式会社

ストリートファイター4 ベンチマーク比較 コンテンツページ

※別枠:「1920 × 1080 品質:デフォルト 垂直同期OFF フルスクリーン」で実施

グラフィック:GPU(Graphics Processing Unit)項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.