DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. キーボード選びの項目
  4. 現在ページ

キーボードの基本スペック用語

キーボードを選ぶために必要なスペック用語や付加機能について解説します。

キー配列

事実上、日本で標準となっているのが、日本語106キーボードです。
101キーボード 英語配列の標準キーボード
104キーボード 101キーに、Windowsキー2つとメニューキーを追加したモノ
106キーボード 日本語配列の標準キーボード。101キーボードをベースに、「変換」「無変換」「カタカナ/ひらがな」などのキーを追加したモノ
109キーボード 106キーに、Windowsキー2つとメニューキーを追加したモノ
112キーボード 109キーにACPI対応の電源コントロールキーを追加したモノ。 (ACPIとは電源制御する規格のひとつ。)メールソフトやWebブラウザ、特定のソフトを起動するキーがあったりする。

印字されている文字が打てない?

キーボードの多くはWindowsで使っていると思いますが、規格はすべてWindowsのためにあるわけではありません。例えば109 キーボードではOADG109 規格で定められているため、「わ」のキーに「~」が印字されているが、Windowsではこのキーで「~」を入力できない。

Windowsで「~」を入力できない※OADG109 規格はWindowsのためだけではないため。 よって「~」の入力は、Shift+「へ」のキーで行う。

キーピッチ

キーピッチとは「キートップの中央から中央までの距離」です。18.5mm~19mm幅が標準とされ、このようなキーボードをフルサイズ・キーボードといいます。概ねキーの大きさと捉えて構いません。キーピッチが狭くなるほど狭いスペースにキーを配置することができますが、操作性は悪くなっていきます。

キーボード購入ガイド
デスクトップ用キーボードでは、ほとんどがフルサイズ。

キーピット-フルサイズ・キーボード
ノートパソコンでは13インチクラス以上になると、だいたいメインキーがフルサイズです。

テンキーもフルサイズ
15.6インチノートでテンキーを装備している場合がありますが、筐体サイズの制限からテンキー部分だけがイレギュラーサイズになり、やや手狭になります。一方、17.3インチノートではテンキーもフルサイズがほとんど。

キーピッチがイレギュラーサイズの例

12インチクラス以下のモバイルノートでは筐体の小ささから、フルサイズ・キーボードは困難であり、19mm未満がほとんどです。指の移動範囲が狭いので楽という反面、慣れないとミスタッチが起こりやすいです。

DELL Inspiron mini 10v
キーピッチがイレギュラーサイズの例を紹介します。10.1インチミニノート(DELL Inspiron mini 10v)で、メインキーのキーピッチが17.5mmでした。

こういうタイプの場合、PCメーカーも極力フルサイズに近づける努力をしており、「フルサイズキーボードの○%で、フルサイズに近い使い心地」といったセールストークが見られます。なお、一部のキー配列が特異になることもしばしばあります。

DELL Inspiron Mini9
8.9インチミニノート(DELL Inspiron Mini9)でメインキーのキーピッチが15.6mm。ここまでキーピッチが狭いと、操作性はかなり悪くなってきます。

Loox-Uキーボード
この手のモバイルノートでは、キーピッチ云々のレベルではありませんね。

カーソルキー

カーソルキーの配置
ノートパソコンのカーソルキーの配置では、周辺に他のキーを置かない「独立配置」と、他のキーと列を成す「並列配置」があります。独立配置では関係ないキーを押す誤接触はなくなりますが、フルサイズではない傾向にあります。一方、並列配置ではフルサイズですが、誤接触のリスクがあります。

G510
デスクトップ用キーボードでは、独立配置でフルサイズ。「操作性はノートパソコンよりもデスクトップキーボードのほうが良い」ことは言うまでもないでしょう。

キー・ストローク

キー・ストロークはキーを押し下げたときの深さで、日本語では押下(おうか)と言います。一般的な目安は3mmです。浅すぎると手応えないし、深すぎてもフカフカした印象だし、操作感覚に直結するのがキーストロークです。「深いと誤入力を防げるが高速入力には向かない、浅いと高速入力できるが誤入力のリスクが高まる」という面を持ちます。

押下とはキーストロークのこと
デスクトップで3~4mm、ノートパソコンでは2~3mmといったところ。

アイソレーション・キーボード

キーボードのスタイルとして、2011年ごろよりパソコンメーカー各社からアイソレーション・キーボードのノートパソコンが見られるようになりました。(それ以前では、ソニーやAppleが先行していました。)
アイソレーション・キーボードは見た目から「浮石型キーボード」とも呼ばれます。メーカーによっては「チクレットキーボード」と呼ばれています。

※チクレットとはチューインガムのブランド名。製氷器の裏側のような形状をしていることから、チクレットキーボードと呼ばれている。厳密に言うと、現在のパソコンでは、アイソレーション・キーボードと呼ぶのが正しい。

アイソレーション・キーボードとは
アイソレーション・キーボードはキー周りに完全な空間があるので、誤って隣のキーに触れてしまうミスタッチが減ります。そのためネイルアートを施した指先でも操作しやすいメリットがあります。このキーボードスタイルは好みで賛否両論ですが、触感でホームポジションが把握しやすいのでブラインドタッチが苦手なユーザーなら扱い易いタイプかと思われます。

キートップ形状

キートップの形状
さらにキートップの形状をチェックしておきましょう。キートップとはキーの上面です。キーはアイソレーションでなければだいたい台形ですが、キートップはフラットなものから、波状で指にフィットするものなど様々です。個人的には波状のキートップが使いやすいと感じています。

キー荷重

キーの重さのことをキー荷重と言います。軽いと高速入力に向く反面、慣れないと誤入力の要因になります。キーの配置ごとにキー荷重を変えている製品もあります。例えば力の入りにくい「小指が押すキー」は、人差し指で押すキーよりも2/3くらいの荷重に抑えるなどの工夫がされます。

キーボード選びのポイント 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.