DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. GPU知識の項目
  4. 現在ページ

グラフィックカード(単体GPU) : リテール版とOEM版

グラフィックカードの中枢頭脳である単体GPUですが、一般PCユーザー向けのリテール版と、PCメーカー向けのOEM版があります。

リテール版

グラフィックカードの単体販売はリテール品リテールというのは一般消費者向けの「小売」のことであり、お店で売っている単体販売のグラフィックカードに搭載されているGPUと思えばいいでしょう。大雑把に言えば、自作PCで搭載するグラフィックカードのGPU。

OEM版

メーカーPCのOEM版主にPCメーカーに提供されるGPUで、リテール版からスペックを削ぎ落したものがほとんど。結果的に消費電力を抑えることができ、PCメーカーは電源ユニットを始めPC製品にかかるコストを下げることができます。または特異なPCケースに収めるため、電力や熱の対策でOEM版にするなど、使われる理由は様々です。

そのため、同じGPU名でも、リテール版とOEM版では性能が異なるため注意が必要。なお、メーカーPCでは、リテール版、OEM版のグラフィックカードが混在して採用されています。

OEM版ではスペックダウンした物が多いですが、ビデオメモリが増量されたもの、クロックアップされたものなどスペックアップのパターンもあります。そのため、「リテール版からいじられたもの」と理解しましょう。

OEM表記OEM版では末尾に(OEM)が記載される場合が多いです。また、スペックを変えたという意味で、例えば「~bit」という下げたメモリバス幅を記載する場合があります。

OEM版のGPU-グラフィックカードとは例:OEM版GeForce GTX 760搭載PCでのベンチマークテストではbit数が記載されています。リテール版から「メモリバス幅を引き下げている」という意味なのでしょう。(リテール版では無記載)。※GeForce GTX 760のリテール版は256bit、OEM版が192bit

DELLクーポン情報

【2019年8月13日(火)まで】
DELL XPS、Gシリーズ、他対象モデルに20%オフクーポン、
対象モデル以外も6万円以上の購入で、15%オフクーポン!(※従来にはないお得割引)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

具体例:GeForce GTX 760のリテール版とOEM版

リテール版とOEM版の違いを「GeForce GTX 760」を例にあげて説明します。以下、GPU-Zにてリテール版、OEM版それぞれのスペックをみた結果です。ネームの末尾に192bitとあるのが、OEM版です。

GeForce GTX 760のリテール版とOEM版この例では、シェーダ数1152基、ビデオメモリGDDR5規格などは同じですが、ところどころのスペックが異なっています。主なところはメモリバス幅(Bus Width)で、リテール版では256bitありますがOEM版では192bitに下げられています。それを指すようにOEM版のネーム欄には「GeForce GTX 760(192bit)」と記載されています。

あとはGPUクロックの違い。リテール版は980MHz~1033MHzですが、OEM版では824MHz~889MHzに下げられています。ベースクロックも最大ブーストクロックも異なっているわけです。他にはビデオメモリの容量が異なるなど多々ありますので、チェックしてみるといいでしょう。

GeForce GTX 760のグラフィックカード外観例

この写真はどちらもGeForce GTX 760のグラフィックカードです。OEM版はスペックダウンすることで、消費電力を抑えたり、モジュールをコンパクトにまとめることができます。

リテール版はTDP 170Wですが、OEM版はTDP 130Wまでに抑えています。そのためリテール版は「6pin × 2」、OEM版は「6pin × 1」の補助電源となっており、電源ユニットの負荷も変わってきます。

リテール版とOEM版の違いを知らないユーザーが「GeForce GTX 760」を一括りにして、「メーカーPCを買ったけど、推奨電源容量に達していないのではないか!」と大騒ぎするのです。そういうケースでは、大概OEM版を搭載していていることでしょう。PCメーカーはしっかり検証していますから。

問題なのはメーカーPCに単独で購入したグラフィックカードを搭載する場合。「カスタマイズにあったGPUだから」と安心していたら電源不足なんてことに。電源ユニットも大容量に交換すれば問題はないのですが、いずれにせよ自己責任のカスタマイズですね。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年8月13日(火)まで】
DELL XPS、Gシリーズ、他対象モデルに20%オフクーポン、
対象モデル以外も6万円以上の購入で、15%オフクーポン!(※従来にはないお得割引)
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

グラフィック:GPU(Graphics Processing Unit)項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.