DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 15 ゲーミング(7567)
  4. 現在

予算控えめでも購入できる、高性能15.6インチ・ゲームノート!(KabyLake設計)

Inspiron 15 ゲーミング(7567)のキーボード

2017年1月に発売したInspiron 15ゲーミングこと、Inspiron 15 ゲーミング(7567)をレビューしている。レビュー時点では、グラフィックに「NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 」を搭載 、そして上位CPUの第7世代Core(クアッドコア・HQシリーズ)を搭載した高性能15.6インチ・ゲームノート。ここではキーボードについて紹介する。

詳しくレビューInspiron 15 ゲーミング(7567)のキーボード
Inspiron 15ゲーミング(7567)
2017年3月レビュー
KabyLake設計

レビューした、DELL Inspiron 15ゲーミング(7567)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ非光沢(1920 × 1080)ディスプレイ
  • 第7世代 Core i7-7700HQ (6MB キャッシュ、 最大 3.8GHz )
  • 16GB DDR4 2400MHz (2x8GB)メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
  • 256GB SSD + 1TB HDD (SATA ・5400回転)

DELLクーポン情報

【2019年5月20日(月)まで】
DELL Gシリーズ、一部のInspiron 5000シリーズがお得!17%オフクーポン

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

※2017年3月1日時点のレビューであり、手元の実機における現状レポートである。

テンキー付きのキーボード

ゲーム向けに特化された高級キーボードではないInspiron 15 ゲーミング(7567)のキーボードはこれといった上位性はなく、エントリーノートと同等。ALIENWARE シリーズのように、ゲーム向けに特化された高級キーボードではない。パームレストにはとくにコーティングなどはなく、ポリカーボネート(工業プラスチック)のサラサラとした手触り。上級機種によくあるバックライト・キーボードも搭載していない。

パームレスト部分が一体で、キーの各位置に穴が開けられている構造。つまりキーボードの地盤もそのまま一部となっている。そのため、キーボードの「たわみ」ははとんど無く良好。※ちなみに「地盤と一体化しているキーボードパーツ」がはめ込まれている安価キーボードの場合、耐久用スチールを敷いていないことがほとんどで、一部" たわみ " や ” しなり ” を感じる。

現在では主流となったアイソレーション・キーボード(浮石型キーボード)を採用。アイソレーションとは「分離、独立、絶縁」という意味。キー同士の間隔が広く取られているので、キーが浮石のように独立している。この構造は誤接触が軽減されるため、爪の長いユーザーでも扱いやすい。そしてキーボードの内側にホコリが入りにくいメリットもある。

ディスプレイを閉じると、そこだけ少し隙間Inspiron 15 ゲーミング(7567)の側面からみると分かるが、キーボードは段差の低い位置に配置されている。ディスプレイを閉じると、そこだけ少し隙間ができている。キーのすぐ隣が段差でないので、端のキーを押すときの引っ掛かりはない。

一部のキーを隣接させキートップの段差2016年ごろから見かけるようになった、一部のキーを隣接させキートップの段差で切り離している加工。プレートの穴開けが英字キーボードと一致していることから、加工を共通化させてコストダウンを図っているようだ。 それでも実際、BackSpaceと¥のキーボードが小さいのでやや扱いづらい。

展示会イベントでDELLの社員にも聞いたが、グローバルメーカーゆえ、日本仕様のためだけにコストを掛けるのは社内で圧力がかかるらしい。もちろん、グローバルでの共有化がコストパフォーマンスにつながっており、ユーザーにも有益な面もある。

実際に使ってみて、見た目の違和感は若干あるが、これといった支障は感じられなかった。隣接することで小さいキーの狭苦しさが、視覚的に緩和されており、個人的には受け入れても良い加工と思う。カーソルキーは小さめであるが、独立配置なので誤接触もなく扱いに不自由はない。

キーボード選びノートパソコンキーボード左側。シフトキーが変換キーと隣接しており、英語キーボードではこの長さのシフトキーなのだろう。メディア・コントロールキーと兼用になっているファンクションキーは小ぶりだが、アイソレーションキーボードなので誤接触の打ち間違いは少ないと思われる。

キーストロークキーストロークの様子。ゲーム用としてはキーストロークが浅く、最近の薄型ノートと同じくらいの印象。ペタペタとした打鍵感なので、アクションゲームだと指先から感じる爽快感が殆どない。キートップもさらっとした手触りなので、滑らすようなタイピングに向いている印象。とにかく、ゲーミングキーボードではないのは確か。この辺はALIENWARE ノートとの格差であるが、コスパで納得するしかない。

電源ボタン一体型のタッチパッドと電源ボタンの様子。電源ボタンでは棒状にLED点灯する。

Inspiron 15 ゲーミング(7567)のホームポジションテンキー付きのため、ホームポジションはやや左寄りになる。

備考:ハイビスカスレッドのInspiron 15 ゲーミング(7567)

以上、レビュー実機ではマットブラックのモデルであったが、ハイビスカスレッドのモデルは、DELL新製品発表会 XPS Dell Gaming(2017年1月)のイベントで拝見している。ちょっと掲載しておこう。

Inspiron 15 ゲーミング左右側面の丸みと、背面の排気口が、スポーツカーのフォルムっぽい。このカラーバリエーションはハイビスカスレッド。

ハイビスカスレッドデュアルファンを搭載しており、大々的な排気口とフィンがハイスペックを感じさせる。スポーツカーで例えると、「排気量を凄さを感じる」というべきか。もしかしたら、マフラーというよりテールランプのイメージかもしれない。

マフラーというよりテールランプ前面もスポーツカーを彷彿とさせる、グリルデザイン。ここはスピーカの配置。

インターフェース左右側面の装備端子。前面と背面には端子なし。光学ドライブもなし。インターフェースは基本装備程度であるが、メインは高度なゲームをサクサク動作させるパフォーマンスだろう。

Inspiron 15 ゲーミング(7567)を購入するかしないか端子のアップ。

サブウーファを配置するInspiron 15 ゲーミング(7567)底面では、デュアルファンの吸気口2箇所と、サブウーファを配置。

三角形のパターンデザインサブウーファと、三角形のパターンデザインとなっている吸気口。

Inspiron 15ゲーミング自体は多機能モデルテンキー付きのキーボード。バックライト・キーボードではなく、Inspiron 15ゲーミング自体は多機能モデルというわけではない。デザイン性とグラフィック性能がメインである。

フルHD(1920 × 1080)解像度15.6インチ非光沢(1920 × 1080)ディスプレイ搭載。非光沢なので目には優しく長時間プレイにも向く。視野角は広くなく、どうやらTNパネルのようで、ディスプレイはエントリーモデルと同等。ただし表示領域がフルHD(1920 × 1080)解像度というのは玄人向きである。

スパイダーマン:ホームカミングでInspiron 15(7567) ゲーミングが登場するぞ余談だが、2017年7月7日公開予定(日本公開:8月11日予定)の「スパイダーマン:ホームカミング」で、Inspiron 15(7567) ゲーミングが登場するとのこと。

Inspiron 15のゲームマシンであるInspiron 15 ゲーミング(7567)マットブラックとハイビスカスレッドの2ショット。ちょっとアクセントを足すならレッドがいいが、赤のDELLロゴが映えるマットブラックも捨てがたい。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年5月20日(月)まで】
DELL Gシリーズ、一部のInspiron 5000シリーズがお得!17%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大30%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.