納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. DELLパソコン・モバイル旅行記TOP
  3. 千葉県
  4. 本佐倉城

DELLパソコン持って、本佐倉城へ(2009年8月)

臼井城から約8km離れた本佐倉城です。ここはタイムスリップしたような里で、とくに案内板もなく、人に遭遇することもなかったのでDELLノートに搭載したGPS機能が役に立ちました。

千葉県で唯一の国史跡を受けた本佐倉城址。千葉氏は小田原北条氏の傘下にあるため、本佐倉城は小田原城の支城として扱われ、1590年の小田原北条氏滅亡と運命を共にしています。

千葉氏最後の城&小田原城の支城、本佐倉城

このこんもりとした山が本佐倉城で、戦国大名・千葉氏最後の城です。臼井城とは兄弟みたいな存在ですね。こう見えても、千葉県で唯一の国史跡を受けた城址です。

戦国大名・千葉氏最後の城
千葉宗家を滅ぼした馬加氏が、千葉氏を引き継ぎ9代にわたって本拠地としました。(※そもそも馬加氏は千葉氏の分家。古河公方につき千葉宗家の地位を得ています。)千葉氏は小田原北条氏の傘下にあるため、本佐倉城は小田原城の支城として扱われます。そのため、1590年の小田原北条氏滅亡と運命を共にしています。

臼井城落城の8日後には本佐倉城も落城。秀吉によって千葉氏は改易。これにより戦国大名千葉氏は歴史から姿を消します。家康家臣・土井利勝が本佐倉城に入り、佐倉藩を置きますが、現在の佐倉城へ移転となったため本佐倉城は廃城。

楽天トラベル

歴史巡りの旅には、お得な「枚数限定クーポン」で、普通よりもお得に泊まろう!

クーポン割引き
宿泊合計金額から2000円割引クーポンなど、大幅割引のホテルがあり!家族旅行応援クーポンや受賞記念クーポンなど様々。

将門町の伝説

本佐倉城の出城である向根古屋城
千葉県佐倉市将門町。このあたりは将門伝説が残る。父の平良将がここの領地であったため、出生地ということになるのであろうが、確かな根拠はないとのこと。将門を裏切り、藤原秀郷に内応した桔梗姫の終焉の地ということで、ここに桔梗塚がある。ただ、桔梗塚は全国各地にあり、ここはそのひとつ。

「花もなくしげれる 草の桔梗こそ いつの時世に花の咲くらむ」

向根古屋城の麓
こちらは本佐倉城の出城である向根古屋城。今は丘の上の畑です。かつては家臣団の屋敷でもあったのでしょうなあ。向根古屋城の麓を回り、本佐倉城へ向かいます。道も知らずに同行者2人は先へ進んでいきます。

道祖神に遭遇
その道中、道祖神に遭遇。いや、これは仏像か。

仏像なんでしょうか。
いつごろの仏像なんでしょうか。

本佐倉城登城!

広大な里の景色を楽しみながら
広大な里の景色を楽しみながら本佐倉城へ向かいます。国史跡本佐倉城の石碑位置から、登城します。

東山馬場と呼ばれる場所
東山馬場と呼ばれる場所です。ここから城山(主郭)が見え、千葉氏の家紋(月星紋)がお出迎えです。

城山と呼ばれる主郭
城山と呼ばれる主郭。

城山からの眺め
城山からの眺めは素晴らしい。

本佐倉城は広大な縄張り
今回は運動不足解消のためということで、おかんと兄者を連れての登城です。彼らは遺跡には全く興味がないよう・・。そして奥ノ山へ。本佐倉城は広大な縄張りを持った城ですが、諸事情によりほんの一部分しか見て回れませんでした。

マナーを守りましょう。
見学の際にはマナーを守りましょう。

稲刈りの前のハイキング
佐倉といえば稲作ですね。できれば稲刈りの前のハイキングがお勧めです。

追記:
2013年には調査および整備され、案内板が設置された。そのため、2014年5月に再び本佐倉城に登城しました。内郭についてもっと詳しく解説しています。

首都圏編。旅の宿泊先を検索!人気の宿や観光スポットもチェック。

楽天トラベル株式会社

DELLパソコン・モバイル旅行記 TOP

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.