納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. DELLパソコン・モバイル旅行記TOP
  3. 千葉県
  4. 小弓城

小弓城(南生実城と北生実城)

千葉県千葉市中央区にあった小弓城(おゆみじょう)へ行った。千葉氏の重臣であった原氏の居城を足利義明(小弓公方)が奪取したのが南生実城。これまで新城と言われてきたのが北生実城で、江戸時代には城跡に陣屋が置かれて生実藩となった。2つを併せて小弓城(生実城)と呼ばれたらしく、現在は便宜上、南生実城と北生実城で分けている。

小弓城(南生実城)

第一次国府台合戦で北条氏に敗れ、討ち死にした足利義明の居城である小弓城(南生実城)へ足を伸ばします。場所は千葉県千葉市中央区南生実町。小弓城は千葉氏家臣「原氏」の居城でしたが、足利義明が奪い「小弓公方」を名乗っています。

ちなみに武田信玄家臣(武田二十四将)の原虎胤は、武田家に仕える前にこの小弓城合戦にて足利義明軍に敗北しています。これを機に甲斐に落ち延び、父・原友胤とともに武田家に仕えたのです。

小弓城(南生実城)
下調べが不十分だったので、小弓城跡である切通しの道と八剣神社の境内を通過したのみで終わってしまった。古城と呼ばれる曲輪に行けば墓地になっており、城址碑や案内板が建てられているらしい。

楽天トラベル

歴史巡りの旅には、お得な「枚数限定クーポン」で、普通よりもお得に泊まろう!

クーポン割引き
宿泊合計金額から2000円割引クーポンなど、大幅割引のホテルがあり!家族旅行応援クーポンや受賞記念クーポンなど様々。

北小弓城(北生実城)

北小弓城(北生実城)や空堀の一部
小弓城にはもうひとつあり、北に位置するほうを北小弓城(北生実城)と便宜上呼ばれる。足利義明の死後、小弓城を奪還した原氏が新設した城だという。(新城とされていたが、明らかではない)。江戸時代、生実藩陣屋が置かれた場所で、下総生実藩の初代藩主は森川重俊。

原氏が創建したとされる生実神社は、北小弓城の一画にあり、朝廷に冤罪をかけられた人々の霊を祀っていた。後に陣屋を構えた森川氏によっても崇敬されている。生実神社には深さ6mもある薬研堀の堀跡が残されており、もともとV字形断面だったが江戸時代にはU字形に加工されている。板碑には1531年の銘があり、新城ではないと確実視されている。堀跡のある土地はもともと個人所有でしたが、ご厚意により生実神社に寄贈されている。

森川山重俊院
生実藩主・森川氏の菩提寺である重俊院(ちょうしゅんいん)。曹洞宗であり、釈迦如来を本尊とする。初代藩主・森川重俊は徳川秀忠の近侍であったが、軍功により1万石、生実藩の大名となった。(1627年)。老中まで昇進したが、秀忠の逝去を追って殉死した。

首都圏編。旅の宿泊先を検索!人気の宿や観光スポットもチェック。

楽天トラベル株式会社

DELLパソコン・モバイル旅行記 TOP

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.