DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. HDD知識の項目
  4. 現在ページ

USB2.0、USB3.0、eSATAの実測値比較

同じHDDという条件のもと、「接続インターフェースを変えるとどれだけ転送速度が違うのか」を調べてみました。

同じHDDを使い、USB2.0、USB3.0、eSATAの実測値を調べてみた

以下の構成のパソコンにてチェックしましたが、このPCはAHCIモードに対応していないため、NCQが無効になっています。あくまで同環境下での比較です。理論値と実測値とのギャップの差も参考にどうぞ。

dell studio xps8000

Studio XPS 8000

2009年9月発売の中級ミニタワー。Nehalem設計で、Core i7-800シリーズ搭載可能。グラフィックカードはGeForce GTS 240やGeForce GTX 260が搭載可能で、ゲームも入門機にもなるミドル~ハイミドル機。ようやく、64bit OSの普及が定着し始めたころのモデル。設置しやすいサイズとそれなりの拡張性で人気だった。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
※クロック数最大3.46GHz
7.4
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.5
グラフィックス GeForce GTX 260 1792MB 7.1
ゲーム用グラフィックス 7.1

USB2.0、USB3.0、eSATAの実測値
SATA2.0規格のHDD(WD製WD20EARS / 64MBキャッシュ)を、各インターフェースに接続して、書き込み速度を比較してみました。

インターフェース 今回のシーケンシャルアクセス
書き込み実測値
ランダムアクセス
(512KB単位)
USB2.0USB2.0とは
25.09MB/秒 24.56MB/秒
※理論値の最大速度:60MB/秒
USB3.0
USB3.0
79.81MB/秒
45.57MB/秒
※理論値の最大速度:本来は500MB/秒(ストレージなので1byteを10bitとする)
※PCI Express x1の250MB/s帯域ボトルネックが原因で250MB/秒
eSATA
eSATA
95.82MB/秒 52.00MB/秒
※理論値の最大速度:300MB/秒(SATA2.0のHDDのため)

eSATAが最も速い結果になりました。シーケンシャルアクセスではUSB2.0の3.8倍、USB3.0の約1.2倍速い。ランダムアクセス(512KB単位)ではUSB2.0の2.1倍、USB3.0の約1.15倍速い

本来、理論値ではUSB3.0が速いのですが、実測値検証ではeSATAのほうが速いとでました。HDD自体がSATAなのでインターフェース変換作業のいらないeSATAが有利なのでしょう。USB3.0ではインターフェース変換をする必要があるためタイムロスがあります。

キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!

デル株式会社
HDD(ハードディスク・ドライブ)~補助記憶装置・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.