DELL(デル)購入パソコンガイド

単位のbit(ビット)やByte(バイト)を理解する

まず、ハードウエア・インターフェースの解説に入る前に、パソコンを使う上で、データ容量や転送速度の知識が必要なのでそちらから解説します。基本中の基本、bit(ビット)やByte(バイト)は情報量を表すために使われる単位です。

8bitが1Byte(バイト)なので、bitで表記された場合は8で割ればByteの単位に置き換えることができます。1Byteは半角英数字1字のデータ量であり、8bit=1Byte(バイト)ががコンピュータの最小単位です。Byte表記だと桁数が多くなるので、1000倍ごとにK(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)などの接頭辞がつきます。

8bit=1Byte(バイト)

1000Byte=1KB(キロ・バイト)

1000KB=1MB(メガ・バイト)

1000MB=1GB(ギガ・バイト)

1000GB=1TB(テラ・バイト)

※Tera(テラ)の先は、Peta(ペタ)、Exa(エクサ)、Zetta(ゼタ)、Yotta(ヨタ)
場合によっては1GBを1024MBと呼ぶ場合があります。この場合1024倍で接頭辞が変わっています。この違いは、システム自体がbit計算による算出だから起こってしまいます。

bit(ビット)とは何か?

「そもそも、bit(ビット)とは何か?」を解説します。コンピューターは0と1の組み合わせによる二進法で計算しています。実際の0と1はスイッチのオンオフや電圧の高低で決められています。 オン・オフによる的確な計算システムで、色でいうと白と黒のようなものです。中間のグレーが無いため計算に曖昧さがないのです。テキストデータのみならず、音楽データ、画像データはすべて0と1の組み合わせでできています。

bitとByte
前述のとおり、1Byteは半角英数字1字のデータ量です。アルファベットの「A」は1バイトであり、8bitで表現されます。「A」は01000001、「B」は01000010、「C」は01000011、 という8桁からなる組み合わせです。 ちなみに日本語の全角文字ではデータが大きくなるため2Byteです。

8bitなら8マス(8桁)あるので、0と1の組み合わせが256通りできます。8bitなら「2の8乗」、16bitなら「2の16乗」、32bitなら「2の32乗」で何通りあるのか計算できます。

転送速度の表記

転送速度は、1秒(second)に転送できるデータ容量が表示されます。○○/sまたは○○/秒、ps(per second)の表記で、容量はbit(ビット)とByte(バイト)の両方があります。bitもbyteも同じbですが、bitなら「b」、byteなら「B」で表記されることが多いです。

~bps(bits per second) 、MB/s

転送速度で多い表記は~bpsと表記される場合が多いです。bits per secondの略で、こちらはByteではなく、bit数による表記です。、Byteで表記したい場合は、8bit=1Byteですから8で割れば置き換えできます。つまり100Mbpsなら、12.5MB/sです。

以下、各規格の転送速度(理論値)です。計算上の速度なので実測値はもっと落ち込みます。パソコンの構成によっても多少左右されます。

外部ポート 内蔵スロット
USB1.1 12Mbps ISA(16Bit) 8MB/s
USB2.0 480Mbps EISA 33MB/s
USB3.0 5Gbps VL-Bus(32bit/33MHz) 133MB/s
IEEE1394a 400Mbps PCI(32bit/33MHz) 133MB/s
IEEE1394b 800Mbps PCI(64bit/66MHz) 533MB/s
ストレージ AGP 1X 266MB/s
ATA PIO Mode 4 16MB/s AGP 2X 533MB/s
Ultra ATA/33 33MB/s AGP 4X 1,066MB/s
Ultra ATA/66 66MB/s AGP 8X 2,133MB/s
Ultra ATA/100 100MB/s PCI Express X1 250MB/s
Ultra ATA/133 133MB/s PCI Express X16 4,000MB/s
Serial ATA 1.0 【1.5Gbps】 150MB/s PCI Express X1(ver 2.0) 500MB/s
Serial ATA 2.0 【3Gbps】 300MB/s PCI Express X16(ver 2.0) 8,000MB/s
Serial ATA 3.0 【6Gb/s】 600MB/s - -

補足:ストレージの転送では10bit = 1Byteで計算

8bit=1バイトと解説しましたが、HDDなどのストレージでは、転送速度を10bit=1Byteで計算されます。これらはエラー訂正などのシステム上の都合により、1Byteの転送に10Bitを割り当てています。
例:
SATA 1.0 = 1.5Gbps(1500Mbps)=150MB/s
SATA 2.0 = 3Gbps(3000Mbps)=300MB/s
SATA 3.0 = 6Gbps(6000Mbps)=600MB/s

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年10月28日(月)まで】
13~15インチDELLノートがお得!XPSシリーズも!17%オフクーポン!
ALIENWAREゲーミングパソコン全製品、10%オフクーポン!

5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

初めてでも分かる!パソコン・パーツ知識 > ハードウエア・インターフェース解説のTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.