DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. CPU知識の項目
  4. 現在ページ

コラム:クロック数が高いほど値段が高い理由

なぜ、高クロックのCPUは、同ファミリーの低クロックよりも値段が高いのか?

高クロックCPUの値段が高いのは、希少価値によるもの

同ファミリー間で、キャッシュメモリや帯域は同じで、クロック数だけが異なるCPUがありますよね。比較すると、クロック数が高いほうが処理能力が高く、高価です。実はこの違いは「製造工程によるコスト差」ではないんです。低クロックも高クロックもまったく同じ製造方法と工程で作られており、製造コストは同じです。つまりクロック数の差を意図的には作っていないのです。このクロック数の違いは、単に製造ムラです。例えば、2.66GHzで作ったところ、 「検査したら2.4GHzや1.86GHzのものがでてきた。」ということです。これをグレード分けにして販売しています。

CPUのもとになっているのは、「ダイ」と呼ばれる半導体チップです。(シリコンチップともいいます)。ダイは力に弱いので、CPU製品ではパッケージ化されています。

ダイが組み込まれてパッケージ化されたのがCPU
パッケージ化されているCPU。内部にはダイ(半導体チップ・ICチップ)が組み込まれている。

CPUのヒートスプレッダをこじ開けるとダイがある
ヒートスプレッダをこじ開けると、ダイが確認できる。

ダイは「シリコンウェハ」と呼ばれるシリコン結晶の円盤スライス板に、数百個ほど形成されます。この形成とは、シリコンウェハにトランジスタなどの素子や配線を焼き付けることです。シリコンウェハから切り出したダイを基板に載せ、加工したものがCPUです。

半導体を取り出すシリコンウェハ
同じシリコンウェハから切り出されたダイでも、製造ムラがあるので検査してクロック数ごとに振り分けます。高クロックなものほど取れる数が少なく、低クロックなものほどたくさん取れます。※図解するとピラミッドの関係。高クロックCPUの値段が高いのは希少価値によるものです。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年5月27日(月)まで】
DELL XPSシリーズ、Inspiron 13/14シリーズがお得!17%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大15,000円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

CPU(Central Processing Unit)選びの知識 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.