DELL製品を購入してレビューしているサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. DELLパソコン・モバイル旅行記
  3. 栃木県
  4. 日光市湯西川温泉

DELLパソコン旅行記。落ち武者になったつもりで温泉満喫

平家落人伝説の里~湯西川温泉

平家落人伝説の地、栃木県日光市湯西川温泉へ行ってきた。日光国立公園内の一部である。1185年、治承・寿永の乱のファイナル・バトル「壇ノ浦の合戦」で敗れた平家一族の一部が、源氏の追っ手から逃れるために湯西川へ落ち延びたという。湯西川温泉は、その子孫達が1573年ごろに発見した温泉とされている。

湯西川温泉落ち武者伝説と言いたいところだが、武士だけでなく、家族である女性や子供、さらに平家に加担した公家なども含むため、厳密には落ち武者ではなく「落人」でまとめられる。また、落人がマタギになったという話まである。落人に関して基本は口伝であるため、平家が落ち延びたという事実を歴史学的に検証するのは難しいようだ。

平家の家紋「揚羽蝶」道路沿いに観光商店が並ぶが規模は小さい。平家の家紋「揚羽蝶」が印刷された赤旗がお出迎え。運動会などでは紅白にチームが分かれるが、平家の赤旗、源氏の白旗が由来である。ジンクス通りなら赤組は負けるってこと。

最悪な資料館!平家落人民族資料館眉唾ものの平家民俗資料館(パンフでは、平家落人民族資料館)。パンフレットや館内に展示してあった「桓武平氏系譜図」を見ると、千葉氏の祖が平良兼になっている。これは、千葉氏にこだわりがあるパソ兄さんにとっては許しがたい間違いだ。
千葉氏の祖は平良文。平将門に味方した良文と、敵対した良兼とは立場が全然違う。

展示物は湯西川の家々に代々残されてきた平家ゆかりの品だというが、伝承の骨董品という感じ。扱いが雑で、名称が書かれた札が展示物にセロハンテープで直接貼られている。意味もなくスズメバチの巣が展示してあったりと、信ぴょう性にかける資料館だった。規模といい、入館料500円はひどすぎる。

楽天トラベル

歴史巡りの旅には、宿泊料金の割引クーポンで宿探し。
お得な「枚数限定クーポン」で、普通よりもお得に泊まろう!

クーポン割引き
宿泊合計金額から2000円割引クーポンなど、大幅割引のホテルがあり!家族旅行応援クーポンや受賞記念クーポンなど様々。

平家塚~甲冑などが埋められていたという塚

平家塚唯一、史跡と呼べるものは「平家塚」くらい。甲冑や刀剣が埋められていたという。

平家塚の由来にはこうある。東国に都落ちした平家一族は霊峰 鶏頂山(栃木県日光市にある標高1,765mの火山)に身を隠していた。そこで男子が生まれたが、喜びのあまり揚げた幟や鶏の鳴き声によって源氏に発見され追討を受けた。平家一族は湯西川へ落ち延び、安住の地と定めたため武装を解除し、甲冑や刀剣をこの塚に埋めたという。以来、子孫が平家塚と称し、保存と伝承するに至っている。

現在においても、「鯉のぼりをあげない、鶏を飼わない、焚き火しない」など、源氏に発見されないための風習が残っているのだとか。ただ、武具の発掘と伝承だけでは、史跡巡りとしては非常に乏しい。「雰囲気と温泉を楽しむ場所」ということで括った。

平家集落

平家集落の案内階段を降りると「平家集落」があるらしい。

古民家の旅館どこがどう平家集落なのか分からないが、古民家の旅館が立ち並び、隠れ里っぽい景色を楽しめる。奥には平家落人の菩提寺といわれる「慈光寺」がある。

平家の里

復元 平家の里の冠木門まともな観光スポットは、「復元 平家の里」くらい。案内にはこうある。「落人たちの生き様や生活様式は、多くの秘話・伝説に満ちています。それらを後世に永く保存伝承する拠点として、復元されたのが平家の里です。」

冠木門
つまり、史跡ではなく、落人の暮らしぶりテーマパーク。立派な冠木門であるが、内部は大した規模ではない。NHK大河ドラマ「平清盛」のポスターが未だ貼られていたが、最低視聴率だっただけに哀愁が漂う。

名産の木杓子(きしゃくし)調度営みどころでは民芸品加工所を復元。村内にあった茅葺き屋根の民家を移築したものらしい。名産の木鉢、木杓子(きしゃくし)、製作用道具などの展示がある。

清盛、敦盛のマネキン床しどころの展示館では、レプリカの甲冑や、清盛、敦盛のマネキンが置かれている。

湯西川赤間神宮園内には、昭和60年に下関赤間神宮から勧請した、湯西川赤間神宮が建立されている。下関赤間神宮は安徳天皇の菩提寺である。 ※安徳天皇:第81代で高倉天皇の第一皇子。母は建礼門院。平清盛の孫にあたる。

何を期待するかによって違うだろうが、個人的には入園料510円が納得できるほどのものではなかった・・。

湯西川の神社など

湯殿山神社湯西川の総鎮守、湯殿山神社[ゆどのさん神社]。6月の平家大祭では甲冑姿の平家武者や姫が、湯殿山神社から「平家の里」までの約2kmの道のりを練り歩く。

祭神は高房大明神湯西川 高房神社 上社。古文書の記録では1504年建立で、祭神は高房大明神、合祀に諏訪大明神。

天楽堂吊橋名所巡りのルート作りのために架設された天楽堂吊橋。幅2.5m。橋全体では859人乗っても安全としている。局部的には300kg/㎡に耐える。

宿泊ホテル 平家本陣

平家本陣平家本陣にて宿泊した。千鳥破風があって江戸時代の天守閣風だが、やけに潰れた形状なのが非常に気になった。

平家本陣駐車場玄関とその側の駐車場。奥に置かれている、ハムだが臓器だかのオブジェが気になった。

平家本陣のきもいオブジェこっ、これは??こんな中途半端なオブジェならヤメればいいのに・・。雅な姫とは言いがたし。

平家本陣ロビーロビーの様子。

平家落人伝説の里-湯西川温泉旅行宿泊部屋からの眺望。隠れ里らしく山に囲まれた景色で、絶景とかいうものではない。「平家落人伝説の里」というのは面白いが、いかんせん、まともな史跡はないので消化不良の旅だった。

隠れ里や秘境を強調するなら、アスファルトの道路をやめてむしろ不便に徹したほうが、観光地としての魅力がデルのではなかろうか。鬼怒川温泉を越えて、川治温泉を越えて、山越え谷越えで秘境の地に期待を寄せたが、着いてみれば整備されたありふれた田舎の風景。誘致するための便利さが必要なのも分かるが・・。

平家伝説の酒現地で酒を買い、温泉の後、晩酌して寝た。温泉に来たのだ、温泉に・・・・。

以上、平家の里~湯西川温泉レポート。

北関東編。歴史旅の宿泊先を探す!人気の宿や観光スポットからも選べる!

楽天トラベル株式会社

DELLパソコン・モバイル旅行記 TOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.