キーボードを解体

キーボードの多くの製品はメンブレンとパンタグラフの構造です。シリコンゴムの弾力が、キーを押し戻す力となります。パンタグラフ式では、シリコンキャップの周りにパンタグラフが付いた支持構造であり、確かな打ち心地と薄型化が可能となっています。

納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
トップページパソコン購入知識のリスト入力デバイスのリスト ≫ 現在のページ

サイトマップ~DELLガイド

デスクトップ・レビュー

ノートパソコンレビュー

周辺機器

メンブレン式とパンタグラフ式のキーボードを解体

メンブレン式とパンタグラフ式のキーボードを解体してみたので、写真付きで紹介します。まずはメンブレン式から。

メンブレン式

メンブレン式キーボード
デスクトップ・パソコンのキーボードはメンブレン式が多く、今回、そのメンブレン式キーボードを解体してみます。解体するのは数百円から千円程度で購入できる安価なキーボードです。
キートップを外す
マイナスドライバーをキーとキーの間に差し込んで、持ち上げれば簡単にキーを外すことができます。こういった手順でキーをバラして、細かいところまで掃除ができます。

分解 シリコンゴム
カバーを外すと、ドーム状のシリコンキャップがでてきます。シリコンゴムの弾力が、キーを押し戻す力となります。写真のシリコンゴムは劣化して、キーを戻す力があまくなっていました。キーボードの寿命といえばこのシリコンゴムがほとんどでしょう。

層
基本的にメンブレン・タイプは、複数パターンの2層~3層フィルムで構成されています。

パンタグラフ式

パンタグラフ
パンタグラフ式キーボードを解体します。パンタグラフ式は、ほとんどのノートパソコンに採用されています。また、デスクトップ用の薄型キーボードでも採用されています。

薄さ比較
ノートパソコンに採用されているだけあって、メンブレン式と比べても薄型なのがよく分かります。

支持構造
シリコンキャップの周りにはパンタグラフが付いており、支持構造により確かな打ち心地と薄型化が可能となっています。

シリコンゴムいっぱい
すべてのキーを外しました。パンタグラフが付いており、一度外すとツメが折れたりして、二度と戻せなくなる場合があります。ノートパソコンはこのような解体をして掃除するのはやめましょう。また、普段からカバーを掛けるなどで、埃対策したほうが良さそうです。

解体シリコンゴム
表面のプラスチックカバーを外すと、シリコンキャップのついたシートが外せます。パンタグラフ式もキーを押し戻す動力はシリコンゴムの弾力です。

3層
さらにシートを解体すると、3層フィルムで構成されていることが分かります。支持構造以外は、メンブレン・タイプと同じようです。製品によっては、シリコンゴムが個々に配置されている場合と、この写真のように1シートに張り付けられている場合があります。

入力デバイスのリストへ戻る

当サイトはDELLパソコンでWeb制作!DELLパソコン買いどきチェック

※このリンクから、キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!
デル株式会社
納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPページ
Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.