DELL Inspiron 545レビュー
インテル Core 2 Duoプロセッサー搭載可能のミニタワー型デスクトップ。100%ユーザー視点で、パソ兄さんが購入ガイド。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド

サイトマップ~DELLレビュー

セキュリティソフトの選び方 パソコンで英会話学ぶ

パソコン購入のコツ
DELLのキャンペーン情報
パソコンパーツ知識・一覧
PCベンチマーク記録集

DELLデスクトップレビュー

DELL液晶一体型レビュー

DELL15.6インチノート

DELL17.3インチノート

DELL13.3インチノート

DELL14インチノート

DELL周辺機器レビュー

旧作DELLレビュー

  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. Inspiron 545レビュー項目
  4. 現在ページ

DELL Inspiron 545の側面

Inspiron 545をレビューします。
Inspiron 545の側面をチェックしてみましょう。


まずは左側面から。

通気口とInspironロゴがあります。
Inspiron 545の左側面には、通気口とInspironロゴがあります。

Inspironロゴはエンボス加工
Inspironロゴはエンボス加工のさりげないデザインに仕上がっています。

右側面は通気口
Inspiron 545の右側面は通気口がなく、このInspiron 545ロゴのみとなっています。

前面部分
前面部分がやや反りあがったデザイン。ただの長方形の箱にならないように、ちょっとしたアクセントです。

天井。
フラットな天井。

Inspiron 545の背面

背面
Inspiron 545の背面にある端子は、姉妹機であるInspiron 545sと配置や装備内容が同じです。

拡張スロットは標準タイプ
ただし、 Inspiron 545sと違って拡張スロットは標準タイプ。Inspiron 545sよりも上のグラフィックカードが搭載できます。300Wの電源ユニットを搭載。

PCI-Express×16が1スロット、PCI-Express×1が1スロット、PCIが2スロット。なお、端子の種類や数は姉妹機のInspiron 545sと同じなので、解説をそのまま流用します。

Inspiron 545の姉妹機
Inspiron 545sの端子

545s背面

Inspiron 545の端子解説

アナログ端子(VGA)オンボード
アナログ端子(VGA)
液晶モニタへ出力する端子です。これはオンボード・グラフィック(グラフィックカードの搭載なし)の場合に使用します。
アナログ接続になるため信号の経由は「デジタル信号→アナログ変換→デジタル信号」となり、もとのデジタル信号のままの出力になりません。デジタル接続のDVIやHDMI、Display Portよりも画質が劣ります。オンボードグラフィックの場合、ここから液晶モニタと接続します。

USB
USB端子
背面にはUSB端子が4つあります。前面とあわせると6つ。
USB端子とは、外付けドライブやマウス、プリンターなど多くの周辺機器とつなぐことのできる端子です。
単純にUSBと呼ばれていますが規格はUSB2.0で、480Mbps(1秒間に60MBの転送速度)と高速。旧規格であるUSB1.1と互換性を持ちます。当然速度を出すには、つなぐ周辺機器がUSB2.0仕様でなければなりませんが、今売られている物はほとんどUSB2.0仕様です。パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応しています。
昔のUSB1.1仕様の周辺機器をつなげた場合の速度は、USB1.1のままです。
(Lowスピードで1.5MB/1秒間、フルスピードで12MBの転送速度)。

LAN端子
LAN端子(100BASE-TX)
インターネット接続、PC同士をネットワーク接続するポートです。
このモデルは「100BASE-TX」で、Fast Ethernetと呼ばれる有線LANです。
通信速度が100Mbps(1秒間に12.5MB)で、カテゴリ5というLANケーブルが必要です。
インターネット使用では充分な通信速度ですが、PC間やサーバー間での転送には低速です。


多チャンネル・オーディオ端子
7.1chスピーカーに対応したオーディオ端子があります。端子の数は多いですが、分かりやすく色分けされています。
白い端子 サイド・スピーカー用
黒い端子 リア・スピーカー用
オレンジ色の端子 センター/サブウーハー用
緑の端子 フロント・スピーカー用

※通常のステレオ・スピーカーと接続する場合は、緑の端子のみを使う。
※5.1chスピーカーと接続する場合は、白い端子(サイド・スピーカ用)以外の3本と接続。
水色の端子 ライン入力
※ミニコンポなどオーディオ家電と接続。
ピンクの端子 マイク入力
※マイクと接続します。


内部スロット
PCI-Express×16が1スロット、PCI-Express×1が1スロット、PCIが2スロット。

ライン入力端子とマイク入力端子の違い
ライン入力端子とマイク入力端子は同じ音声入力なので、使い方が混在しがちです。
しかし、オーディオ家電のライン出力端子とマイク入力端子をつなぐのはやめましょう。信号レベルが違うので音がひずんだり、パソコンのサウンドデバイスを壊す恐れがあります。

ライン端子ではマイク端子を遥かに上回る信号レベルを持っています。
逆にマイク端子は低い信号レベルなのでサウンドデバイスが増幅しますが、「ライン出力⇒マイク入力端子」では増幅が仇になってしまい故障の原因となります。
ライン出力端子にはライン入力端子とつなぎましょう。

個人的には合格。
Inspiron 545の付属キーボードはInspiron 545sと同じなので、Inspiron 545sレビューの記事をご覧ください。

購入Inspiron 545sのキーボードをレビュー(新規ウィンドウで開きます)

Inspiron 545は販売終了しています。今はこれが旬なデスクトップ!

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

パソ兄さんサイト経由限定!優待情報!

DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

DELL Inspiron 545のレビュー内容