液晶モニタの選び方

パソコンを納得して購入するために、ユーザーのパソ兄さんが、購入ポイントやカスタマイズ知識を解説します。

納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド

サイトマップ~DELLガイド

デスクトップ・レビュー

ノートパソコンレビュー

周辺機器

パソコン購入ならパソ兄さん

DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン

カスタマイズ・ナビ(パソコン・パーツ知識)液晶モニタ

液晶モニタの接続端子

パソコンと液晶モニタをつなぐ端子を紹介します。アナログ接続の「VGA」(別名D-sub 15ピン)、そしてデジタル接続のDVI、HDMI、DisplayPort端子があります。高画質を重視するならデジタル接続です。デスクトップパソコンの場合、グラフィックカードに2系統の出力があれば、2台の液晶モニタとつなぐことができます。(いわゆるデュアルモニタ。)

パソ兄さんオススメのDELLパソコン。メーカー直販が安い!

デル株式会社
アナログ接続の「VGA」(別名:D-Sub15ピン)
VGA

デジタル出力が主流となった今ではマイナーとなっています。液晶モニタへ出力されたアナログ信号は、A/D変換といってデジタル信号に変換されます。信号の経由は「デジタル信号→アナログ変換→デジタル信号」となるため、もとのデジタル信号のままの出力になりません。そこで歪みが生じ、DVIよりも画質が悪くなります。

最大出力解像度は2048×1280までなので、2560×1600というフルHD(1920×1080)を超えるモニタへの接続には向きません。

DVI端子【Digital Visual Interface】
DVI

DVI出力はそのままデジタル信号を出力できるのでデータに劣化がありません。DVI端子には「DVI-D」と「DVI-I」の2タイプあります。

DVI-D

「DVI-D」はデジタル専用の端子です。DVIだけの表記がされている場合、DVI-Dというのがほとんどです。現在の主流です。
DVI-D

DVI-I

「DVI-I」はアナログ・デジタル兼用で、変換プラグを使用することでアナログ端子のモニタとつなぐことができます。
DVI-I

デュアル リンクとは

DVIおよびHDMIは、TMDS方式という方法でデジタル信号を伝送しています。この信号の伝送路をTMDSリンクといいますが、2本の伝送路を用意したものがデュアルリンクで、1本がシングルリンクです。
シングルリンクでは、解像度がWUXGA/1920×1200までの出力です。それを越える場合はパソコン側のデュアルリンク対応が必須となります。とくに搭載するグラフィックカードが対応しているか確認します。
ちなみに、シングルリンクで1920×1200を越えるモニタと接続した場合、画面表示はしますが1920×1200までの表示になります。

上で、デュアルリンクとシングルリンクの端子図を出していますが、グラフィックカードのなかにはデュアルリンクの端子をしていながら、シングルリンクというのもあります。この辺は、端子だけで判断しない方がいいでしょう。
また、せっかくデュアルリンクのグラフィックカードでも、接続ケーブルがシングルリンク用だと、シングルリンクになってしまいます。

デュアルリンクにはケーブルも確認

DVIケーブル これはDVI-Dのシングルリンク用ケーブル。真ん中のピンが抜けているので判断できます。これではデュアルリンクのグラフィックカードと接続しても、シングルリンクにしかなりません。

HDMI端子 【High Definition Multimedia Interface】

HDMI端子
HDMI


Mini HDMI

「DVI」をベースに設計された規格。1本のケーブルで映像・音声・著作権保護の制御信号を転送することができます。 HDMIを小型化したMini HDMIもあります。変換プラグを使うことでどちらにも対応することもでききます。


Mini HDMI⇒HDMI変換プラグ

アメリカではHDMI端子を持たないテレビは販売できないほど一般化しています。デジタル機器メーカーはHDMI規格の開発元に高い使用ライセンス料(ロイヤリティと年会費)を払わなくてはならないので、生産コストが上がってしまいます。

バージョン1.0から始まって何度もバージョンアップしています。転送速度がアップしたり、機能追加、高解像度の対応などですが、一般ユーザーが普通にディスプレイ出力する分には気にしなくても大丈夫です。ちなみに3D映像の出力にはHDMI 1.4以上となっています。

Display Port端子

ディスプレイポート
Display Port

Mini Display Port端子
Mini Display Port

Display Port端子は、DVI端子の後継として業界団体VESAが定めているディスプレイ端子。特徴はHDMIと同じで、1本のケーブルから映像・音声・制御信号を転送できます。業界では「家電分野でHDMI、パソコン分野でDisplay Port」という位置づけで普及を進めています。HDMIより小型なのがメリット。さらに小型コネクタのタイプは、Mini Display Portと呼ばれます。

DVI端子はサイズが大きいため、ノートパソコンなど小型の電子機器には搭載しづらく、より小サイズの端子として登場しました。HDMIとは違い、使用ライセンス料は発生しないので、デジタル機器メーカーは生産コストを抑えられます。

HDCP対応とは

HDCPに対応していれば、著作権管理規格で保護されたデジタルコンテンツを出力できます。とくにブルーレイディスクを再生する場合は必須です。HDCPに対応しないと著作権保護されたブルーレイディスクが再生できない、高画質でないなどの問題が起きます。
HDCP対応の液晶モニタを、HDMI端子で地デジレコーダーと接続ができます。パソコン用だけでなく、特別な機材を必要とせずテレビとして使える液晶モニタが多いです。


当サイトはDELLパソコンでWeb制作!DELLパソコン買いどきチェック

※このリンクから、キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!
デル株式会社
次のメニューは ≫ アスペクト比
液晶モニタのメニュー
納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る