デスクトップ用・ノートパソコン用の光学ドライブ

デスクトップパソコンでは、5.25インチベイに搭載する光学ドライブが一般的に採用されます。ノートパソコンではトレイ式やスロットイン式で、ポータブルにも使われるスリム型です。例外としてミニパソコンにもノート用が採用される場合もあります。

納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
トップページパソコン購入知識のリスト光学ドライブのリスト ≫ 現在のページ

サイトマップ~DELLガイド

一体型PCレビュー

エントリー・デスクトップPC

光学ドライブのタイプ

「日立LG データ ストレージ
デスクトップパソコン用では、5.25インチドライブがほとんど。

ドライブベイのアップ写真
5.25インチベイに配置されます。

取り外しは2箇所のネジを外します。
ミリネジによって固定されます。自作パソコンでは両側面に各2箇所ネジ止めするPCケースや、スライドロックによるネジフリーの高級タイプがあります。DELLでは片面2箇所のみネジ止めするケースが多いです。

光学ドライブベイ2つと3.5インチベイ1つです。
光学ドライブを搭載する5.25インチベイは、人気のミニタワー型パソコンでは2ベイ装備がほとんど。

次は、Inspiron 580sのフロントパネルを外してみます。
スリム型デスクトップでは、スペース上、1ベイがほとんど。

ノートパソコンでの光学ドライブ


ノートパソコンでは、トレイ式がほとんど。ポータブル光学ドライブにも使われる内蔵型ドライブです。例外として、ミニパソコンなどデスクトップ機に採用されている場合があります。


トレイ・イジェクトボタンを押すことで、トレイが引き出せます。イジェクトボタンの左はアクセスライト、右が強制イジェクトの穴。(※製品による)


アクセスライト点灯中の様子。(※製品による)


ドライブトレイを引き出した様子。


ディスクをセットした様子。


正面から見た様子。

スロットイン式

スロットイン式の光学ドライブ
高級タイプのノートパソコンでは、スロットイン式の光学ドライブを採用しているケースがあります。スロットイン式はディスクの出し入れが非常に楽で、「ディスクの挿入」の1工程で済みます。これがトレイ式なら、「トレイ引き出しボタンを押す⇒トレイを端まで引きずり出す⇒ディスクをセットする⇒トレイを押し戻す」の4工程となります。

、あとは自動で引き込みます
ディスクをここまで挿入すると、あとは自動で引き込みます。経験上、挿入時の「ウィウィウィ、ウィ~ン」という動作音が気になります。トレイ式と比べると、最初の動作音が大きい傾向にあると思われます。

タッチセンサー式のマルチメディアキー
スロットイン式ではキーボードかキーボード周辺にイジェクトボタンがあります。

光学ドライブのリストへ戻る

当サイトはDELLパソコンでWeb制作!DELLパソコン買いどきチェック

※このリンクから、キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!
デル株式会社
納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPページ
Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.