DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL個人ノート
  4. Inspiron 14(5415)AMDモデル

狭額画面、リッチなアルミボディ!Ryzen 5 5500U搭載の14インチノート

AMDモデル、DELL Inspiron 14(5415) レビュー

AMD Ryzen 5 5500Uを搭載したInspiron 14 AMD こと、Inspiron 14(5415)をレビューする。(コンピューターモデル名: Inspiron 5415 / 規制モデル名: P143G)。Inspironシリーズの中間である5000シリーズ。レビュー時点ではAMD Ryzen 5 5500Uを搭載した14インチノート。狭額ディスプレイで、天板およびパームレストがアルミ合金であり、外観のプレミアム感は高い。

DELL Inspiron 14(5415) レビュースタイリッシュな3辺狭額、広視野角ディスプレイにフルHD(1920 × 1080)解像度を搭載。ストレージにはPCI Express接続で高速のNVMe SSDを搭載。従来の汎用キーボードと比べて、小さかったキーの幅が大きめに取られており、操作性がよくなっている。Power Delivery対応のUSB Type-C端子を実装している。ただmicroSDカード・スロットというのは扱いにくい。排気システムがやや心もとないが、そもそも内蔵GPU仕様で単体GPUの搭載はないと思われる。光学ドライブは非搭載。この実機例ではバックライト・キーボード仕様。

法人モデルのVostro 5415と共通している要素が多いが、Inspiron 14(5415)ではギガビットイーサーLAN端子が省かれており、そこは残念である。レビューしたInspiron 14(5415)の構成は以下の通り。

Inspiron 14(5415)
2021年9月論評
Ryzen 5-5500U

今回レビューした、DELL Inspiron 14(5415)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 14インチ 非光沢ディスプレイ 【広視野角】 1920 × 1080
  • AMD Ryzen 5 5500U(2.10 GHz~4.00 GHz)
  • 8GB(8GB×1) DDR4メモリ (3200MHz)
  • Radeon グラフィックス
  • 256GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express)

※レビューはあくまで実機の一例であるため、選択により各々の構成は異なる。

【寸法・重量】
  • 幅: 322 mm × 奥行き: 213 mm × 高さ: 17~18mm
  • DELL公称の最小重量:1.442 kg ※レビュー実機は1.401 kg

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Inspiron 14(5415)のキャンペーン価格!DELLサイトへ
※2021年9月30日時点のレビュー。本製品の発売日は2021年4月13日である。

レビューしている、Inspiron 14(5415)のスペック詳細

今回、導入したInspiron 14(5415)の構成および、採用されていたベンダーは以下の通り。この手元の実機に限った情報となる。カスタマイズ選択や、仕様変更、時期的な事情により同一製品でも異なる。また、どこまでが「標準搭載」なのかは判断できない。実際の購入においては、差異があることをご了承いただきたい。

導入したInspiron 14(5415)の構成Ryzen 5 5500U搭載。内蔵GPUにRadeon グラフィックスを統合している。キングストン製の8GB DDR4メモリ-3200MHzを1枚搭載(SO-DIMMスロットは2基実装)。ストレージにはKIOXIA(東芝メモリ)製の256GB NVMe SSD(KBG40ZNS256G)を搭載。液晶パネルはシャープ製SHP1542。

ストレージ

NVMe SSD(KBG40ZNS256G)Inspiron 14-5415で搭載したKIOXIAのNVMe SSD(KBG40ZNS256G)のパフォーマンス。シーケンシャルのアクセスは4桁で、PCI Express接続ならではの速さ。

M.2スロットに搭載されるSSDについて

ネットワーク(Wi-Fi6搭載モデル)

インテルWi-Fi 6 AX200 160MHzレビュー実機で搭載しているネットワーク環境をチェック。無線LANにはインテルWi-Fi 6 AX200 160MHzを搭載。Wi-Fi 6(第6世代の無線LAN規格)なので、IEEE802.11axに対応する。Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)から通信速度が向上し、「複数端末環境における通信の安定性」、「接続する端末の省電力性」で向上している。Bluetooth 5.1に対応。

Inspiron 14(5415)には有線LAN端は無い。Inspiron 14(5415)と非常によく似た構成で有線LAN端子がほしい場合、Vostro 5415を検討するとよいだろう。

【ネットワーク基礎知識: 無線LAN規格について
【異なるメーカーの周辺機器をまとめて無線接続 ~ Bluetooth(ブルートゥース)とは 】

14インチ非光沢・広視野角(1920 × 1080)~SHP1542パネル

SHP15423辺狭額で、スタイリッシュなフレームレス・デザイン。少し被さっている天板のアルミ部分を含め約5.5mmほど。少し段差になったベゼルになっている。14インチ画面にしては高解像度の1920 × 1080搭載。非光沢ディスプレイであるが、厳密には半光沢と理解しておいたほうが良い。

細かい表示になるため、DELLの初期設定および推奨設定では150%拡大になっているが、掲載写真では拡大なしのドットバイドット表示(100%)に設定し直している。個人差はあるだろうが、ドットバイドット(100%)表示でもわりと実用的で、玄人ユーザーはわりとこの組み合わせを好む傾向にある。ディスプレイの見え方に関しては、視力や好みの違いにより意見が分かれるので正解・不正解はない。最も狭額の左右ディスプレイベゼルでは、

液晶パネルはシャープ製SHP1542この実機で搭載されていた液晶パネルはシャープ製SHP1542。検索してみたが、詳細スペックは不明。

オンライン・マニュアル「セットアップと仕様」には色域 NTSC 45%カバーとある。これは同じくSHP1542を採用していたVostro 5415の説明と同様。広視野角パネルで、DELLではWVA(ワイド・ビューイング・アングル)という造語で呼んでいる。極端な角度から視聴しても、色ムラや色調反転などの色度変移が起きにくい。複数人で観るようなシチュエーション、つまり様々な角度から視聴する場合にも好都合。

SHP1542の視野角実機をみると、明るい環境だとやや陰になりやすい傾向にある。半光沢が強めだからかもしれない。ただ、当方では撮影の為、かなりの照明をつけており一般的な室内環境よりも明るい状況下である(テラスに近い状況)。そのためARコーティング(反射防止加工)でもないかぎり、斜め角度からだと画面に陰が載りやすい。

「プライバシー・シャッターディスプレイベゼルの上部中央に小型のWebカメラ内蔵。その左右にデュアルマイクを内蔵。セキュリティ機能として、レンズを物理的にふさぐ「プライバシー・シャッター」付き。上のレバー(Safe View スイッチ)をスライドすることで開け閉めできる。

ユーティリティ・ソフト

Waves MaxxAudio Pro搭載されていたマネージメント系のアプリ。左側のがWaves MaxxAudio Pro 、右側のがDell Power Manager(ver3.8)。おそらく標準装備と思われるが、バージョンは時期により更新されているようだ。

Waves MaxxAudio Pro ~サウンドチューニング

サウンドチューニングにWaves MaxxAudio Proを搭載。内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでも、デジタル処理で効果的なサウンドを展開するサウンド補正技術。 ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。項目は、イコライザー調整ができる「再生」、ヘッドフォンでのリスニング環境調節 「Waves Nx」、声の聞こえ方を向上させる「音声」の3つ。それぞれサンプル音楽を流してサウンドテストできる。

さらに詳しく 【 Waves MaxxAudio Proの解説

Dell Power Manager ~ 電源・温度の管理アプリ

電源プロファイル管理や、静音性(ファン速度)・温度・パフォーマンス(処理速度)のカスタマイズがDell Power Managerで行える。このシステムは、インテルDynamic Tuning Technology(インテル DTT)に基づいたチューニング機能である。バッテリー情報の「バッテリ設定」では、「バッテリーの長寿命を優先するか・・、寿命よりも急速充電」を優先するか・・・、そのバランスを取るか・・」という選択ができる。バッテリー残量0%から80%まで1時間で急速充電する機能「Express Charge」の設定もここで行える

なお、バッテリーの種類によっては、利用可能な設定が制限される場合があるとのこと。実機で確認された機能のカテゴリは以下の通り。購入時期により、Dell Power Managerのバージョンが更新されている場合がある。

さらに詳しくはこちらへ 【 DELL Power Manager(電源・温度の管理アプリ)のレポート

インテリジェント機能

カバー・オープン・センサーインテリジェント機能として、ディスプレイを開くと、自動でPCが起動する「カバー・オープン・センサー」を搭載。リッド(蓋)センサーともいう。電源ボタンを押す手間が省けるが、デメリットとして清掃など「起動目的ではないとき」にも強制で起動する。

AMD Ryzen 5 5500U搭載のパフォーマンス

Ryzen 5 5500U モバイル プロセッサー のスペックAMD Ryzen 5 5500U モバイル プロセッサー のスペック。内蔵GPUにRadeon グラフィックスを統合している。6コア実装、12スレッド動作。デフォルトTDP 15W。基本クロック 2.1GHz、最大ブースト・クロック 最大 4.0GHz。

Ryzen 5 5500U 性能検証CINEBENCH R15によるレンダリングのベンチマークテストを実施。比較するのはパソ兄さんが過去にレビューしたPCにおけるもの。オレンジ色のバーが今回の対象。このInspiron 14(5415)で搭載したRyzen 5 5500Uでは、マルチスレッド・スコア:1181。Vostro 5415とときは1203だったので、そのあたりの性能かと思われる。Core i7-8750Hに近いのか。なお、CINEBENCH R15の結果がCPU性能の全てではないのでご留意を。

CINEBENCH R15ベンチマークテストとは

ドイツMAXON社の3DCG作成ソフト「CINEMA 4D」をベースとしており、レンダリングにかかった時間などでスコアが算出される。CPUを100%稼働させるので「CPU性能指数」の目安になり、コア数が多く(スレッド数が多く)高クロックのCPUほど短時間で処理できる。主にマルチコア環境での参考になる。搭載GPUの影響はほぼ受けない。

CINEBENCH R15ベンチマークテスト ~ 過去レビューPCとの、マルチスレッド比較

ラストレムナント(1280×720 フルスクリーン)ベンチマークテスト

ラストレムナント(1280×720 フルスクリーン)では、58.48 FPS2009年の古いゲームだが、ラストレムナント(1280×720 フルスクリーン)では、58.48 FPS。実質的なプレイには65 fps以上ほしいので十分とはいかないが、まずまず動く性能。当方のレビュー情報で比較するとこれは第10世代 Core i7-10610U (インテル UHD グラフィックス統合)に近い。なお、バッテリー駆動では著しくパフォーマンスが下がるので、ACアダプタは常時接続している。

ほかのPCと比較 【ラストレムナント~2009年 (1280×720 フルスクリーン)

Inspiron 14(5415)のデザインと、装備端子

天板の素材はアルミニウム合金で高級感カラーリングは「プラチナシルバー」と呼ばれている、天板の素材はアルミニウム合金で高級感がある。サンドブラストの梨地加工。アルマイト加工でさらっとした手触り。アルマイト加工(陽極酸化処理)とは酸化皮膜を生成させる表面処理で、これにより耐食性と耐摩耗性が向上する。

クローム調のDELLロゴ天板中央には少し窪んだ状態でクローム調のDELLロゴが配置されている。

前面のデザイン。少しクサビ形なので先端が細め。

Inspiron 14(5415)では丸みを帯びたデザイン天板のアルミが背面まで続いたデザインになっている。後述するリフト・ヒンジのため、スタンドゴムが配置されている。似たような構成のVostro 5415が角張ったデザインなのに対して、Inspiron 14(5415)では丸みを帯びたデザインに仕上がっている。

天板のアルミがそのまま背面背面のデザイン。天板のアルミがそのまま背面へ。

勾配がつく機構(リフト・ヒンジ)ディスプレイを開くと、キーボード面に勾配がつく機構(リフト・ヒンジ)。「ラバー ドロップ ヒンジ」ともいう。チルトスタンドの効果があり、傾斜面になったキーボードで打ちやすくなる。さらに底面側に空間が生まれるので、吸気スペースも拡張されるというもの。なお、ディスプレイは最大ここまで開く(写真参照)。

底面から見た(リフト・ヒンジ)底面側から見たリフト・ヒンジの状況。

排気口を配置しているヒンジの間(ディスプレイと本体の中間)に排気口を配置している。ディスプレイを大きく開いたほうがエアーフローにとっては有効的な印象。2箇所のスリットが確認できるが、この手前側のは貫通しておらずダミーデザイン。機能しているのは奥の1箇所で、シングルファン内蔵の作りになっている。冷却面でいうと、内蔵グラフィックどまりにしておいたほうが無難な設計だろう。

ディスプレイを畳んでいるときの左側面デザイン。極端なくさび形ではない。

外観右側からの外観。

底面カバー底面は内部アクセスの際に開ける底面カバーになっている。ほぼ底面に近いが、カーブ面に差し掛かる位置の左右にスピーカー孔を配置している。2W出力および最大2.5W出力。この設計の割にはサウンド・クオリティはそこそこ良い。横長のスリットは吸気口。

リフト・ヒンジのため、ヒンジは内側に潜り込んだ設計。

装備端子

Inspiron 14(5415)の右側面に装備している端子は、USB 3.2-Gen1(5Gbps)、ヘッドセット端子。microSDカードスロット装備というのは、サイズが限定されてしまい扱いにくい。

USB 3.2-Gen1(5Gbps)、USB Type-C端子右側面では、電源コネクタ、電源ライト、HDMI端子、USB 3.2-Gen1(5Gbps)、USB Type-C端子を配置。

USB Type-C端子の対応

USB Type-C端子が対応するインターフェースは、厄介なことにPC製品によって様々である。何に対応しているのか知る必要がある。DELLサイト製品ページ、クイックスタートガイドでは、USB 3.2-Gen1(5Gbps)、Power Delivery、Display Port に対応とある。ただし、オンライン・マニュアル「セットアップと仕様」では「USB 3.2 Gen 2 Type-Cポート(DisplayPort 1.4および電源供給機能付き)」と記載されており、違いに困惑している。

とりあえずPower Delivery対応なので、市販のPower Delivery対応ACアダプタが使えるのがメリット。(65W以上)

USB 3.2への改称について

2017年に「USB 3.2」が発表された。これまでのUSB 3.0 および USB 3.1は伝送路が「1レーン」であるが、これを「2レーン」に束ねることで高速化した。ただ非常に面倒くさい事に、従来(1レーン)のUSB 3.0、USB 3.1を取り込む形で改称がされ、すべて名称は「USB 3.2」で統一された。つまり、「1レーンのUSB 3.2」と、「2レーンのUSB 3.2」があり、以下の4パターンあると理解すればいい。現在では1レーンがメインなので、ややこしくなったら旧称に置き換えるとよい。

  • USB 3.2 - Gen1 (1レーンの 5Gbps) = 旧称 : USB 3.0 / USB 3.1-Gen1
  • USB 3.2 - Gen2 (1レーンの 10Gbps) = 旧称 : USB 3.1-Gen2
  • USB 3.2 - Gen 1x2 (2レーンの 10Gbps) ※コネクタ形状はUSB Type-Cのみ
  • USB 3.2 - Gen 2x2 (2レーンの 20Gbps) ※コネクタ形状はUSB Type-Cのみ

※2019年2月、策定団体のUSB Implementers Forum 【USB-IF】 によって「USB 3.2」と名称変更。※過去にアップしたレビュー記事では修正を入れないのでご留意を。※USB Type-Cは単なるコネクタ形状の規格であるため、どの転送規格に対応するかは各々異なる。

インターフェースの基礎知識

Power Delivery とは

Power Delivery(USB PD)とは「USB電力拡張規格」のこと。大きなメリットとして、容量さえクリアできれば市販のPower Delivery対応ACアダプターを使うことができる(これでメーカー専用ACアダプタの縛りから解放される)。また規格としては、ホスト側から電力を得て、数珠つなぎ式で次々に対応周辺機器へ電源供給ができる。

【 さらに詳しく解説 ~ Power Delivery とは

65WのACアダプタが付属

このInspiron 14(5415)で付属しているのは65WのACアダプタ(コネクタ・専用のバレルタイプ)。Inspiron 14(5415)のUSB Type-C端子はPower Deliveryに対応しているので、これとは別に市販されているType-CのACアダプタが使えるのがいい。

ACアダプタからPC側へつなぐケーブルは比較的細めだが、ジョイント式のコンセント電源ケーブルは太めなので取り回しはよくない。実物を測量したところ、アダプタ本体は204g、コンセント電源ケーブルは105gだった。※コンセント電源ケーブルは一般的に市販されているメガネ型3P(通称ミッキー型 / IECコネクター・60320-C5)なので、市販品への変更は可能。当方では細めの市販ケーブルを予備にストックしている。

パームレストはアルミ、ダイヤモンドカットのタッチパッド

Inspiron 5415のパームレストアルミ合金のパームレストでわりと高級感を出している。

タイヤモンドカット加工一体型のタッチパッドは広め。周囲にはダイヤモンドカット加工が施されている。ダイヤモンドバイトという「精密金型加工に適した刃先の道具」で金属を削るため、ダイヤモンドカット(ダイヤカット)と呼ばれる。アルミの地色を削り出す表面処理加工法であり、金属を削り出したそのままの肌がデザイン性を高める。

キーボードおよびキー配列(バックライト機能付きの場合)

キーボード枠に電源ボタンを収めた構造(一番右上に電源ボタン)。左端キーから右端キーまでの幅が288mm。これまでの13型~15型で流用されるキーボードより幅が1cm以上大きいので、従来の汎用キーボードで幅の狭かったキー(BackSpaceや半角全角など)にゆとりが見られる。

オンライン・マニュアル「セットアップと仕様」によれば指紋認証リーダー付き電源ボタンを搭載できるが、今回のは非搭載の電源ボタンとなっている。

一部のキー(BackSpace、Enter、shiftなど)はその横のキーと隣接させつつ、キートップの段差で隔離している加工がされている。これはユーザービリティのためではなく、単なるコストダウン加工と思われる。プレートの穴開けが英字キーボードと一致していることから、加工をグローバルで共通化させてコストダウンを図っているようだ。

BackSpaceと¥のキーがやや小さいが、これまでの13型~15型で流用されるキーボードよりは大きいので、デメリットというほどではない。カーソルキーは段差配置になっていないが、右カーソルと左カーソルは大きいので扱いやすい。下カーソルはともかく、上カーソルは縦のリーチが短かくほかのキーに囲まれているため扱いにくい。指先を立てて押す必要がある。ただし、キー幅が大きめなので扱いにくさを軽減する工夫はされている。エンターキーはしっかり大きめで良好。

半角/全角キーが大きめで扱いやすい。その下に続くtab、caps lock、Shift、ctrlキーも無駄に大きい。ファンクションキーはDELLキーボードとしては比較的大きめになっている。

タイタン グレーキーボードの色は「タイタン グレー」と呼ばれている。わりとはっきりした灰色である。ちなみに同型のキーボードを搭載してたVostro 5415レビューでは、カーボンブラックというキーの色だった。

私の手は大きめホームポジションの様子。ちなみに私の手は大きめなのでご理解を。

バックライト・キーボードこのレビュー機ではバックライト・キーボードとなっている。マニュアルではオプション扱い。F5を押すごとに、バックライトのオンオフおよび、2段階の調光が可能)。薄暗い会議室や、寝室などとっさの使用でも室内照明を点けずに操作することができ、わりと重宝する機能である。機能がオンのときは、キーに触れると自動的に点灯する。しばらく操作をしないと自然に消灯する。

キーボードの詳細レビューは、パーツ扱いでコンテンツを分けている。被写体がこの Inspiron 14(5415)になっているのでご参考に。※同型 グレー (バックライト機能付き) のほうを参考に。画像が特大サイズなので、細部までごらんあれ。

キーボードのバリエーション

最新情報など、詳しくはDELLサイトへ

DELLサイトでInspiron 5415を買うのがお得Inspiron 14 AMDこと、Inspiron 14(5415)およびInspiron 5415のレビューは以上。ここで紹介した実機は一例の構成であり、ユーザーの選択や販売時期により異なる。紹介した内容がすべて標準搭載というものではなく、購入の際はオプション搭載があることを留意していただきたい。

Inspiron 14(5415)
2021年9月論評
Ryzen 5-5500U

狭額画面、リッチなアルミボディ!Ryzen 5 5500U搭載の14インチノート
DELL Inspiron 14(5415)

レビュー時点ではAMD Ryzen 5 5500Uを搭載した14インチノート。狭額ディスプレイで、天板およびパームレストがアルミ合金であり、外観のプレミアム感は高い。 スタイリッシュな3辺狭額、広視野角ディスプレイにフルHD(1920 × 1080)解像度を搭載。ストレージにはPCI Express接続で高速のNVMe SSDを搭載。

従来の汎用キーボードと比べて、小さかったキーの幅が大きめに取られており、操作性がよくなっている。Power Delivery対応のUSB Type-C端子を実装。microSDカード・スロットというのは扱いにくい。光学ドライブは非搭載。バックライト・キーボード仕様。 法人モデルのVostro 5415と共通している要素が多いが、Inspiron 14(5415)ではギガビットイーサーLAN端子が省かれている。

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Inspiron 14(5415)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【 2021年10月21日時点 】

★XPSデスクトップ、Inspironデスクトップに、22%オフ クーポン!Dell G ゲーミングノート、ALIENWARE シリーズ(全)には、20%オフ クーポン!Inspiron ノート、XPS ノートに17%オフ クーポン!

★8年連続世界シェア1位!DELLモニタがオンライン・クーポンで最大20%オフ!

【 2021年10月29日(金)まで 】
★リアルサイト等から「Inspiron、XPS、Dell G、Alienwareシリーズ」のいずれかを第10/11世代Core i7・i5・i3搭載で購入し、デルEメールマガジンに購読登録(すでに登録済みもOK)していると、Amazon ギフト券10,000円分が抽選で960名様に当たる!自動的にエントリー。詳細はDELLサイトにて。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2021年 デスクトップPC部門3年連続1位」 ※出典-日経コンピュータ 2020年9月3日号より

パソ兄さん HOME

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.