DELL製品を購入してレビューしているサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. DELLパソコン・モバイル旅行記
  3. 福島県
  4. 矢吹町舘沢

石川氏の支城で、同族の矢吹氏が居城とした

袖ヶ城(矢吹城)

福島県矢吹町矢吹字館沢にあった袖ヶ城を登城した(2018年1月)。
平安後期、前九年合戦(~1062年)の戦功により、河内の石川頼遠・有光が仙道の地である石川に入り、藤田城(現・石川町中野)を居城とした。堅固だが交通の便が悪かったようで、石川郡泉郷の三蘆城(みよしじょう)へ移った。

この矢吹の地は石川郡に属し、石川有光の弟、矢吹基時が東山道の押さえである袖ヶ城(矢吹城)に入城したという。この石川一族である矢吹氏が、主家に属しながら、戦国末期までこの地を所領した。ちなみに、石川有光の子に中畠(中畑)を称し者があり、戦国期にはその子孫で、国神城を居城とする中畑晴辰(はるとき)がいる。元プロ野球選手の中畑清(矢吹町出身)はその末裔。

伊達政宗による須賀川城攻め(1589年)では、矢吹氏および主家の石川氏は伊達氏に従い須賀川城を攻撃、落城させた。二階堂氏は滅び、石川昭光が新たに須賀川城主となったが、家老の矢吹光頼にその城代を任せた。(石川昭光は伊達政宗の叔父であり、輝宗の弟)。

しかし、翌年1590年の豊臣秀吉による奥州仕置では伊達氏が岩出山に国替えとなり、石川一門もこれに従った。伊達政宗は減封で済んだが、石川昭光は改易となった。そして袖ヶ城は廃城となり、以後の矢吹は奥州街道の宿場町として栄えた。

袖ヶ城(矢吹城)平成27年3月に設置された案内板。こちらでは「袖ヶ館城跡」とある。矢吹町公式の呼び方なのだろう。なお、古い案内板では「袖ヶ館」だったが、とりあえず一般的に呼ばれている「袖ヶ城」で統一しておこう。

城郭図

古舘、館山、柳堀込袖ヶ城は自然の丘陵地を活かしており、、「古舘、館山、柳堀込」の三地点の地形から成る。それぞれ分断されており、館山と柳堀込の間には「館池」という水堀で区切られる。(マップは現地の案内板より)

館山 15世紀またはそれ以前の構造であり、戦国末期に改修されている可能性もある。中枢部分であり、土塁や空堀が周回している。
古舘 古い遺構であり砦のような施設であるため、居住地ではない。物見台といったところだろう。
柳堀込 館池の東側にある曲輪。16世紀後半の構築と考えられ、家臣団の屋敷や町場・集落が置かれたとされる。鉄砲小屋や陣馬などの地名が残る。

そして、古舘の西側には隅戸川が流れ天然の外堀となっている。

遺構衛星写真と重ねると、さほど遺構は破壊されていない様子。

館山

館山への登城ルートまずは案内板のあるところから、館山への登城ルートがある。坂道が私有地っぽい雰囲気で入りにくい。おまけに飼い犬が無駄吠えしており非常にやかましい。

城址館山の頂上までは、どうやら当時の道ではなく農道のようだ。キャタピラの跡が付いているので、重機で城内を整備したのだろうか?段々畑は腰曲輪を利用したようであるが不明。

腰曲輪腰曲輪と思われるこの辺では、落下防止フェンスが崩壊。おそらく東北大震災の爪痕だろう。

平場館山の山頂部である平場。おそらく居館跡だろう。簡易なベンチがあり南方が一望できる。

空堀館山を周回する空堀。階段が設置されておりそれを越えると、古舘への尾根道へ差し掛かる。

古舘と尾根道

古舘岩盤がむき出しになっている先端が古舘。そして館山から続く尾根道。藪が刈り込まれており、冬という時期もあり城郭がわかりやすい。

整備館山から古舘までの尾根道。整備されて歩きやすい。平成27年以前に登城した人はヤブの中を歩いたらしいけど。

竪堀古舘と尾根道を分断する竪堀と、土橋の様子。

砦古舘の砦部分。岩盤の下は土が堆積したような雰囲気。

隈戸川古舘から臨むと、西側に流れる隈戸川が天然の外堀。

急峻な階段北西に向いている古舘の先端。急峻な階段が設置されており、そのまま古舘の下まで散策できる。

館池

館池館山から見た、柳堀込の曲輪眺望。間には水堀である館池がある。

柳堀込(曲輪)

柳堀込柳堀込(曲輪)の先端から、館池を挟んで館山を眺望した写真。

曲輪館山絡みた柳堀込(曲輪)。

その他、近辺の史跡

ついてに、袖ヶ城近辺の史跡も散策した。

やぐら跡

袖ヶ城の南部現地マップを見ると、袖ヶ城の南部には2つの「やぐら」がある。

やぐら館池の近くにある「やぐら」へ行ってみる。ホテルが建っている台地は柳堀込の曲輪。現地案内板に従い、降りてみる。

鎌倉・室町期に山腹の岩盤をくり抜いて作った墓や祈願所ここの史跡になっているやぐらは、鎌倉・室町期に山腹の岩盤をくり抜いて作った墓や祈願所のこと。鎌倉周辺で多く見られる史跡だ。袖ヶ城のやぐら跡では五輪塔が彫られており、城主の火葬墓と考えられている。城館の守り神、先祖崇拝、戦勝祈願など重要な役割があったのだろう。

やぐら跡もうひとつ、西側のやぐら跡はスロープの先にあるようだが、枯れ葉が山のように積んであり見学するのは断念した。

矢吹神社

矢吹神社 1065年、源義家が後三年の役に勝利し帰陣の折、この地に八幡の社を建立し、矢柄をもって屋根を葺いたという。それが矢吹神社であり、後に矢吹村となった。古記録には「屋葺」とも記載されている。

矢吹駅

矢吹駅デザイン的史跡ではないが、矢吹駅がかなりデザイン的なので印象に残った。

レポートは以上。

DELL個人向けモデルの、クーポン情報

【2018年8月13日(月)まで】
夏のファイナルセール!Gシリーズなど中位以上の対象ノートが、20%オフクーポンでお得に!
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大30%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ お買い得情報ページ【DELL公式】

DELLと楽天ポイント
【2018年10/31(水)まで】
手続き後、DELL直販で購入して楽天スーパーポイント2,500ポイントをゲット!

詳しくはこちら ⇒ 手続きして購入するだけ【優待専用ページ】

DELLパソコン・モバイル旅行記 TOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.