DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識
  1. HOME
  2. 液晶モニタレビューと、液晶モニタ知識
  3. 現在ページ

リフレッシュレート編:テアリングとスタッタリング現象とは

まとめると、GPUが速すぎるとテアリング現象(チラチラとナミナミ)、GPUが遅いとスタッタリング現象(カクつき)が起こります。この2つの現象について細かく説明します。

テアリング現象

そもそも、ディスプレイのリフレッシュレートは固定レートであり、例えば60Hzであれば60 FPS(1秒間に60回の画面切り替え)を行う仕組みになっている。一方、映像を送るGPUは処理能力まかせであり、ディスプレイのリフレッシュレートにお構いなくデータを送り込んでしまう。ディスプレイのリフレッシュレート(固定レート)以上のデータをGPUが送り込んでしまうと、このレートのズレが描写のチラチラやナミナミした見苦しさを生む原因となり、これを「テアリング現象」と呼ぶ。いわゆる、GPUの描写力が速すぎるゆえの問題。

このテアリング現象の対策として、V-SYNC(垂直同期)がある。これは、ディスプレイのリフレッシュレート(固定レート)に合わせるため、GPUが処理能力を制限するもの。「GPUが表示タイミングを待つ」と言えばわかりやすい。

スタッタリング現象

GPUの性能がディスプレイのリフレッシュレートに追いつかない場合は、カクつきが起こる。これがスタッタリング現象である。つまり、GPUが力不足という問題。60Hzを逃すと次は30Hzになってしまうために、カクつく。

NVIDIA G-SYNCとは

テアリング現象とスタッタリング現象を解決する技術が、NVIDIA G-SYNCである。G-SYNCでディスプレイのリフレッシュレートをGPUに同期させることによって、テアリング現象を除去し、スタッタリング現象や入力遅延を最小限に抑える。

これまではGPU優先でディスプレイに合わせてきたため、CPUの性能次第で問題があった。しかしG-SYNCはその逆で、「ディスプレイ優先でGPUに合わせる」という発想。G-SYNCでは双方の同期が必要なため、GPUとディスプレイの両方がG-SYNC対応でなければならない。

NVIDIA G-SYNCとはNVIDIAコントロールパネルで設定可能。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年5月27日(月)まで】
DELL XPSシリーズ、Inspiron 13/14シリーズがお得!17%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大15,000円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

液晶モニタの基礎知識・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.