DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. Inspiron 24(3459)レビューTop
  4. 現在のページ

第6世代Core i5-6200U プロセッサー の性能は如何に!!

Inspiron 24 3000シリーズ(3459)のベンチマークテスト

Inspiron 24 3000シリーズこと、Inspiron 24(3459)のレビュー。次は手元にあるInspiron 24(3459)の構成においてベンチマークテストを行なった。実機の構成は以下の通り。レビュー時点では、OS以外は固定の構成であった。

Core i5-6200U
Inspiron 24(3459)画像
2015年12月レビュー
Skylake設計

DELL Inspiron 24(3459) ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 23.8-インチ IPS非光沢ディスプレイ(1920 × 1080)
  • 第6世代Core i5-6200U プロセッサー
  • 4GB (4GBx1) シングル チャネル DDR3L メモリ(1600MHz )
  • インテル HD グラフィックス520
  • 1TB HDD(5400 rpm )
1TB HDD
HDDのパフォーマンス。東芝製だったが、2.5インチHDDとしては平均的なアクセス速度。

2015年12月1日時点のレビュー。パーツ構成やカスタマイズ、採用パーツのサプライヤは供給状況により変更あり。

第6世代Core i5-6200U プロセッサー

Core i5-6200U 第6世代Core i5-6200U プロセッサー のスペック。Skylake設計で第6世代CoreのU シリーズ。超低電圧版でTDPが15Wという、低消費電力のCPU。そのかわりに通常版よりは処理スピードが落ちる。Core i5-6200U に内蔵されているのが、インテル HD グラフィックス520。内蔵グラフィックもなかなか強力なものになっている。

アイドル状態の消費電力は32Wディスプレイ輝度最大時で、アイドル状態の消費電力は32W。輝度を最小にすると18Wまで下がった。これはディスプレイとPCの合わさった電力だから、デスクトップ機の環境とするなら、かなりの節電環境だろう。輝度調整で14W間ぐらいのコントロールができるわけだ。

レンダリング処理CPUメインのレンダリング処理では、48Wほど(輝度最大時)。輝度を下げれば30W台も可能だ。
※各ベンチマークテストではディスプレイ輝度最大時

45Wほど(輝度最大時)ゲームのベンチ中では、45Wほど(輝度最大時)。内蔵GPUだから、グラフィックに負荷をかけてもさほど電力に影響ないのだろうか? ※各ベンチマークテストではディスプレイ輝度最大時

CINEBENCH R10 ベンチマークテスト

マルチコアでレンダリング
CPUの性能が顕著に現れるCINEBENCH R10ベンチマークテストでチェック。 CINEBENCH R10は、MAXON Computer社のCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。 Cinema 4Dとは映画・テレビ業界・ゲーム制作・建築で採用されている3Dソフトである。このベンチマークテストのレンダリング処理時間で、主にCPU性能を測ることができる。 CINEBENCH R10はマルチコアに最適化されているので、クロック数の高さだけでなくマルチスレッド効果を発揮する。

Inspiron 24(3459)画像

DELL Inspiron 24(3459) ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第6世代Core i5-6200U プロセッサー
  • 4GB (4GBx1) シングル チャネル DDR3L メモリ(1600MHz )
  • インテル HD グラフィックス520
⇒1分08秒
画像 処理時間が近かった過去のレビューPC 処理時間
15Rスペシャル・エディション

Inspiron 15R Special Edition(7520) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3612QM (2.1GHz, 6MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2) DDR3メモリ 1600MHz
  • AMD Radeon HD 7730M 2GB DDR3
⇒1分00秒
DELL XPS 13(9343)~タッチ

DELL XPS 13(9343)~ タッチ・QHD+ (3200 x 1800)  ※2015年 Broadwell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 第5世代インテル Core i7-5500U
  • 8GB デュアルチャネル DDR3L-RS 1600MHz (オンボード)
  • インテル HD グラフィックス 5500
⇒1分06秒

DELL Inspiron 15 7000(7548)~2015年3月 Broadwell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 第5世代インテル Core i7-5500U プロセッサー
  • 16GB デュアルチャネル DDR3L 1600MHz (8GBx2)
  • AMD Radeon R7 M270 4GB DDR3
⇒1分08秒

第6世代Core i5-6200U プロセッサー は処理能力の劣る超低電圧版Uシリーズだが、 第3世代Core i7-3612QMに匹敵するようだ。

CINEBENCH R15CINEBENCH R15では、237cb。デスクトップ用の第1世代Core i3-530よりも速いようだ。

ゲームベンチマークテスト

ストリートファイター4とドラゴンクエストXのベンチマークテストを行なった。結果、ストリートファイター4ならHD解像度で快適なプレイができるようだ。ただ、搭載解像度のフルHD(1920 × 1080)ではプレイが厳しい。ドラゴンクエストXはHD解像度で普通という評価だった。

Inspiron 24(3459)画像
2015年12月レビュー
Skylake設計

ストリートファイター4

最近は内蔵GPUで遊べるストリートファイター4
2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲーム。プレイそのものは2Dだが、グラフィック描写が3Dであり美麗な表現となっている。 登場当初、2009年当時のミドルスペック以上のデスクトップPCが必要だったが、パソコンの高性能化に伴い、ハードルがかなり下がった。本格的な3Dゲームの中では、比較的負荷の少ないゲームである。※参考:メーカー指定のプレイ推奨環境(解像度1280×720)では、 Core 2 Duo 2.0GHz以上 、NVIDIA GeForce 8600以上とされている。

当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト

グラフィック設定はデフォルトであり、DirectX 9.0c 。モデルと背景の品質⇒高、シャドウとモーションブラー⇒低、パーティクル⇒中、エクストラタッチ⇒OFF)。 ※ただし調整する項目が一点あり、ディスプレイ垂直同期をOFFにして、60FPS以上でも測定できるようにしてある。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 39.83
RANK D ⇒ プレイできるが、処理が重くなることがある。
実質、1920×1080 でのプレイは諦めたほうがいい。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 63.17
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

FF14-新生エオルゼア「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」では、2013年9月にWindows版のサービスを開始。家庭用ゲーム機よりも高精細画面、オーケストラ音源を採用するなどPCならでは高特典。ベンチマークは短編ムービー「じゃんぼりぃの傘」の再生となっている。

1280×720 ウィンドウ表示 標準品質

スコア 4791
普通

1280 × 720 「ウィンドウ表示」における、ベンチマークテスト比較

ストリートファイター4の1280 × 720 「ウィンドウ表示」で、AVERAGE FPS 63.17というのは、内蔵GPU仕様としてはなかかなの性能である。ローエンドGPUを搭載した、過去のレビューPCと比べてもパフォーマンスを凌駕している場合がある。
今回のケースでは、Inspiron 3847(Core i5-4460 プロセッサー + NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3構成)に近い。

Inspiron 24(3459)画像

DELL Inspiron 24(3459) ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第6世代Core i5-6200U プロセッサー
  • 4GB (4GBx1) シングル チャネル DDR3L メモリ(1600MHz )
  • インテル HD グラフィックス520
AVERAGE FPS 63.17
画像 以下、比較する過去のレビューPC(単体GPUを搭載したパソコン)
XPS15人気デルノート

DELL XPS 14(L401x)  ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i5-460M (2.53GHz, 3MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GT 420M /1GB GDDR3
AVERAGE FPS 69.94
Inspiron 3847

Inspiron 3847 ※2014年 Haswell設計

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー
  • 8GB (4GBx2) デュアルチャネル DDR3 メモリ(1600Mhz)
  • NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3
AVERAGE FPS 69.50
15Rスペシャル・エディション

DELL Inspiron 15R Special Edition(7520) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3612QM (2.1GHz, 6MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2) DDR3メモリ 1600MHz
  • AMD Radeon HD 7730M 2GB DDR3
AVERAGE FPS 67.67
デル初のショートスリムデスクトップ660s

DELL Inspiron 660s ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-3450s(2.8GHz , 6MB キャッシュ)
  • 6GB (4GB×1 +2GB×1)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • GeForce GT 620 1GB DDR3
AVERAGE FPS 67.46
Vostro 3750はビジネス大画面DELLノート

DELL Vostro 3560 ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-3210M (2.5GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB DDR3メモリ 1600MHz
  • AMD Radeon HD 7670M 1GB DDR3
AVERAGE FPS 59.03
dell studio xps8000

DELL Studio XPS 8000 (独自にローエンドGPUへ換装) ※2009年 Nehalem設計

  • Windows 7 Professional 64bit
  • Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • RADEON HD 4650 512MB
AVERAGE FPS 58.43
薄型のミドルスペック14インチノートXPS14z

DELL XPS 14z(L412z) ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-2430M (2.4GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • GeForce GT 520M /1GB
AVERAGE FPS 56.27
Inspiron580デル

DELL Inspiron 580 (独自にローエンドGPU搭載) ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • RADEON HD 4650 512MB
AVERAGE FPS 56.25
14型ウルトラブックxps14登場

DELL XPS 14 Ultrabook(L421X) ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3517U (1.9GHz, 4MB キャッシュ)
  • 8GB DDR3メモリ 1333MHz
  • GeForce GT 630M 1GB GDDR5
AVERAGE FPS 54.12
Vostro 260sでビジネス

DELL Vostro 260s ※2011年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i5-2400s (2.5GHz , 6MB キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3
  • ATI Radeon HD 6450 1GB
AVERAGE FPS 53.04
DELLのStudio15

DELL Studio 15(1557) ※2009年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i7-720QM (1.6GHz, 6MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Mobility RADEON HD 4570 512MB
AVERAGE FPS 49.74
Pentium D

自作パソコン(Pentium D) ※2006年 NetBurst 設計

  • Windows XP Home Edition SP3 32bit
  • Pentium D 915 (2.8GHz, 4MB L2 , 800MHz FSB)
  • 1GB (512MBx2) DDR2-SDRAM メモリ
  • RADEON HD 3650 512MB
AVERAGE FPS 42.41
Inspiron580s

DELL Inspiron 580s ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ
  • RADEON HD 5450 1GB
AVERAGE FPS 39.82
Inspiron N301z(NEW Inspiron 13z)

DELL Inspiron 13z(N301Z) ※2010年 Nehalem設計

  • Windows 7 Home Premium 64bit
  • Core i3-330UM (1.2GHz, 3MB L3キャッシュ)
  • 4GB (2GBx2) DDR3メモリ
  • ATI Mobility Radeon HD 5430 1GB
AVERAGE FPS 27.18
初めて買ったInspiron 1520

DELL Inspiron 1520 ※2007年 Coreマイクロ アーキテクチャ設計

  • Windows Vista Home Premium 32bit
  • Core 2 Duo T7100(1.8GHz 、2MB L2 、800MHz FSB )
  • 2GB (1GBx2) DDR2 メモリ
  • GeForce 8600M GT 256MB
AVERAGE FPS 24.77

Inspiron 24(3459)レビューは以上。

Core i5-6200U フルHD(1920 × 1080)にIPSパネル、非光沢、大画面28.3インチで、画面における作業効率がよく、しかも設置性がいい。本格ゲームに充分対応できるほどの性能はないが、ストリートファイター4がHD解像度で快適プレイできるくらいの性能はある。とにかく、消費電力が少ないうえで、この性能だからワットパフォーマンスに優れている。大画面ノートのユーザーが流れて着やすいモデルだと思われる。

Inspiron 24(3459)レビューは、手元の実機による調査のため、最新情報はDELLサイトにてチェック!

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.