DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. パソ兄さん HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. PCケースとマザーボード
  4. 現在

VRM(電圧レギュレータモジュール)

マザーボード上で特に電力が消費されるのはCPU周辺です。CPUやメモリなどは一定の電圧で動作することを前提にしていますが、CPUの消費電力は動作の状態により変動します。そこでVRM (Voltage Regulator Module)という電圧レギュレータモジュール(CPU用の電源安定化回路)が設置されます。VRMは電流量が変動しても電圧(Voltage)を一定にする装置(Regulator)です。

VRMは電源ユニットから供給された電圧を「CPUに供給する電圧」に生成する装置です。マザーボードへ供給された+12Vや+5V電流の一部が、VRMによってCPUの駆動電圧へと生成されます。(+1.5Vほどの電圧)。

電圧レギュレータモジュール
VRMの装置数をフェーズ数といいます。複数の位相(フェーズ)のマルチフェーズ方式が採用されています。フェーズ数が多いほどコンデンサの負担が減り、安定した電流供給ができます。多フェーズになるほどコストが上がってしまいますので、目安として3~4フェーズあれば標準と言われます。DELLパソコンを多々レビューしましたが、低価格モデルでも6フェーズというのを目にします。ミドルレンジ以上では8フェーズ以上が見られます。オーバークロックを利用してもCPUの安定動作を望むなら、チェックしたほうがいいでしょう。

VRMを構成する部品

PWMコントローラ PWM(Pulse Width Modulation-パルス幅変調)
スイッチングの幅を調整する回路を内蔵する。
MOSFET VRMに使われるスイッチングデバイス。
オーバークロック・モデルでは発熱が大きくなるので、MOSFET上にヒートシンクを取り付ける場合がある。
コイル エネルギーを蓄積していて、電源電圧がなくなった場合に放出する。
ドライバIC MOSFETをスイッチングする信号を生成するドライバ。
コンデンサ コイルはコンデンサを組み合わせることでフィルタ回路を形成。そして出力が平滑化され直流出力となる。一般的には高耐久性の固体電解コンデンサを採用する。

VRMの装置数をフェーズ数というが、コイル数でカウントされる。

オーバークロック対応モデルMOSFETの上にヒートシンクが取り付けられている例。オーバークロック対応モデルで見られる。

VRM (Voltage Regulator Module)のポイント

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【 2021年10月12日時点 】

★G ゲーミング、XPS、ALIENWARE シリーズ、Inspironデスクトップに、20%オフ クーポン!★8年連続世界シェア1位!DELLモニタがオンライン・クーポンで最大20%オフ!

【 2021年10月29日(金)まで 】
★リアルサイト等から「Inspiron、XPS、Dell G、Alienwareシリーズ」のいずれかを第10/11世代Core i7・i5・i3搭載で購入し、デルEメールマガジンに購読登録(すでに登録済みもOK)していると、Amazon ギフト券10,000円分が抽選で960名様に当たる!自動的にエントリー。詳細はDELLサイトにて。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2021年 デスクトップPC部門3年連続1位」 ※出典-日経コンピュータ 2020年9月3日号より

PCケースとマザーボード・項目トップ

パソ兄さん HOME

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.