Inspiron 13zレビュー
DELLのInspiron 13zは、13.3インチワイドWLED光沢液晶搭載。超低電圧プロセッサー搭載で、省エネ&薄型軽量ノート。モバイルも据え置き用にも最適なモデル。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
デルパソコン使用レビュー

サイトマップ~DELLレビュー

セキュリティソフトの選び方 パソコンで英会話学ぶ

Inspiron 13z(1370)の後継機は、 Inspiron 13z(N301z)

  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 13z(1370)レビュー 項目
  4. 現在のページ

Inspiron 13zのパフォーマンス

今回レビューしているInspiron 13zの構成を明記しておきます。DELLではカスタマイズ注文できるので、パフォーマンスについては一例としてご参考にしてください。

OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU インテル Core 2 Solo SU3500
(1.4GHz, 3MB L2キャッシュ, 800MHz FSB)
メモリ 2GB (1GBx2) デュアルチャネル DDR3-SDRAM メモリ
グラフィック オンボードグラフィック GMA 4500MHD
HDD 250GB SATA HDD(5400回転)
液晶ディスプレイ 13.3インチ WXGA 光沢液晶ディスプレイ (1366x768)

Inspiron 13zはチップセットに、モバイル インテルGS45 Expressを採用。これは姉妹機のInspiron 11z(1110)と同様ですね。
そして超低電圧版のインテル Core 2 Solo SU3500を搭載しています。公称されている消費電力はたったの5.5W。通常版のCeleronやCore 2 Duoは35Wですから、非常に省エネです。ただし、Core 2 Solo SU3500はシングルコアなので、複数同時作業は得意ではありません。性能をもっと高くしたいなら、デュアルコアのCore 2 Duo搭載がお勧めです。

Inspiron 13zは、オンボードグラフィックにGMA 4500MHDを採用。GMA 4500MHDは、ブルーレイや地デジといったHDコンテンツ向けにグラフィック性能が強化されています。
しかし、実際に地デジパソコンとして使うにはInspiron 13zでは負担が大きすぎて実用的ではありません。

なお、2010年3月時点では、単体グラフィックであるNVIDIA GeForce G105M 512MBが搭載できるので、もっと高いグラフィック性能が期待できます。 メモリは最大6GBまで搭載できるので、今回紹介しているInspiron 13zは割と低スペック構成となります。予算に応じてカスタマイズしてみましょう。

ノートパソコン向けCPUで、TDP(熱設計電力)を比較
超低電圧版 Celeron 743 10W
Core 2 Duo SU9400 10W
Core 2 Solo SU3500 5.5W
省エネ版CPU Core 2 Duo P8700 25W
通常版CPU Celeron T3100 35W
Core 2 Duo T9550 35W
ミニノート向けCPU Atom N270、N280 2.5W

TDP(熱設計電力)において、インテルCPUの一例を挙げて比較してみましょう。
Inspiron 13zのようなCULVノートに搭載される超低電圧版CPUは、基本的に10W以下と理解してかまいません。今回のInspiron 13zが搭載するCore 2 Solo SU3500は5.5W。Core 2 Duo SU9400になると性能は上がりますが、消費電力は倍になります。

Windowsエクスペリエンス・インデックスのスコア

プロセッサ 3.4
メモリ 5.2
グラフィックス 3.5
ゲーム用
グラフィックス
4.6
プライマリ
ハードディスク
5.6
Inspiron 13z終了

今回のInspiron 13zにて、Windowsエクスペリエンス・インデックスのスコアをチェック。2008年ごろのエントリーノートに近い性能かと思われますが、現在のCore iシリーズ搭載のエントリーノートと比べると、見劣りは隠せません。

とくにCPU(プロセッサ)のスコアは、Inspiron 11z(1110)より高いものの、一般的なノートよりは低いです。超低電圧版のCore 2 Duoを搭載したなら、どれくらいのスコアになるのか、気になるところです。いずれも、インターネットや基本操作でストレスを感じることはありません。あくまで「地デジやHD動画編集には厳しいな」という感想です。

比較対象として、スタンダードなエントリーノート「Inspiron 1545」のスコアと比較してみましょう。ちなみに、これでもかなり低スペック構成となっています。

比較した、Inspiron 1545の構成(Celeron デュアルコア)
製品画像 Inspiron15レビュー
OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU インテル Celeron デュアルコアT3000
(1.8GHz, 1MB L2キャッシュ, 800MHz FSB)
メモリ 2GB (1GBx2) デュアルチャネル DDR2-SDRAM メモリ
グラフィック オンボードグラフィック GMA 4500MHD
HDD 250GB SATA HDD(5400回転)
液晶ディスプレイ 15.6インチワイド光沢液晶(1366x768)
Windowsエクスペリエンス・インデックスのスコア
プロセッサ 4.9
メモリ 5.0
グラフィックス 4.1
ゲーム用
グラフィックス
3.4
プライマリ
ハードディスク
5.5
Inspiron 1525 終了

Inspiron 13zのCore 2 Solo SU3500が3.4なのに対し、Inspiron 1545のCeleron デュアルコアT3000が4.9。グラフィックはInspiron 13zと同じGMA 4500MHDを採用していますが、トータルバランスの相乗効果のためか、こちらのほうがグラフィックスのスコアが高くなっています。

このようにCULVノートのInspiron 13zは、性能に関しては一般的なエントリーノートと同じ土俵とは言えません。前ページで「メインPCにも」といいましたが、あくまでネット&ビジネスユーザー限定の話です。Inspiron 13zの購入判断は、「モバイル性がどこまで重要か」というのがキーポイントです。

なお、DELL Inspiron 13zは2010年11月に販売終了しています。今の旬なDELLノートはこちら。パソ兄さんが注目しているこちらのノートをチェックしてみてください。↓

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

9万円以上購入なら ⇒ 【3000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7500ポイント付与の優待専用ページ】

※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

【レビュー機】モバイル&自宅使用のメインノートに!Inspiron 13z

デルのInspiron 13z価格は、DELLサイトで⇒Inspiron 13z終了
13.3インチワイドWLED光沢液晶。薄型で約1.8kgの軽量ノートです。超低電圧プロセッサーのCore 2シリーズを採用することで超省エネかつ、ミニノートよりずっと高性能です。
「パソコンは1台しか所有しないけど、モバイル性も自宅使用も重要だ」というユーザーへ!

【姉妹機】ミニノート並みのモバイル性!Inspiron 11z(1110)

モバイル性!Inspiron 11z価格は、DELLサイトで⇒Inspiron 11z(1110)終了
11.6インチワイドWLED光沢液晶。薄型で約1.4kgの軽量ノートです。超低電圧プロセッサーのCeleronを採用することで省エネかつ、ミニノートに迫るコンパクトさ。そしてミニノートより性能高し。光学ドライブは非搭載、Inspiron 13zより性能は落ちるので、完全にモバイル向け。

次は、Inspiron 13zで、どれくらいのことができるのか
Inspiron 13z (1370)レビュー項目一覧
納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る