Inspiron 13zレビュー
DELLのInspiron 13zは、13.3インチワイドWLED光沢液晶搭載。超低電圧プロセッサー搭載で、省エネ&薄型軽量ノート。モバイルも据え置き用にも最適なモデル。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
デルパソコン使用レビュー

サイトマップ~DELLレビュー

セキュリティソフトの選び方 パソコンで英会話学ぶ

Inspiron 13z(1370)の後継機は、 Inspiron 13z(N301z)

  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 13z(1370)レビュー 項目
  4. 現在のページ

Inspiron 13zで、どれくらいのことができるのか

具体的にInspiron 13zでどれくらいのことができるのか、チェックしてみました。
DELLでは構成を変えられるので、今回の構成のInspiron 11z(1110)であることをご理解ください。なお、チェックした構成は以下の通り。

OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU インテル Core 2 Solo SU3500
(1.4GHz, 3MB L2キャッシュ, 800MHz FSB)
メモリ 2GB (1GBx2) デュアルチャネル DDR3-SDRAM メモリ
グラフィック オンボードグラフィック GMA 4500MHD
HDD 250GB SATA HDD(5400回転)
液晶ディスプレイ 13.3インチ WXGA 光沢液晶ディスプレイ (1366x768)

Inspiron 13zで、HD動画を再生

Inspiron 13zで、HD動画を再生
性能チェックのため、マイクロソフトからダウンロードしたフルHD動画(1920×1080)を再生してみました。Inspiron Mini 10vではコマ落ちだらけでまともに再生できませんでしたが、Inspiron 13zでは非常に滑らかに再生できました。HDMI端子で24インチモニタに接続して、フルHD動画を再生してみました。問題なく、滑らかに再生しています。

ファイナルファンタジー11のベンチマークスコア


Inspiron 13zは、3Dゲームをやるようなモデルではありませんが、ライトなファイナルファンタジー11でどれくらいのスコアがでるのか試してみました。

テストしたInspiron 13zの構成
OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU インテル Core 2 Solo SU3500
(1.4GHz, 3MB L2キャッシュ, 800MHz FSB)
メモリ 2GB (1GBx2) デュアルチャネル DDR3-SDRAM メモリ
グラフィック オンボードグラフィック GMA 4500MHD
HDD 250GB SATA HDD(5400回転)
液晶ディスプレイ 13.3インチ WXGA 光沢液晶ディスプレイ (1366x768)
ファイナルファンタジー11 Official Benchmark3 スコア
High モード 1287
Low 1960
Inspiron 13z終了

Lowモードのスコアで見るなら、「デフォルト設定で問題なし」の結果です。

ちなみに姉妹機のInspiron 11z(1110)では以下の通り。

テストしたInspiron 11z(1110)の構成
製品画像 デルInspiron 11zの構成
OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU インテル Celeron 743
(1.3GHz, 1MB L2キャッシュ, 800MHz FSB)
メモリ 2GB DDR2-SDRAM メモリ
グラフィック オンボードグラフィック GMA 4500MHD
HDD 250GB SATA HDD(5400回転)
液晶ディスプレイ 11.6インチ WXGA 光沢液晶ディスプレイ(1366x768)
ファイナルファンタジー11 Official Benchmark3 スコア
High モード 1215
Low 1781
Inspiron 11z(1110)終了

若干ですが、Inspiron 13zより劣ります。

地デジパソコンには無理

地デジパソコンとして使えるかチェック
試しに、Inspiron 11z(1110)が地デジパソコンとして使えるかチェックしてみました。 バッファローの「ストリームテスト for 地デジ」で地デジ対応度をチェック。テスト内容はそれぞれ画質の違う写真が左から右へスクロールしていきます。滑らかに動いているか視認できますが、ソフトが判断してくれます。

Inspiron 13zが搭載するオンボードグラフィック「GMA 4500MHD」はHDコンテンツに対応できる性能と言われますが、超低電圧版Core 2 Soloがどこまで対応できるかにかかっています。

見やすく表にまとめてみます
結果はこのようになりました。見やすく表にまとめてみます。

モード 今回のInspiron 13z
DPモード
1440×1080
[地デジそのまま]
描写割合:59.43%
CPU負担:100%
HPモード
720×1080
[高解像度ハイビジョン]
描写割合:100%
CPU負担:78%
SP/LPモード
720×480
[DVD相当]
描写割合:99.97%
CPU負担:58%
LLPモード
352×480
[DVD以下の画質]
描写割合:100%
CPU負担:54%

地デジそのままの画質であるDPモードでは、CPU負担100%でも描写割合:59.43%で、コマ落ちが見られます。高解像度ハイビジョンのHPモードまで下げると、コマ落ちはなくなりましたが、CPU負担が78%と大きく、動作の安定は期待できません。
テレビ用に使うなら、画質調整ができる外付けチューナーを買い、DVDレベルの画質で視聴することになります。地デジそのままの画質で楽しむには、スペック不足となります。

なお、DELL Inspiron 13zは2010年11月に販売終了しています。今の旬なDELLノートはこちら。パソ兄さんが注目しているこちらのノートをチェックしてみてください。↓

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

9万円以上購入なら ⇒ 【3000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7500ポイント付与の優待専用ページ】

※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

次は、Inspiron 13z のサイズ
Inspiron 13z (1370)レビュー項目一覧
納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る