Inspiron 13z(N301z)レビュー
DELLユーザーのパソ兄さんが、グラフィックパフォーマンスに優れた13.3インチ光沢液晶モバイルノートのInspiron N301zをレビュー。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
デルパソコン使用レビュー

サイトマップ~DELLレビュー

セキュリティソフトの選び方 パソコンで英会話学ぶ

Inspiron 13z(N301z)の後継機! Inspiron 13z(N311z)レビュー(2011年8月発売・SandyBridge)

DELL XPS 13 Ultrabook(L322x)レビュー!(2012年10月発売・Ivy Bridge設計)

DELL XPS 13 Ultrabook (L321x)のレビュー!(2012年3月発売・SandyBridge設計)

  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 13z(N301z)レビュー 項目
  4. 現在のページ

DELL Inspiron 13z(N301z)のスペック

Inspiron N301z(NEW Inspiron 13z)のスペック
Inspiron 13z(N301z)のスペック指標として、まずWindows エクスペリエンスインデックスをチェックします。以下、今回購入したInspiron N301zの構成とスコアです。

Inspiron 13z(N301z)の構成
製品画像 Inspiron N301z(NEW Inspiron 13z)
OS Windows 7 Home Premium 64bit Win7
スコア
液晶ディスプレイ 13.3インチ WLED光沢液晶(1366x768)
プロセッサ インテル Core i3-330UM
(1.2GHz, 3MB L3キャッシュ)
4.1
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.1
グラフィックス ATI Mobility Radeon HD 5430 1GB 4.9
ゲーム用
グラフィックス
5.9
プライマリ
ハードディスク
320GB SATA HDD(5400回転) 5.9
Inspiron 13z(N301Z)終了

一番低いスコアはプロセッサのCore i3-330UMで、4.1です。超低電圧版で、しかも動作周波数が1.2GHzしかないのでこんなものでしょう。もしCore i5-430UM(1.2GHz)なら、ターボブーストによって1.73GHzまでクロックアップします。予算がある方やスコアの底上げを目指すなら、Core i3でなくCore i5を狙ってみてはいかがでしょう。

今回の構成でも、すべてのスコアが4以上あるのでWindows 7のすべての機能が快適に動作できるレベルです。

そして、目を見張るのがグラフィック系のスコア。2D処理が4.9、3D処理が5.9もあり、エントリーノートの水準以上です。通常の超低電圧ノートのものとは思えない高さです。単体グラフィックのATI Mobility Radeon HD 5430を搭載しているだけのことはあります。

それでは、前世代となる超低電圧ノートのスコアと比較してみましょう。

Inspiron 13zの構成
製品画像 デルInspiron13z
OS Windows 7 Home Premium 64bit Win7
スコア
液晶ディスプレイ 13.3インチ WXGA 光沢液晶(1366x768)
プロセッサ インテル Core 2 Solo SU3500
(1.4GHz, 3MB L2キャッシュ, 800MHz FSB)
3.4
メモリ 2GB (1GBx2) DDR3-SDRAM メモリ 5.2
グラフィックス オンボードグラフィック GMA 4500MHD 3.5
ゲーム用
グラフィックス
4.6
プライマリ
ハードディスク
250GB SATA HDD(5400回転) 5.6
Inspiron 13z終了

Inspiron 13z(N301z)の前機種とされるInspiron 13zの構成とスコア。 こちらはCore 2 Duo時代の超低電圧CPUで、Core 2 Solo SU3500を搭載。スコアはは4.0を超えることができず、3.4。グラフィックには内蔵グラフィックのGMA 4500MHDを採用しており、3.5と4.6。GMA 4500MHDは、ブルーレイなどHDコンテンツが扱えるグラフィックパフォーマンスですが、スコアはこんなものです。

続いて、もっと低スペックな超低電圧ノートと比較します。

Inspiron 11z(1110)の構成
製品画像 デルInspiron 11zの構成
OS Windows 7 Home Premium 64bit Win7
スコア
液晶ディスプレイ 11.6インチ WXGA 光沢液晶(1366x768)
プロセッサ インテル Celeron 743
(1.3GHz, 1MB L2キャッシュ, 800MHz FSB)
3.0
メモリ 2GB DDR2-SDRAM メモリ 4.9
グラフィックス オンボードグラフィック GMA 4500MHD 3.2
ゲーム用
グラフィックス
3.2
プライマリ
ハードディスク
250GB SATA HDD(5400回転) 5.6
Inspiron 11z(1110)終了

こちらはCore 2 Soloより下位の超低電圧版Celeron 743 を搭載で、スコアは3.0です。内蔵グラフィックにGMA 4500MHDを採用していますが、なぜか前例より低いスコアです。

超低電圧ノートはミニノートの後釜的な存在で、ミニノートの低スペックを解消すべく、登場したものです。できるだけ「ミニノートのような携帯性、性能はより高く」といった感じです。しかし、前世代の超低電圧ノートのスコアはこんなものです。(当然、Atomミニノートはもっと低い)。超低電圧版のCore i3/i5が登場してからは、これらの分野が楽しみになりそうです。

上記、3機種のスコアを並べてみます。

- Inspiron N301z
(NEW Inspiron 13z)
Inspiron 13z

Inspiron 11z(1110)

プロセッサ 4.1 3.4 3.0
メモリ 5.1 5.2 4.9
グラフィックス 4.9 3.5 3.2
ゲーム用
グラフィックス
5.9 4.6 3.2
プライマリ
ハードディスク
5.9 5.6 5.6

Inspiron N301z (NEW Inspiron 13z)はATI Mobility Radeon HD 5430を搭載しているので、グラフィックスコアがダントツです。

ちなみにCore i5-430M搭載のInspiron 15をエントリーノートとするなら、Inspiron N301z (NEW Inspiron 13z)はグラフィックスのスコアを上回っています。さすがにプロセッサのスコアは大差をつけられていますが、これは据え置きとモバイルとの差です。なお、比較したInspiron 15の構成とスコアは以下の通り。

Inspiron 15(Core i5モデル)の構成
製品画像 DELLのInspiron15
OS Windows 7 Home Premium 64bit Win7
スコア
液晶ディスプレイ 15.6インチ WLED光沢液晶(1366x768)
プロセッサ インテル Core i5-430M
(2.26GHz, 3MB L3キャッシュ)
6.7
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス
(500~766MHz)
4.5
ゲーム用
グラフィックス
5.2
プライマリ
ハードディスク
500GB SATA HDD(5400回転) 5.9
Inspiron 15終了

Inspiron 13z(N301z)は販売終了。現在のオススメDELLパソコンはこちら!

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

9万円以上購入なら ⇒ 【3000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7500ポイント付与の優待専用ページ】

※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

次は、Inspiron N301zのグラフィックパフォーマンス