納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド

Inspiron 530使用レビュー

DELLユーザーのパソ兄さんが、実際に製品に触れて解説します。
※当サイトは、DELLパソコンの購入をガイドする個人サイトです。
DELLパソコン使用レビューTOP
 
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. Inspiron 530

Inspiron 530について解説レビュー

当サイトでも人気のInspiron530
インテル Core 2 Duoプロセッサー搭載可能。ミニタワー型であっても光学ドライブ2台、ハードディスクを2台搭載することができる拡張性をもちます。ゲーム、マルチメディア、ホームオフィス用など幅広いニーズに対応。幅広いカスタマイズが可能です。

人気のInspiron530
NVIDIA GeForce(またはATI RADEON)のグラフィックカードと、2GBメモリを搭載しておけば、Windows Vistaが快適に操作できるだけではなく、動画編集やライトな3Dゲームを充分に楽しむことができます。インターネットだけにとどまらず、地デジを楽しむ、動画や写真を加工して楽しむなどのエンタテインメント志向があるユーザーにお勧めです。用途面や価格面からしてニーズが多く、当サイトでも人気を誇るデスクトップモデルです。
ただし、動画編集やグラフィック制作を専門に扱うとか、高度な3Dゲームをするなら、ややスペック不足です。電源も300Wしかないのでエンタテインメント仕様にはギリギリの容量で、NVIDIA GeForce 8800のような上級者向けのグラフィックカードは選択できません。そのような使用目的があるなら、コストパフォーマンス面も考慮してがXPS 420(現:XPS 430)がお勧めです。

Inspiron 530はわりと省スペース

 

DELLPCには、省スペース型としてInspiron 530sがあります。
しかし、Inspiron 530も拡張型でありながら、わりと省スペースです。高さや奥行きはInspiron 530sとほとんど同じで、正面幅がやや拡大するのみです(図を参照)。これはデスクトップパソコンでも小型の部類に入ります。

Inspiron 530の前面

シルバーカラーが基調ですがマット調と光沢のシルバーで組み合わせているので、のっぺりした感じはしません。
光学ドライブが2台搭載可能なので、5インチベイが2つあります。光学ドライブを2台搭載すれば、ディスクからディスクへの直接コピーができます。5インチベイの下(3段目)はシャッター式ドアになっており、つまみ部分を下ろすと3.5インチベイと前面端子が現れます。3.5インチベイには、19種類対応メディアカードリーダーやフロッピーディスクドライブをオプションで搭載することができます。
前面には標準でマイク・ヘッドフォン・USB端子×4があります。カスタマイズでIEEE1394の搭載も可能です。


縦長の黒い部分には、電源ボタンとブルーに光るLEDライトがあります。電源が入ったり、HDDが動作するとLEDが点灯点滅します。Inspiron530sでは、ここにマイク・ヘッドフォン・USB端子がありますが、Inspiron530にはありません。


Inspiron 530の側面
ホワイトのサイドパネルに、エンボス加工のDELLロゴと通気孔があります。

Inspiron 530の背面

見合ったモデルを選ぼう!
Inspiron 530で、グラフィックカードを搭載しない、光学ドライブもHDDも各1台でいいなら、拡張型の意味がありません。その場合はインターネット使用がメインとなりますので、省スペース型のInspiron530sがピッタリです。こちらもInspiron530と1位2位を争う人気です。
Inspiron530にはオンボード・グラフィック機能があるので、グラフィックカードを搭載しなくてもモニタと接続できます。しかしアナログのVGA接続になるので、グラフィックカードを搭載してDVI接続することをお勧めします。 パソコン内部を見るときはサイドパネルを開けることになりますが、ハンドスクリューネジなので簡単に開けることができます。ドライバーできつく締めない限りは、手で外すことができます。

端子(オンボード)の紹介

アナログ接続の「VGA」(別名:D-Sub15ピン)
DVI端子が主流となった今ではマイナーとなっています。液晶モニタへ出力されたアナログ信号は、A/D変換といってデジタル信号に変換されます。信号の経由は「デジタル信号→アナログ変換→デジタル信号」となるため、もとのデジタル信号のままの出力になりません。そこで歪みが生じ、DVIよりも画質が悪くなります。
USB
USB

外付けドライブやマウス、プリンターなど多くの周辺機器とつなぐことのできる端子です。単純にUSBと呼ばれていますが規格はUSB2.0で、480Mbps(1秒間に60MBの転送速度)と高速。。旧規格であるUSB1.1と互換性を持ちます。
パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応しています。
当然速度を出すには、つなぐ周辺機器がUSB2.0仕様でなければなりませんが、今売られている物はほとんどUSB2.0仕様です。昔のUSB1.1仕様の周辺機器をつなげたら速度はUSB1.1のままです。

LAN端子
LAN端子
インターネット接続、PC同士をネットワーク接続するポートです。このモデルは「100BASE-TX」で、Fast Ethernetと呼ばれる有線LANです。通信速度が100Mbps(1秒間に12.5MB)で、カテゴリ5というLANケーブルが必要です。 インターネット使用では充分ですが、自宅サーバーやPC同士で直結している環境では、データのやりとりが低速です。

多チャンネル対応のオーディオ端子
7.1chスピーカーに対応したオーディオ端子があります。端子の数は多いですが、分かりやすく色分けされています。
白い端子 サイド・スピーカー用
黒い端子 リア・スピーカー用
オレンジ色の端子 センター/サブウーハー用
緑の端子 フロント・スピーカー用
※通常のステレオ・スピーカーと接続する場合は、緑の端子のみを使う。
※5.1chスピーカーと接続する場合は、白い端子(サイド・スピーカ用)以外の3本と接続。水色の端子 ライン入力
※ミニコンポなどオーディオ家電と接続。ピンクの端子 マイク入力
※マイクと接続します。

グラフィックカードを搭載することで、デジタル出力が可能に!

▲グラフィックカードを搭載したパソコンの例グラフィックカード左の写真のようなグラフィックカードを搭載することで、グラフィック処理の性能が上がるだけでなく、液晶モニタへ接続する端子が追加されます。
たとえば、DVI端子やHDMI端子、デュアルモニタ用にDVI端子が2つ付いたものもあります。
端子の装備はグラフィックカードによって異なります。ただ、現在のグラフィックカードには必ずといっていいほど、デジタル出力のDVI端子は装備しています。

グラフィックカードを搭載したときのモニタ接続は、グラフィックカードに付いている端子と接続します。(この写真の場合、DVI端子が2つ付いていて、2つのモニタへ同時出力できるデュアルモニタに対応しています。)dvi
DVI端子 【Digital Visual Interface】
そのままデジタル信号を出力できるのでデータに劣化がありません。

DELLのキーボード

標準付属のキーボードと光学マウスは、良くも悪くもないというのが正直な印象です。店頭で1000円くらいで売っていそうな質感です。非常に軽いです。
キーボードの好みは人それぞれでしょうから、購入者全員が使うとは限りません。そのため商品売価を抑えるためキーボードのコストを抑えていると考えられます。
いくら高級感があっても、配列やサイズが気に入らず使わなかったら余計なコストになってしまいます。だから安いキーボードというのは合理的ですよね。
キーボードにこだわりのある人は別途購入するのがよいでしょう。パソ兄さん個人は使いやすいキーボードだと思います。年輩者に考慮したのでしょうか、ひらがなやアルファベットの印字が大きくてとても視認性がいいです。「大は小をかねる」と言ったところです。

また、フチが細くなっておりキー以外のスペースを削っています。パソコン起動中にキーボードを片手で持ち上げようとしたら、掴むところがありません。何だかキーを押してしまいそうなのが心配ですが、片手で持ち上げることはあまりないと思うので問題ないでしょう。

押した感じは、一般的なキーボードより「カチャカチャ音」が気になるといった具合です。スペースキーが短い感じがしますが、個人的には使いにくいとは思いませんでした。また、付属のキーボードやマウスは、お気に入りのものが見つかるまでの「つなぎ」で使えばいいので、あまりシビアにならなくていいと思います。

DELLのスタンダードマウス

手持ちのマウスを集合させてみました。一番左がミニマウスなので、DELLマウスは中サイズくらいです。

DELLのプレミアム・マウス

ちなみに+3150円で「プレミアム・マウス」にアップグレードできます。大きな特徴は左サイドにWeb閲覧用の「進む・戻るボタン」があります。正直あまり魅力はないので、少し予算を出してLogicoolのレーザーマウスを買った方がいいです。

DELLのサイトで、Inspiron 530をチェック!

とにかくCore 2 Duoプロセッサー搭載可能で、拡張性をもつInspiron530は魅力です。よほど上級者ユーザーでない限りは、多くのニーズとコストパフォーマンスに応えられる機種ですのでお勧めです。DELLサイトでチェックしてみよう!

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

パソ兄さんオススメの、DELLクーポンコード掲載はこちら!

こちらで掲載 ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年1/31(木)まで】
DELL直販でAlienwareモデル15万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さん経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】へ

納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る
 

パソコン購入のコツ
DELLパソコンのキャンペーン情報
パソコンパーツ知識・一覧
PCベンチマーク記録集をチェック

DELLデスクトップ型PCの
パソ兄さん使用レビュー

DELL液晶一体型PCレビュー

DELL15.6インチノート