DELL(デル)パソコン購入レビューDELLユーザーのパソ兄さんが、パソコン・パーツの選び方や基礎知識をまとめたコンテンツです。
保証対象外上等で、DELL Inspiron 580を改造したレポートです。
パソコン購入術のサイトマップ
dell,studio,xpsレビューコンテンツ
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. 電源ユニット知識の項目
  4. 現在ページ

電源ユニット換装レポート:DELL Inspiron 580

エントリー・ミニタワーInspiron 580のATX電源を高容量の電源と交換し、ハイエンドグラフィックカードのGeForce GTX 460を搭載します。高容量のATX電源を搭載すれば、エントリーモデルだって独自に高性能化が可能です。(実施日は2010年)

Inspiron 580の既存電源ユニットを外す

パソコン製品で「ローエンドモデル」と「ハイエンドモデル」の違いといえば性能の差です。本格的なゲームが出来るのか否かという決定的な違いがあります。でも、その性能の差を左右しているのは、はっきり言って搭載しているグラフィックカードの性能です。二の次のCPUは中間あたりのグレードでもわりと充分です。つまりハイエンド・グラフィックカードを搭載しちゃえば、一気にローエンド機が出世できます。

当然のことながら、Inspiron580では、補助電源のいるハイエンドグラフィックカードは搭載できません。電源容量が乏しいのです。だから電源も交換するのです。高容量のATX電源を搭載すれば、ハイエンドのグラフィックカードが搭載できるわけで、Inspiron 580だって高性能化が可能なんです。

※ご覧になって実践するつもりなら、DELLのサポートはなくなるので、ご理解しておいてください。

Inspiron 580の電源ユニットについて
メーカーパソコンのエントリーモデルでは、高級電源や高容量を採用することはないでしょう。

Inspiron 580/自作ユーザーにはうれしいATX電源
Inspiron 580はATX電源が採用されており、ビスを4本外し、既存の電源を取り外します。

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

Inspiron 580の既存電源をチェック

Inspiron 580の電源ユニット
Inspiron 580の電源ユニットは、特別、グレードの高い電源ユニットではないようです。「80PLUS」のような高級電源ではありません。むろん問題なく動いていますが。

Inspiron 580/電源ユニットは、家庭用コンセントの交流電気から直流電気へ変換
Inspiron 580ではトータル容量は300Wですが、「+12V」は最大18Aまでと記載されています。ワット数では216Wですね。しかも、+12Vが1系統しかないところが、ローエンドっぽいですね。エンタメで使うなら、ブルーレイ鑑賞や地デジパソコンぐらいの範疇ですね。本格ゲームは無駄無駄無駄無駄無駄・・・!!無理無理無理か!

Inspiron 580/メインコネクタ
Inspiron 580の24ピン メインコネクタ。マザーボード用供給です。

Inspiron 580/12Vコネクタ
Inspiron 580の12Vコネクタ。4ピンで、CPU用の電源供給。

Inspiron 580/SATA電源コネクタ
Inspiron 580のSATA電源コネクタは計4つ。SATA規格のHDDや光学ドライブ用です。

Inspiron 580/FDDコネクタ
Inspiron 580のFDDコネクタ。FDDはもはや搭載する余地はないので不要なコネクタです。PCI Express電源コネクタがないので、補助電源のいるグラフィックカードは搭載できません。ローエンドということもあり、最小限のコネクタ類と300Wと少なめの電源容量です。

肝心なPCI Express電源コネクタは当然のことながら、付いておりません。

市販の電源ユニット/CORE POWER 400Wと交換

Inspiron 580に搭載されていたものです。
右側、スチールカラーのがInspiron 580のATX電源ユニット。サイズは幅150×高さ86×奥行140mm。そして左側にあるCORE POWER 400Wと交換します。これでPCI Express電源コネクタが追加されるので、補助電源のいるグラフィックカードも搭載できるわけです。

背面のネジを4箇所とめます。
交換したATX電源ユニットを、背面からネジ4本でとめます。

マザーボードにコネクタを接続し、完了。
それぞれ、マザーボー等ドにコネクタを接続。

PCI Express電源コネクタ6pin×2を確保。
電源交換でPCI Express電源コネクタ6ピン×2を確保できました。補助に2ピンあるので、「8ピンが1つ、6ピンが1つ」でも対応できます。

インテル HDグラフィックス仕様
過剰すぎる出力ケーブルで、内部が騒がしい状態になってしまいました。400W電源ではまだ心許ないですが、動作は良好。

次はハイエンド・グラフィックカードを搭載していきます。エントリーパソコンは大概、グラフィックカード無しの購入ができますので、電源交換&独自のグラフィックカードの搭載を見込んだ購入もありですね。中途半端なグラフィックカードはかえって予算の無駄ですので。

GeForce GTX 460を採用
搭載するグラフィックカードはGeForce GTX 460。ローエンドのグラフィックカードなら補助電源がいらないので、そのまま取り付ければいいのですが、GeForce GTX 460ほどのメインストリームクラスになると、消費電力が高くなるので補助電源が必須になります。

補助電源が6pin×2つ
GeForce GTX 460に必要な補助電源コネクタは、PCI Express電源コネクタ6ピン×2つです。(ちなみに省エネ版では6pin×1でいいらしい)。消費電力は最大160Wとなっており、むろん、Inspiron 580の既存電源(300W)では対応できません。今回は実験的に400W電源で試しますが、通常版のGeForce GTX 460は500W以上の電源ユニットが推奨されており、400Wであれば省エネ版が推奨されています。

パソコンの電源出力を見る
搭載したCORE POWER2 400Wは「+12V」が2系統で、最大出力は各18A。総合で290Wなので何とかいけるでしょう。今回は実験なのでいいですが、実用として長時間ゲームをするのであれば、やはり500W以上の電源を搭載しておきましょう。

GeForce GTX 460のグラフィックカード
GeForce GTX 460のグラフィックカードに、補助電源であるPCI Express電源6ピン×2コネクタを装着。

GeForce GTX 460を搭載。
GeForce GTX 460をPCI Express×16スロットに搭載。

Inspiron 580のPCI拡張スロット
ブラケット部分をしっかり固定します。

Inspiron 580でも充分搭載できます。
GeForce GTX 460のグラフィックカードは大型な部類ですが、Inspiron 580でも充分搭載できます。搭載するパソコンの内部スペースも事前に確認しておきましょう。

PCIスロットにはまだ空きがあります。
ハイエンド系のグラフィックカードは、冷却ファンの厚みもあるため、2スロット分を占拠することがしばしば。ちなみにInspiron 580では、PCI Express×1スロットとPCIスロットにはまだ空きがあります。

DVI端子2つとMini HDMI端子を装備
Inspiron 580の背面を見たところ。GeForce GTX 460のグラフィックカードで2スロットを占拠していますね。DVI端子2つとMini HDMI端子を装備しています。後はGeForce GTX 460の製造元であるNVIDIAからドライバをダウンロードしてインストール。

ローエンド機のInspiron 580がハイエンド機に!前と比較

OS Windows 7 Home Premium 64bit Windows 7 エクスペリエンス インデックスのスコア
プロセッサ インテル Core i3-530
(2.93GHz, 4MB L3キャッシュ)
6.9
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
プライマリ
ハードディスク
320GB SATA HDD(7200回転) 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス(733MHz) 4.8
ゲーム用
グラフィックス
5.2

上記の構成がもともとの構成で、典型的なローエンド機です。インテル HDグラフィックスのときのグラフィックスコア(つまりグラフィックカード非搭載)は、グラフィックスが4.8,ゲーム用 グラフィックスが5.2でした。本格的なゲームにはスペックが足りません。

先述の通り電源を交換し、ハイエンドグラフィックカードを搭載したわけですが、Inspiron 580がどれくらいのパワーアップをしたかというと・・。

GeForce GTX 460 768MB DDR5を搭載したときのスコア
グラフィックス 独自にカスタマイズ搭載
GeForce GTX 460 768MB DDR5
(※ATX電源ユニットも交換)
7.5
ゲーム用
グラフィックス
7.5

GeForce GTX 460 768MB DDR5を搭載後、グラフィックパフォーマンスが著しくアップしています。ゲームのベンチマークテストでは以下のとおりの変化がありました。ケタ違いのスコアアップに笑ってしまいます。

モンスターハンター フロンティア オンラインベンチマーク第2弾【絆】

【解像度 1280×720】
GeForce GTX 460 768MB DDR5
スコア 12441
インテル HDグラフィックス
スコア 757

ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 9.0cでチェック

解像度 1280×720 (テストタイプAの結果)
GeForce GTX 460 768MB DDR5
90.3 fps RANK A
シーン1⇒100.1
シーン2⇒86.8
シーン3⇒82.6
インテル HDグラフィックス
7.3 fps RANK D
シーン1⇒6.5
シーン2⇒7.1
シーン3⇒8.5

ストリートファイター4のベンチマーク結果 設定解像度 1280×720

GeForce GTX 460 768MB DDR5
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。
スコア 21504
AVERAGE 199.39 FPS
インテル HDグラフィックス
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 6419
AVERAGE 17.44 FPS

ラストレムナントのベンチマーク結果 (設定解像度 1280×720)

GeForce GTX 460 768MB DDR5
Average FPS 133.58
インテル HDグラフィックス
Average FPS 12.22

デビル メイ クライ4のスコア(解像度 1280×720) DirectX 10でチェック

GeForce GTX 460 768MB DDR5
RANK S ⇒ すべての動作において快適に動作。
シーン1⇒223.46
シーン2⇒216.28
シーン3⇒270.79
シーン4⇒161.90
インテル HDグラフィックス
RANK D ⇒ 動作するのは難しい。
シーン1⇒18.35
シーン2⇒15.48
シーン3⇒22.64
シーン4⇒13.23

バイオハザード5のベンチマーク結果 解像度設定 1280×720

GeForce GTX 460 768MB DDR5
116.8 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作します。
エリア1⇒188.5
エリア2⇒99.3
エリア3⇒98.2
エリア4⇒105.3
インテル HDグラフィックス
13.6 fps RANK C ⇒ 動作が重く、プレイに支障あり。
エリア1⇒14.1
エリア2⇒13.9
エリア3⇒11.8
エリア4⇒14.7

ロスト プラネット エクストリームコンディションのベンチマーク
解像度 1280×720

GeForce GTX 460 768MB DDR5 Snowシーン⇒152 / Caveシーン⇒75
インテル HDグラフィックス Snowシーン⇒11 / Caveシーン⇒14

メーカーパソコンのローエンド機をハイエンド機に改造するのもなかなか楽しいです。ただし、メーカー保証から外れてしまうことも忘れずに。なお、交換したものグラフィックカードは取り外しました。実はただのお遊び工作でした。

電源ユニットの基礎知識・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.