DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスクトップ
  4. XPS 27 (2720)

DELL XPS 27 レビュー項目

DELLクーポン情報

【2019年9月17日(火)まで】
増税前のチャンス!6万円以上の購入でお得、17%オフクーポン!
ALIENWARE、Gノートほか一部のゲームPCがお得、20%オフクーポン!

【2019年9月30日(月)まで】
Core i5以上のCPU搭載DELL製品購入で、Amazonギフト券10,000円分が抽選で600名に当たる!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

パソ兄さんのレビュー内容は2013年6月時点であり、手元にあるXPS 27(2720)実機の現状レポートになります。DELLの仕様変更により異なる場合がありますので、最新情報はDELLサイトにてご確認ください。

Haswell設計、最強スペックの27インチ一体型PC!XPS 27 (XPS 2720)

2013年6月にXPS 27が発売されました。システムモデル名ではXPS 2720という製品です。同年6月に登場したHaswell設計で、第4世代インテルCore iシリーズを搭載する27インチ一体型パソコン。大画面というだけでなく、フルHD(1920×1080)を超える、クアッドHD解像度(2560×1440)を搭載した上級者モデルです。マルチタッチ対応であり、デュアルヒンジ関節式スタンドによって最大 60度の角度調整が可能です。

XPS 2720ことXPS 27~一体型DELLパソコン
これからレビューするXPS 27実機では、第4世代インテルCore i7-4770S プロセッサーを搭載しています。単体グラフィックにはNVIDIA GeFroce GT 750M 2GBを搭載しており、クリエイティブや本格ゲームにも使える高パフォーマンスです。アプリケーションのツールは大量に表示できるし、Wedの表示領域が広いので、作業の効率化が図れます。

XPS 27の特長と購入ポイント

今回レビューするXPS 27(2720)実機で特記すべき点を、以下で箇条書きにしました。ただし、現状レポートであり、販売時期によって仕様変更があります。購入される際はDELLサイトで相違点をご確認ください。

Haswell 設計について

Nehalem(第1世代Core iシリーズ)⇒SandyBridge(第2世代Core i~)⇒Ivy Bridge(第3世代Core i~)と来て、ついにHaswellで第4世代が来た。しかし、SandyBridge~Ivy Bridgeと続いてきたプラットフォームの刷新であり、前世代よりも著しい処理能力アップというわけではない。Haswell はCステートの拡張やパワーオプティマイザー、電圧レギュレーターのCPU統合など、低消費電力の技術がメインとなっている。どちらかというとウルトラブックなどバッテリー駆動時間の向上を目的としており、デスクトップユーザーにとっては大きな環境変化は望めない。

XPS One 27(2710)の後継機で、XPS 27(2720)

前機種XPS One 27から、後継機のXPS 27となるのですが、ちゃっかり一体型を表す「One」が消えています。システムモデル名でも「XPS One 2710⇒XPS 2720」であり、販売名と同様でOneが消えています。筐体自体は、XPS One 27タッチスクリーンモデルがベースのようで、デザインに変更はみられません。

※以下、システムモデル名である「2720」は省略します。XPS 27のみ表記になりますが、このコンテンツではXPS 2720のことを言っています。(今後、同名製品がでるとややこしくなるので、注意書きです。)

XPS 27のサイズと重量

高さ: 492.2 mm、幅: 664 mm、奥行き: 35.3mm(エッジ)、78.2 mm(シャーシ)
重量:12.8 kg(スタンドなし)、16.0 kg(スタンドを含む)

XPS 27のこんぽう
シンプルな同梱物。緩衝材など商品保護の梱包はしっかりしていますが、付属品は最小限でローコスト。内容はペラのクイックガイド、電源ケーブル、ユーティリティソフトなど。あとワイヤレスのキーボード&マウスの箱がありますが、これは後半で紹介します。

27インチ一体型PCXPS One 27 (2720)

今回レビュー対象にしている、XPS 27 (2720)実機スペック

2013年6月発売。27インチ一体型PC。多関節スタンドの10点認識タッチスクリーン装備。クアッドHD解像度(2560×1440)の広領域に27インチという大画面で、全面ガラス加工。Adobe RGB 99%を実現。HDMIによる映像入出力が可能。USB3.0×6つ、Thunderbolt端子装備。単体GPUにGeForce GT 750Mを搭載するため、クリエイティブ、本格3Dゲーム向け。Haswell設計で、省エネ版の第4世代Core i7-4770s搭載。(2013年6月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 64bit
液晶ディスプレイ 27インチ液晶 / クアッドHD解像度(2560×1440)
プロセッサ インテル Core i7-4770s (3.1GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
8.0
メモリ 16GB (8GBx2) DDR3-SDRAMメモリ (1600MHz) 8.0
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4600
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーによる自動切替)

GeForce GT 750M 2GB DDR5
(6.9)
ゲーム用グラフィックス (6.9)
プライマリハードディスク 2TB SATA HDD(7200回転)
+ サムスンSSD PM830 mSATA 32GB
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)仕様
5.9

XPS 27のデュアルヒンジ関節式スタンド

XPS 27では高さに影響を受けず、タッチ操作しやすいように角度調整ができます。それを実現しているのがデュアルヒンジ関節式スタンドです。つまり2つの関節を持つ多関節スタンドであり、最大60度も傾けられます。
この機構を利用して若干の高さ調整もできます。

XPS 27ユーザーレビュー
デュアルヒンジ関節式スタンドの可動域を側面からみる。これなら様々な姿勢でタッチ操作ができますね。実際に関節を動かしてみて、アームの安定感を確認できました。

XPS 27傾き具合
ここまで傾ける事ができる。

HaswellのXPS 27レビュー~ユーザーガイド
デュアルヒンジ関節式スタンドをよく観察。第一関節にケーブルを通す穴が空いており、複数ケーブルがあってもひとまとめできる。基本的に電源ケーブル1本の接続だけでいいので、設置性に優れている。27インチと大画面でサイズは大きいが、地面への設置面積はノートパソコンよりも小さい。

DELLXPS 27購入術
デュアルヒンジ関節式スタンドの内側部分。関節部分のある側面は金属製だが、強度に関係ない表裏の部分はプラスチック製。

DELL購入
上面から見たデュアルヒンジ関節式スタンドの様子。

上面と底面、背面デザイン

XPS 27のカメラカバー
上面にはカメラカバーのスライド式ボタン。その左右にある2つの小さな穴はマイクを内蔵。

XPS 27の台座
台座の裏側。滑り止めが4点取り付けられている。シルバーのパンチングのところにはInfinityプレミアムステレオスピーカを内蔵。Waves MaxxAudio 4のオーディオ処理によって臨場感のあるサウンドを実現。ノートパソコンの内蔵スピーカーよりも全然いいので、このスピーカで映画を充分楽しめます。

UnifyingマークがあるXPS 27のレシーバ
付属していたワイヤレスキーボード&ワイヤレスマウスの兼用レシーバが、底面左側のカバーの中にUSB接続されていた。ここのUSB端子はDELLサイトのスペック表記には記載されていない。
DELLロゴがあるものの、Unifyingマークがはいっているので、付属していたのはロジクール製のワイヤレスキーボード&ワイヤレスマウスだとわかる。ロジクール製に限られるが、このレシーバ1つで最大6台までの対応機器が接続できる。

DELLロゴを配置するXPS 27
XPS 27の背面にメッキ加工のDELLロゴを配置。上部に一直線の排気口がみえる。

XPS 27のインターフェース~PCに新たな端子、Thunderboltを装備!

Thunderbolt端子を装備するXPS 27
XPS 27背面には、「USB3.0×4つ、Thunderbolt端子、ギガビットイーサネットLAN端子、HDMIの入力端子と出力端子」を装備する。

Thunderbolt端子は10Gbpsの転送速度であり、5GbpsのUSB3.0よりも理論値では2倍速い。対応周辺機器はまだ割高ですが、今後のPC環境を変えていく新インターフェースとなるでしょう。

XPS 27のUSB3.0×2、8規格対応カードスロット
左側面にはヘッドフォンとマイク端子、USB3.0×2、8規格対応カードスロットを装備。

8規格対応カード

SDXC(SD3.0)、セキュアデジタル(SD)、マルチメディアカード(MMC)、メモリスティック(MS)、メモリスティックプロ、xDピクチャカード、Hi Speed SD、Hi Capacity SD)

XPS 27のHDDライト
右側面では「電源ボタン、HDDアクセスライト、スロットイン式の光学ドライブ」を装備。レビュー時点では光学ドライブにDVDスーパーマルチドライブほか、 Blu-rayコンボ ドライブが搭載できる。
HDDアクセスライトは場所的に見やすくはないので、必要に応じて確認するといった使い方になるでしょう。

USB3.0

USB 3.0 端子

USB3.0は理論値5Gbps(625MB/s)の転送速度。理論上、USB2.0の10倍近くの速度で、SuperSpeed USBと呼ばれる。
パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 3.0端子から供給できる電力は900mA(USB2.0の1.8倍)。 最大伝送距離は3mとされる。USB1.1/2.0と区別しやすいようにコネクタ部分が青色であることが多い。USB1.1/2.0と互換性を持つが、USB 3.0の速度を出すにはUSB 3.0対応機器が必要。

USBケーブルもUSB3.0仕様
Aコネクタ形状はUSB2.0と共通。しかしBコネクタの形状は異なるので、USB2.0対応機器にUSB3.0のBコネクタを接続することはできない。
Thunderbolt

Thunderbolt 端子

Thunderbolt は、双方向(上りと下り)で10Gbps(1.25GB/s)の転送速度。全二重通信。USB3.0よりも2倍の転送速度を持つ。コネクタの形状はモニタ出力でも使われるMini DisplayPortである。Thunderbolt はインテルがアップルと共同開発したもので、データ転送PCI Expressと、映像出力Displayportの技術が使われている。

Thunderbolt 端子から供給できる電力は10W(銅線ケーブルの場合)。1端子で周辺機器を最大6台までデイジーチェーン接続できる。(例えば、PC ⇒ モニタ ⇒ 外付けHDD ⇒ 外付けHDDといった数珠つなぎになる。PCから分岐する必要がない。)

最大伝送距離は銅線ケーブルで3mとされる。※光ファイバー(Optical Thunderbolt ケーブル )で接続すれば、給電能力と最大伝送距離が向上する。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月17日(火)まで】
増税前のチャンス!6万円以上の購入でお得、17%オフクーポン!
ALIENWARE、Gノートほか一部のゲームPCがお得、20%オフクーポン!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)開始~予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.