DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスクトップ
  4. XPS 27 (2720)
  5. 現在

XPS 27のワイヤレスキーボードとマウス(Unifying対応)

XPS 27に同梱されていたワイヤレスキーボードとマウスを紹介。ここの情報は2013年6月時点であり、手元にあるXPS 27の実機現状ですので、購入時にはDELLサイトでご確認ください。

KM714(Tangerineワイヤレスキーボード)~Unifying対応

XPS 27に標準付属している、KM714(Tangerineワイヤレスキーボード)とTangerineワイヤレスマウス。
裏面にUnifyingマークが入っているので、ロジクール製のOEM品ということが判断できます。
DELLサイトで書かれている「Tangerine (タンジェリン:濃い橙色、赤橙色)」は何を意味しているのか分かりません。たぶんUnifyingマークがタンジェリンカラーだから、Unifying対応品ということなのでしょう。(推測)

DELL KM714
キーボードとマウスがセットで梱包されています。単三電池4本も一緒に同梱。

XPS 27のKM714
XPS 27の本体サイズとは対照的に、コンパクトなワイヤレスキーボード。タッチ操作がメインとなるので、キーボードの存在感を抑えたかったのだろうか?表面は金属プレートなのでしっかりした造りです。

アイソレーションキーボードを採用
すでに主流となったアイソレーションキーボードを採用。カーソルキーが小さい、デスクトップ用としては浅めのキーストロークなど、操作性は17.3インチノートとほとんど変わらない。Inspironシリーズのキーボードよりも作りは上級ですが、本格的なグラフィックデザインに向くキーボードではない。やはりDELLとしてはスクリーン・タッチを押しているのでしょうか。

左側-KM714(Tangerineワイヤレスキーボード)
キー配列。Fnキーと同時押しで機能するボタン(水色)では、Windows 8向けに刷新されており、共有やデバイスのボタンが追加されている。ほかは音量や輝度の調節ボタンが並ぶ。

右側-KM714(Tangerineワイヤレスキーボード)
ファンクションキーやカーソルキーは小さく、ほとんどタイピング感は17.3インチ・ノートパソコン。デスクトップ用としてはDeleteやpg upなど変則的な配置になっています。用途が初歩的でエントリータイプの一体型パソコンであれば、これでもいいのですが、グラフィックデザインやゲームをやるようであれば、そぐわないでしょう。

XPS 27のバッテリーランプ
隆起しているスタンドの端に電源スイッチがあり、表面右上にあるバッテリーランプで確認できます。

XPS 27にUnifyingマークとロジクールのロゴ
折りたたみ式のチルトスタンドではなく、すでに勾配のある傾斜デザイン。隆起しているスタンド部分に単三電池2本をセットします。なお、裏面にはUnifyingマークとロジクールのロゴが印字されています。
これだけでロジクール製と断言はできませんが、ロジクール独自規格のUnifyingがあるので、対応のロジクール製品と無線接続できることは確かです。

km714重量
電池込みでの重量が554g。

Tangerineワイヤレスマウス(レーザーマウス)~Unifying対応

XPS 27のTangerineワイヤレスマウス
XPS 27に付属していたTangerineワイヤレスマウスを紹介します。通常機能に加え、ブラウザの「戻る・進む」、ホイールに左右のスクロール機能が付いた多機能マウス。DELLマウスとしてこのデザインは2013年6月時点で初めてお目にかかりました。

DELLマウスに多くみられる非人間工学
「戻る・進む」のボタンは左右側面に付いていますが、DELLマウスに多くみられ、相変わらずこれは操作しにくい。たぶん親指と小指でそれぞれクリックするのでしょうが、人間工学を無視したような配置です。(そろそろ改善を望む)

XPS 27のマウスを持った感想
長方形のデザインですが、お尻がふっくらしており、わりと手に馴染む。シルバーラインより下の側面にはソフトラバー(もしくはシリコン・コーティング)がされており、グリップ感があります。

Tangerineワイヤレスマウスサイズ
ELECOMがLLサイズ(縦幅125mm)と呼ぶマウスと並べてみました。Tangerineワイヤレスマウスは手が大きめのユーザーでも使いやすいサイズであり、つまみ持ちするタイプではありません。重量は電池込みで116g。軽すぎず、重すぎずといったところ。

XPS 27のマスは単三電池2本で動く
カバーは磁石でひっついており、ドライバなしで開けられます。搭載するのは単三電池2本。ちなみにキーボード用と合わせて単三電池4本が一緒に同梱されています。クリックボタンには、押し応えで定評のオムロン製スイッチが採用されていました。ロジクール製マウスでも多々採用されていますね。

電源ボタンはLED点灯するXPS 27
裏面にはUnifyingマークとロジクールのロゴが印字されています。やはりロジクール製でしょう。センサーライトが光らないので、これはレーザーマウスです。電源ボタンがあるので節電が可能です。電源ボタンはLED点灯するのですが光が弱く、明るい部屋では認識しづらいです。

Unifying製品の同期

XPS 27ではUnifyingがインストール
キーボードとマウスはXPS 27の股下に収納出来ます。また、すでにUnifyingがインストールされているので、Unifyingレシーバ1つで、最大6台までロジクール対応製品が無線接続できます。

UnifyingマークがあるXPS 27のレシーバ
Unifyingレシーバは、XPS 27の底面左側にある隠れUSB端子に接続されています。計6個あるUSB3.0端子を使わなくて済みます。

Unfying対応製品
自宅にあったUnfying対応製品。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年6月17日(月)まで】
DELL Gシリーズ、Inspiron 13 5000シリーズがお得!最大17%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、Everydayクーポンで最大34%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.