DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. XPS One 27 (2710)

DELL XPS One 27 レビュー項目(XPS One 2710)

XPS One 27 (2710) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

2012年7月時点のレビュー情報

大画面27インチ、超高解像度の一体型パソコンのDELL XPS One 27登場!

大画面27インチで、クアッドHD解像度の液晶一体型パソコンXPS One 27が、2012年5月に発売されました。当サイト:納得パソコン購入術!パソ兄さんでは、XPS One 27実機レビューを公開します。
レビュー前半はXPS One 27非タッチスクリーンモデル、レビュー後半は後期に発売されたタッチスクリーンモデルを紹介します。

GeForce GT 640M搭載のXPS One 27

クアッドHD解像度とは2560×1440であり、あのフルHD解像度(1920×1080)を超える解像度です。27インチという大画面にクアッドHD解像度の広領域で作業が堪能できます。アプリケーションのツールは大量に表示できるし、Wedの表示領域が広いので、作業の効率化が図れます。

XPS One 27のプラットフォーム

XPS One 27(XPS One 2710)はIvy Bridge設計。チップセットはH77 Expressを採用。第3世代インテルCore i5 /i7が搭載可能。2012年7月レビュー時点では、単体GPUにGeForce GT 640Mを搭載しており、ゲームPCやHD動画編集マシンとしても使える性能です。

なお、このレビューのXPS One 27とは、システムモデル名ではXPS One 2710という製品であり、手元にある実機レビューとなります。また情報は2012年7月時点となります。DELLの仕様変更により異なる場合がありますので、ご理解の上どうぞ。

XPS One 27は、グラフィックデザイナーやゲームユーザーのニーズに応えられる仕様で、さらに設置がしやすい極めてワイヤレス環境という一体型の恩恵が受けられます。一般的に、一体型パソコンはグラフィック性能をはじめ総合的な性能面でロースペックが多いですが、このXPS One 27は一体型らしからぬ高性能。

もうひとつの特長は、HDMI端子に「入力用と出力用」を装備しているところです。つまり、XPS One 27をPC本体とし、別のモニタへの出力が可能。さらにXPS One 27を単なる27インチモニタとして使うことができます。別PCや家庭ゲーム機、ブルーレイ・DVDプレイヤを接続して27インチ大画面を楽しめます。一体型パソコンに多いデメリットといえば 「やっぱり、PCとモニタをセパレートにしておけば良かった」なんてことがあるのですが、XPS One 27ではそんなデメリットはありません。USB3.0端子を計6つも装備するので、大容量データをバックアップするユーザーにも最適です。

XPS One 27の付属キーボード
ワイヤレスキーボード&マウス、無線LAN・Bluetoothが標準搭載なので、ケーブルは電源ケーブルのみの極めてシンプルな設置ができます。ちなみにワイヤレスキーボードは、ちょっとばかりグレードの高い印象を受けました。ワイヤレスキーボードはXPS One 27の股下に収納できるので、パソコンを使わないときは机の上を広々と使うことができます。

XPS One 27は大画面だが、地面の設置スペースは僅かで済む

購入レビューXPS One 27
XPS One 27を持ち抱えたときの様子と、17.3インチノート(DELL XPS 17 / L702x)を並べたときの様子。
地面の設置面積で比較すると、17.3インチノートよりも少ないスペースで設置できます。

XPS One 27のサイズは幅664mm、高さ493mm、スタンド部分は240mmの正方形。重量は約16kgあるので、持ち運ぶときは結構ズッシリした重みを感じます。ちょっとばかし気合を入れてからの運搬です。ワイヤレス環境を整えれば、電源ケーブルのみ接続でいいので、重さは別として設置場所の移動は楽です。

XPS One 27のインターフェースと側面デザイン

XPS One 27の側面ごとに装備インターフェースを紹介します。USB3.0端子を計6つも装備するので、大容量データをバックアップするユーザーにも最適です。「出力用と入力用」のHDMI端子を装備しているところもお勧めポイントです。

背面~入力用のHDMI端子があるので単体モニタにもなるXPS One 27

単体モニタにもなるXPS One 27をとくと見よ
XPS One 27背面パネルの素材はポリカーボネート(工業用プラスチック)。スタンドのケーブルホールで、ケーブルをひとまとめに出来ます。

XPS One 27の排気口を配置
上部にはワイドな排気口を配置。下部から吸気して上部へ排気されるエアーフローです。そしてDELLロゴが配置されています。

装備するXPS One 27の端子
次は背面端子。

出力用と入力用のHDMI端子を装備するXPS One 27
背面に装備するインターフェースは、左からセキュリティケーブルスロット、S/P DIF(デジタル音声出力)装備。
そして出力用と入力用のHDMI端子を装備しているので、別のモニタへの映像出力ができるし、別のPCやデジタル映像家電の液晶モニタとして使うことができます。27インチの単体モニタとして使うことができるので、応用力が高いです。中央には電源コネクタがあり、その右側では「ギガビットイーサLAN、USB3.0端子 ×4つを装備。

DELLのサービスタグ・エクスプレスサービスコード
背面端子エリアの下には、Windowsライセンスラベルとサービスタグ・エクスプレスサービスコードのラベルが貼付されています。サービスタグ・エクスプレスサービスコードはいわばDELLの保証書のようなもの。サポートを受けるときには番号を告げる必要があります。所有しているXPS One 27の仕様等は登録済みなので、サポートで事前説明の手間が省けます。

左側面~USB3.0端子×2つはスリープチャージ対応

XPS One 27の8規格対応メディアカードスロット
XPS One 27左側面では、「マイク / ヘッドフォン端子、USB3.0端子×2つ、8規格対応メディアカードスロット」を装備。

※DELLサイトによるとここのUSB3.0端子×2つは、スリープチャージ対応とあります。たぶん、Power Share USBのことを言っているのだと思います。それであれば電源OFF時でも、USB経由でケータイなどの端末機が充電できます。Power Share USBであれば、稲妻マークが印字されるのですが、レビュー実機では印字がないです。しかも、本機を手放した後なので、Power Share USBの機能を確認しておりません。

XPS One 27の可動域を写真で確認
傾斜角度(チルト機能)は-5~20度。通常の使用であれば支障のない可動域。

右側面~スロットイン式光学ドライブ搭載

XPS One 27ではLEDライト付きの電源ボタンを配置
右側面ではスロットイン式の光学ドライブ、LEDライト付きの電源ボタンを配置。HDDアクセスライトがありますが、これは場所的に見づらい。気になった時に覗きこむ使い方になります。

トレイを引き出す手間が省けるスロットイン式光学ドライブ
スロットイン式ドライブは、トレイを引き出す手間が省けるのでアクセスが速いです。

底面~Infinity Premium製スピーカ搭載、ウーファー内蔵の2.1chサウンド

Infinity社製のスピーカ内蔵のXPS One 27
XPS One 27の底面に、アメリカ Infinity社製のスピーカ内蔵。最近、めっぽう聞かなくなったオーディオメーカーですが、なかなかシブいメーカーを採用していますね。アメリカではまだまだメジャーなんでしょうかね。

12Wのウーファと20Wのツイーターを内蔵底面のメッシュからスピーカが見えます。12Wのウーファと20Wのツイーターを内蔵した2.1chサウンド構成です。

サウンドコントローラにWaves MaxxAudio 4搭載のIntel ハイフィニッション・オーディオを採用。Waves(Waves Audio社)はイスラエルの音響デジタル技術メーカーで、オーディオのデジタル処理技術に長けています。
MaxxAudioでは内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでも、デジタル処理で効果的なサウンドを展開。特に効果音のクオリティが定評でゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。

Infinity社製スピーカの効果か、Waves MaxxAudio 4の効果か、素人の判断では何とも言いようがないのですが、臨場感ある2.1chサウンドであることはよくわかるので、一体型パソコンのスピーカーとしてはかなり満足度が高いです。

隠しUSB端子があるXPS One 27
XPS One 27の底面にて、ふと、隠しUSB端子を発見しました。DELLサイトにも仕様もニュアルにも載っていなかった仕様です。ここには、ワイヤレスキーボードのレシーバが接続されていました。これで背面や左側面にあるUSB3.0端子が1つ塞がるリスクがなくなりました。

なお、ビス止めが見えますが、ここから背面パネルを外すことができ、内部にアクセスすることができます。DELLサイトからオーナーズマニュアルをダウンロードすると、かなり込み入った分解方法まで掲載されています。保証が受けられなくなるので開封はお勧めしませんが、玄人ユーザーにはありがたいサポートです。

XPS One 27のスタンドを詳しく

スタンド部分を詳しくチェックして行きましょう。金属製ですがおそらくステンレス・スチールかと思われます。さすがに27インチディスプレイを支えていることだけはあって、強固な造りです。

シンプルデザインのパソコンスタンド
シルバーカラーで統一したシンプルデザイン。

中央の円盤には滑り止めのゴムついたXPS One 27
スタンドの裏面をみると、中央の円盤には滑り止めのゴムがついていて、その外側にには滑るようにフェルト生地が4つ付いています。これで回転(スイベル機能)できそうなんですが、できない。仕様マニュアルでは回転角度0~360度とありますが、日本出荷向けでは割愛したんでしょうかね?

XPS One 27 (2710) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.