DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. XPS 8700

DELL XPS 8700のレビュー項目

このXPS 8700のレビューは2013年7月時点のものです。販売時期によって選択できる構成は変わりますので、最新情報はDELLサイトにてアクセスしてください。

本格3Dゲームや動画編集をミニタワーで楽しむなら、DELL XPS 8700!

2013年6月にXPS 8700が発売されたので、レビュー紹介します。2013年の最新であるHaswell 設計で、第4世代Core i7が搭載可能のミドルレンジ・モデル。程良い拡張性と設置性と、高性能パフォーマンスで人気のミニタワー型です。本格的な3DゲームやHD動画編集を目的としたユーザーにお勧めします。

XPS 8700のレビュー写真
XPS 8700は、前世代の設計だったIvy Bridgeの刷新版であるHaswell設計が採用されています。時代はついに第4世代インテルCore iシリーズへ突入です。今回レビューするXPS 8700には「Core i7-4770」を搭載しています。グラフィックカードはNVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5 。本格的な3DゲームやHD動画編集に充分対応できるスペックです。高速インターフェースのUSB 3.0端子を6つも装備しており、快適なパソコンライフが楽しめます。

チップセットはインテル Z87 Express

XPS 8700が採用しているチップセットZ87では、USB 3.0端子を最大6つサポートしています。よってXPS 8700では計6つのUSB3.0を装備しています。(前機種のXPS 8500はチップセットの都合があり4つまでだった。)

なお、このXPS 8700レビュー機ではISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応にしてあり、HDDのキャシュ用に別途32GB mSATA SSDを搭載しています。

DELLパソコンXPS8700

今回レビューする、XPS 8700の構成

Haswell設計で、第4世代Core i7 / i5が搭載可能(チップセットZ87)。HDD2ベイと光学ドライブ2ベイの拡張性。460WのATX電源搭載。最大32GBメモリ、グラフィックカードはGeForce GTX 660などが搭載可能。USB 3.0端子6つ、USB 2.0端子4つ装備。7.1chサウンド出力に対応。 (2013年7月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 64bit
プロセッサ インテル Core i7-4770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
8.1
メモリ 16GB (4GB × 4)DDR3 メモリ(1600Mhz) 8.1
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5 7.8
ゲーム用グラフィックス 7.8
プライマリハードディスク 2TB SATA HDD(7200回転) + 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9
2013年7月27日調査時点で確認した、搭載可能パーツ ※販売時期で変更あり
CPU Core i5-4430 、Core i7-4770
GPU Radeon HD7570、
GeForce GTX 645 、GeForce GTX 650 Ti 、GeForce GTX 660
メモリ 8GB DDR3 メモリ(1600Mhz) 、16GB 、32GB
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転・6Gb/s) 、 2TB HDD、
32GB SSD + 2TB HDD、 256GB SSD + 3TB HDD、
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ、ブルーレイコンボドライブ

DELLクーポン情報 【2018年11月12日(月)まで】

DELL Inspironシリーズのデスクトップ・一体型PCがお買い得、18%オフクーポン

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

Haswell 設計について

Nehalem(第1世代Core iシリーズ)⇒SandyBridge(第2世代)⇒Ivy Bridge(第3世代)と来て、ついにHaswell設計の登場です!第4世代Core iシリーズです。SandyBridgeから続いてきたプラットフォームの刷新であり、前世代のIvy Bridgeよりも著しい処理能力アップというわけではないです。Haswell 設計はCステートの拡張やパワーオプティマイザー、電圧レギュレーターのCPU統合など、低消費電力の技術がメインとなっています。このテクノロジーは、どちらかというとウルトラブックなどバッテリー駆動時間の向上を目的としており、デスクトップユーザーにとっては、前世代よりも劇的な処理能力アップは期待出来ません。

XPS 8700のデザインと装備端子

XPS 8700の側面ごとのデザインと装備している端子を紹介します。見たところ前機種であるXPS 8500と筐体デザインが変わっていません。2009年に発売したXPS 8000の流れを継承しています。

XPS 8700購入ガイド
XPS 8700右側面のデザイン。XPSのロゴがプレスされています。

XPS 8700のデザインとグラフィックカード
XPS 8700左側面のデザイン。左下にグラフィックカード用の吸気口が設けられており、また、XPSのロゴがプレスされているのが確認できます。

XPS 8700の前面デザインと装備端子

XPS 8700のフロントパネルは光沢処理がされています。前面にはメディアカードスロット、USB3.0端子×2つを装備しています。

XPS 8700のメディアカードスロット
最上部にはメディアカードスロットを配置しており、その一番右側にはHDDライトを装備しています。このHDDライトは、ちょっとサイズが控えめではないかと思いますが、とにかくメディアカードスロットのライトと勘違いしないように注意しましょう。

このメディアカードスロットは19規格に対応しています。(CFタイプI、CFタイプII、マイクロドライブ、Mini SD、MMC、MMCモバイル、MMCプラス、MS、MS Pro、MS Pro Duo、MS Duo、MS Pro-HG、RS-MMC、SD、SDHCクラス2、SDHCクラス4、SDHCクラス6、SM、xD)

流線型がアクセントになったデザインのXPS 8700
ただの長方形デザインではなく、流線型がアクセントになったデザイン。トリムと呼ばれる縁部分はメッキ加工されています。

XPS 8700の光学ドライブベイ
光学ドライブベイは上下2段で、2基装備しています。イジェクトボタンは右にある縦長のボタンです。

XPS 8700のドライブ
光学ドライブの重要性は昔と比べて低くなっていますが、5.25インチマウンタを使って3.5インチドライブを搭載するなど、応用スペースにも使えます。(保証のない独自のカスタマイズとなりますが。)

USB3.0端子
XPS 8700の前面にUSB3.0端子を2基装備しています。ダイレクトにアクセスできるので便利。

DELL XPS 8700ロゴ
前面の中央より下は、メッキ加工されたDELLロゴならびに、吸気口を配置しています。吸気口のメッシュはハニカムデザイン(六角形)。前面吸気口の縁周りにはメッキ加工が施してあり、鏡面となっています。なお、Waves Audio Ltd.のサウンドシステムに対応しているため、そのロゴが印字されています。

XPS 8700の天井~メディアトレイ

XPS 8700の天井の手前右に電源ボタンを装備しています。円形に凹んでおり指先に馴染むので、手触りだけでも電源ボタンの場所が分かります。起動時はLEDが白、スリープ時はオレンジ色に点灯します。

電源ボタン位置-XPS 8700
そしてXPS 8700のおすすめポイントでもある「メディアトレイ」。少し窪んだエリアになっており、USB対応機器など小型のデジタル機器が置けます。側にUSB2.0端子を装備しているので、アクセスしやすい配置になっています。

XPS 8700のメディアトレイの使い方
ケータイ電話をUSB経由で充電したり、SDカードやUSBメモリのような小物を置くスペースとなります。ただ、残念なのは、3.5インチの外付けHDDを置くにはやや狭いことです。USBコネクタのリーチがあるので、外付けHDDがメディアトレイからはみ出してしまいます。

パソコンの電源OFFでも充電可能な、Power Share USB

XPS 8700のメディアトレイには2つのUSB2.0端子を装備していますが、左側の稲妻マークが印字されている方はPowerShare USB仕様です。

XPS 8700に装備するPower Share USB
Power Share USB対応では、パソコンの電源が入っていなくても周辺機器を充電することができます。携帯電話やオーディオプレイヤーなどUSB経由で充電をする機会が増えた現在では、便利な機能です。

ただし、外付けHDDの接続ではPC電源を切ってもドライブが動いたままになるので要注意。
Power Share USBが不要であれば、BIOSにて休止設定をすればよいです。また、機能しないならBIOS設定で機能オフになっている可能性があります。

XPS 8700の背面と装備端子

パソコン購入ガイドXPS 8700編
XPS 8700の背面を確認しましょう。

DELLXPS 8700のリフトポイント
背面上部にはリフトポイントという窪みがあって、持ち運ぶときに掴むポイントとなります。

XPS 8700の背面デザインと電源
上部に460WのATX電源ユニットを搭載。PCケースには9センチ角ファンを搭載。拡張スロットは4スロットあり、PCI Express × 16が1つ、PCI Express × 1が2つ、PCI Express × 4が1つ装備されています。

今回、XPS 8700に搭載させているグラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 660」は厚みがあるため、2スロット分を占有しています。搭載したNVIDIA GeForce GTX 660では、「DVI-DとDVI-I端子、HDMI端子 、Display Port端子」が実装されていました。

USB3.0端子が4つ装備するXPS 8700
XPS 8700の背面に装備する端子では、「USB2.0端子が2つ、USB3.0端子が4つ、ギガビットイーサーLAN端子、7.1chサウンド出力端子(アナログ)」を装備しています。

XPS 8700のHDMIとDisplayPort端子
モニタ出力のオンボード端子には、HDMIとDisplayPort端子を装備していますが、今回のXPS 8700にはNVIDIA GeForce GTX 660を搭載しているため、ここは使用しません。また、アナログのVGA端子はなく、時代は淘汰の方向へ向かっています。

XPS 8700装備端子の基礎知識

XPS 8700では、USB2.0とUSB3.0の両方の端子を持ち合わせています。この端子の特長を解説しておきます。基礎知識が曖昧な方は一読あれ。

USB 端子のバージョン

USB 端子のバージョンについて

USB(Universal Serial Bus)は、周辺機器を接続するためのシリアルバス規格。
USB 端子にはバージョンがあるが、互換性があるので特に気にしなくても使える。ただし、スピードや機能に関しては後方互換となる。(古いバージョンは新しいバージョンの機能が使えない。その逆は問題ない。)

  • USB1.0 / Low-Speed = 1.5Mbps (0.1875 MB/s)
  • USB1.1 / Full-Speed = 12Mbps (1.5 MB/s)
  • USB2.0 / High-Speed = 480Mbps (60 MB/s)
  • USB3.0 / SuperSpeed = 5Gbps (625MB/s)

XPS 8700では、1端子のみPower Share USBに対応

USB端子がPowerShare USB仕様だと、パソコンの電源が入っていなくても、ここのUSB端子から周辺機器を充電することができる。携帯電話やオーディオプレイヤーなどUSB経由で充電をする機会が増えた現在では便利な機能。ノートパソコンであれば、持ち運んでUSB充電器の代役にもなる。

Power Share USBの見分け方
Power Share USB対応であれば、稲妻マークが印字されている。外付けHDDとの接続ではPC電源を切ってもドライブが動いたままになるので、注意が必要。Power Share USBが不要であれば、BIOSにて休止設定をすればよい。また、機能しないならBIOS設定で機能オフになっている可能性がある。
USB2.0とは

USB 2.0 端子

USB2.0は、理論値480Mbps(60MB/s)の転送速度。USB1.1から転送速度を上げたのでHigh Speedと呼ばれる。USB 1.1の転送速度は理論値12Mbpsであり、USB2.0ではその40倍。

パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 2.0端子から供給できる電流は500mA (供給電圧は5Vほど )。最大伝送距離は5mとされる。後方互換でUSB 1.1の周辺機器も接続可能。ただし、USB 2.0の速度を出すにはUSB 2.0対応機器が必要。

USB2.0と3.0のコネクタの違い

USB3.0とUSB2.0の比較
Aコネクタ形状はUSB3.0と共通。USB3.0対応機器にUSB2.0のBコネクタを接続することができるが、USB3.0の速度は出なくなる。
USB3.0

USB 3.0 端子

USB3.0は理論値5Gbps(625MB/s)の転送速度。理論上、USB2.0の10倍近くの速度で、SuperSpeed USBと呼ばれる。
パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 3.0端子から供給できる電流は900mA(USB2.0の1.8倍、供給電圧は5Vほど )。 最大伝送距離は3mとされる。USB1.1/2.0と区別しやすいようにコネクタ部分が青色であることが多い。USB1.1/2.0と互換性を持つが、USB 3.0の速度を出すにはUSB 3.0対応機器が必要。USB3.0ハブで複数に介しても速度は低下しない。

XPS 8700がオンボード装備するサウンド端子について

XPS 8700はオンボードで、7.1chサウンド出力端子(アナログ)を装備しています。各サウンド端子の色分けには次のような意味があります。

白い端子 サイド・スピーカー用

オーディオ機器とのアナログ接続に使う端子

※7.1chスピーカーと接続する場合は、すべての端子と接続。
※5.1chスピーカーと接続する場合は、白い端子以外の3本と接続。
※ステレオ・スピーカーと接続する場合は、緑の端子のみを使う。

黒い端子 リア・スピーカー用
オレンジ色の端子 センター/サブウーハー用
緑の端子 フロント・スピーカー用
水色の端子 ライン入力 ※ミニコンポなどオーディオ家電にあるとライン出力端子接続。
ケーブルは抵抗なしタイプでOK。
ピンクの端子 マイク入力 マイクと接続する端子。
※使用の注意事項:オーディオ家電等のライン出力からマイク端子を使って音声を取り込む場合、必ず「抵抗入りのケーブル」を使う。 ライン出力は信号レベルがマイク入力より遥かに高いため、抵抗なしのケーブルでは機器ににダメージを与える。

XPS 8700のディスプレイ端子

XPS 8700ではオンボード出力に、HDMI端子とDisplayPort端子を装備しています。しかし、今回レビューしているXPS 8700実機では、オプションでNVIDIA GeForce GTX 660のグラフィックカードを搭載しているため、オンボード出力は使いません。グラフィックカード側の出力を使います。

XPS 8700に搭載したNVIDIA GeForce GTX 660では、「DVI-DとDVI-I端子、HDMI端子 、Display Port端子」が実装されていました。 ディスプレイ端子の基礎知識をまとめたので、ご覧ください。

DVI-DとDVI-I端子

DVI端子【Digital Visual Interface】

DVIはデジタル式の映像端子(1999年登場)。デジタル転送なのでデータの劣化がほとんどない。デジタル出力できるDVI端子には「DVI-D」と「DVI-I」の2タイプある。例外として「DVI-A」はデジタルではなく、コネクタをDVI端子にしたアナログ式である。接続できても、DVIケーブルのコネクタが適正でないと転送に影響があるので、コネクタのピンをチェックしよう。

DVI-D (デジタル専用)

「DVI-D」はデジタル専用の端子。DVIだけの表記がされている場合、DVI-Dというのがほとんど。(DVI-Iよりもこちらがメインで使われている)。モニタ側がDVI-IであってもDVI-Dケーブルで接続すればよい。
DVI-DとDVI-I端子
ケーブルには「デュアルリンク対応」と、「シングルリンク」のタイプがある。
解像度1920×1200まではどちらでもOK。それを超える解像度では、2本の伝送路を持つ「デュアルリンク対応」が必要となる。

DVI-I (アナログ・デジタル兼用)

「DVI-I」はアナログ・デジタル兼用。DVI-Iのアナログ信号はVGAと互換性を持つ。変換コネクタを使用することでアナログ端子(VGA)のモニタとつなぐこともできる。
DVI-DとDVI-I端子
モニタ側がDVI-DだとDVI-Iケーブルのピンを傷めるトラブルが多い。ゆえにDVI-Iケーブルを見かけることもなくなってきた。

デュアル リンクとは

DVIおよびHDMIは、TMDS方式という方法でデジタル信号を伝送しています。この信号の伝送路をTMDSリンクといいますが、2本の伝送路を用意したものがデュアルリンクで、1本がシングルリンクです。
シングルリンクでは、解像度がWUXGA/1920×1200までの出力です。それを越える場合はパソコン側(グラフィックカード)のデュアルリンク対応が必須となります。ちなみに、シングルリンクで1920×1200を超えるモニタと接続した場合、画面表示はしますが1920×1200までの表示になります。

560×1600の液晶モニタ
例えば解像度2560×1600の液晶モニタとDVIでつなぐ場合は、デュアルリンクが必要。またはHDMI端子かDisplay Port端子の接続となる。

DVI⇒HDMI変換コネクタの注意点

DVI端子からHDMIケーブルで接続
HDMI変換コネクタを使えば、DVI端子からHDMIケーブルで接続でき、デジタル転送が可能。ただし、HDMIが持つ機能をすべて引き継げるわけではない。PC環境によって著作権保護の制御信号がうまく転送できないなどのトラブルがある。単にモニタ表示で使うなら問題ない。

HDMI
HDMI

Mini HDMI
Mini HDMI

HDMI端子 【High Definition Multimedia Interface】

HDMI端子は「DVI」をベースに設計されたデジタル出力規格。1本のケーブルで「映像・音声・著作権保護の制御信号(DRM・HDCP等)」を転送できる。

PCでも使われるが、基本はデジタル家電向けのインターフェース。PCを液晶テレビに出力するときにも役立つ。デジタル機器メーカーはHDMI規格の開発元に高い使用ライセンス料(ロイヤリティと年会費)を払わなくてはならないため、生産コストが上がる。

HDMIのバージョン

バージョン1.0から始まり、バージョンアップを繰り返している。内容は「転送速度アップ、機能追加、高解像度の対応」など。互換性は維持されている。3D映像の出力にはHDMI 1.4以上が必要。

HDMI 1.0

  • 1080p(解像度1920×1080)に対応

HDMI 1.1

  • ドルビーデジタル・DTS音声、DVD Audioに対応

HDMI 1.2a

  • CECの対応(ビエラリンクなどの制御信号コントロール機能)

HDMI 1.3

  • 帯域が従来の2倍となり、色深度30、36、48bit(Deep Color)に対応
  • S/P DIFで転送できないドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオ規格も転送可能
  • 1440pに対応 、Mini HDMIの登場

HDMI 1.4

  • 解像度「3840×2160、4096×2160」の出力に対応
  • 3D映像(3D立体視)の出力に対応 = リフレッシュレート120hzの液晶モニタと接続可
  • Ethernet(イーサーネット)の転送機能、Micro HDMIの登場

HDMIケーブルのカテゴリ

HDMIはバージョンアップしているので、HDMIケーブルのカテゴリにも気を使いましょう。将来性を考慮して「High Speed HDMI ケーブル」を購入するのがお勧め。
購入する時は記載されている「HDMIのバージョン」をチェックしても構わない。(※帯域が従来の2倍になった「HDMIバージョン1.3」が大きな境目)。

Standard HDMI ケーブル(カテゴリ1)

伝送速度試験で約75MHzにクリア。1080p(1920×1080)でも問題ないが、安定性を考えるとHigh Speed HDMI ケーブルのほうがよい。

High Speed HDMI ケーブル(カテゴリ2)

伝送速度試験で340MHzにクリア。1080p(1920×1080)以上の高解像度に対応。将来性も考慮してすると、High Speed HDMI ケーブルを選ぶべき。

HDMI切替器
ケーブルに印字されている場合もある。

付加要素:~◯◯ with Ethernet (イーサーネット対応)

Ethernet(イーサーネット)の転送機能を使うなら、各カテゴリにwith Ethernet (イーサーネット対応) の付加がついたケーブルが必要。

DP
Display Port

Mini Display Port端子
Mini Display Port

Display Port端子

Display Port端子は、DVI端子の後継として業界団体VESAが定めているデジタル式のディスプレイ端子。DVI端子はサイズが大きいため、ノートパソコンなど小型の電子機器には搭載しづらく、小サイズの端子としてDisplay Port端子が登場。特徴はHDMIと同じで、1本のケーブルから映像・音声・制御信号をデジタル出力。HDMIより小型なのがメリット。さらに小型コネクタのタイプは、Mini Display Portと呼ばれる。

Display Port画像
複数のモニタと接続するマルチディスプレイでは数珠つなぎであり、DVIやHDMIよりも環境を構築しやすい。(例:PC⇒モニタ⇒モニタ⇒モニタ)。
モニタ端子として後発であり超高解像度を考慮した規格なので、今後、HDMIやDVIでは対応できない解像度まで対応できる可能性がある。

業界では「家電分野でHDMI、パソコン分野でDisplay Port」という位置づけで普及を進めている。HDMIとは違い、使用ライセンス料は発生しないのでデジタル機器メーカーは生産コストを抑えられる。

XPS 8700の箱を開封する

XPSシリーズですが、梱包の様子はInspironシリーズと相違ない印象です。2段重ねになっており、上段には付属のキーボードとマウス、ユーティリティソフト、ペラのマニュアル等です。

XPS 8700を購入したぞ
カスタマイズ内容によって梱包内容は変わってくると思います。相違点にはご注意を。

XPS 8700のキーボード
標準付属のアイソレーション・キーボード。(Dell KB213 マルチメディア 日本語キーボード )。1000円ぐらいでありそうな廉価キーボードですが、実用性ではまったく問題はないです。

XPS 8300の時と同じモデルのレーザーマウス
レーザーマウスはXPS 8300、XPS 8500の時と同じモデル。やや多機能仕様で、中央の矢印ボタンを押すことで、1段階から4段階までカーソルポインタの速度を決められます。ちょっと難ありなのが「戻る・進む」のボタンで、マウスの左右側面に1つずつ配置されており、操作しにくい。これは人間工学的にも使いづらいと感じました。

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2018年11月12日(月)まで】 お客様感謝セール!
Inspironシリーズのデスクトップ・一体型PCがお買い得、18%オフクーポン
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大1万5千円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

DELL XPS 8700レビュー (2013年7月時点)

後継機のレビュー!

XPS 8900レビュー項目(2015年 Skylake設計)

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.