DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. XPS 15(L521x)

DELL XPS 15(L521x)レビュー項目

XPS 15(L521x) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

※以下XPS 15と記載しますが、XPS L521xとご理解ください。 2012年7月レビュー時点の情報になります。

アルミ削り出しボディの贅沢15.6インチノート!XPS 15 使用感レビュー

ミドルノートの性能がありながら、アルミ素材の塊(インゴッド)から削り出したとても贅沢なボディ!15.6インチノートでありながら24 mmという薄さのDELL XPS 15をレビュー紹介します。そしてシステムモデル名ではXPS L521xといい、2012年6月に発売されました。

XPS 15をレビュー
XPS 15はIvy Bridge設計で、インテル HM77 Express のチップセットを採用。第3世代Core i5 / i7搭載可能で、2012年7月レビュー時点では、グラフィックに「GeForce GT 630M、GT 640M」が搭載できます。
つまり、本格3Dゲームの入門機にもなる高スペックで、アルミ削り出しの高級ボディのノート。この手のデザイン重視のノートは大概スペックが弱いものですが、このXPS 15は中級者以上のユーザーに応えられる性能です。高い実用性とデザイン性を持ち合わせたのが、XPS 15のメリット。

USB3.0端子装備のXPS 15
かなりスタイリッシュデザインなので使い勝手が悪いと懸念するかもしれませんが、心配いりません。光学ドライブを搭載していますし、USB3.0端子は3つあるので据え置きで使っても基本的な要素は押さえてあります。
決してインターフェースが豊富というわけではありませんが、所有するだけでもパソコンライフが楽しくなるモデルです。

XPS 15は薄いアルミプレート
天板もアルミ素材。XPS 15は薄いアルミプレートのような15.6インチノート。幅371mm、奥249mm、厚み24mm。薄いボディでも大容量の9セルバッテリを内蔵しています。重量は2.7kgほどあり、持ち抱えてみると思いの外、重量感があります。これは薄型で見た目のイメージが軽量に見えるからであり、実は一般的な15.6インチノートと大差ありません。※ちなみに15.6インチエントリーノートInspiron 15Rは最小構成で重量で2.74 kgです。

削り出しボディの利点

金属加工では鋳造が一般的ですが、形状によって素材密度のムラや強度のムラが生じます。しかしXPS 15の製造は、アルミの塊(インゴット)から削りだす加工なので、均一の強度が得られます。見た目だけでなく筐体の堅牢性にも関わっているわけです。ただし、削り出す際にでる摩擦熱を冷ますための冷却コスト、騒音の制約等、手間のかかる加工なので製品自体がコスト高になってしまうデメリットもあります。

アルミ削り出しの筐体XPS 15
シンプルなデザイン。アルミ削り出しの筐体で天板もアルミ素材なので、ノートパソコンというよりまるでアルミプレート。しかも光学ドライブも搭載しているのは驚きです。

DELLロゴ
天板のDELLロゴはいつものメッキ加工でなく、マット調ブラック。

Gorilla Glassを搭載したXPS 15
XPS 15のディスプレイはスマートフォンでお馴染みの強化ガラス「Gorilla Glass」を採用しており、ガラス一枚板を張り付けたベゼルレスデザイン。これはEdge to Edgeというデザインで、実際のサイズよりも画面が広く感じられます。パームレストはシリコン・コーティングが施してあり、滑らかな手触り。

Gorilla Glassの15.6インチ液晶ディスプレイ

Gorilla Glassのディスプレイ採用
XPS 15は傷がつきにくいGorilla Glassのディスプレイ採用しています。Edge-to-Edgeというベゼルの段差がないフラットな画面です。一枚板のガラスを張り付けた構造。光沢液晶なので、コントラスト比の高いメリハリの有る画像が楽しめます。映り込みが気になる時は角度調整の必要があります。

Gorilla Glassのとは

特殊ガラス・メーカーのCorning社が開発したGorilla Glassは、プラスチックの数十倍の強度とされる強化ガラス。スマートフォンを始め、iPhone 4、Galaxy Tabなどタッチスクリーンのデバイスで多々採用されています。触れてもベタつきにくいのは、さすがタッチスクリーンでも実績のあるGorilla Glassです。 Gorilla Glassのアピールとして、工具ドライバで擦りつけても傷がつかないデモをよく見かけまが、ここでは検証をご遠慮しました。
スマートフォンで実験してみてはいかがでしょうか。

XPS 15のディスプレイ
上部にWebカメラ、集音マイクが2つ内蔵されているので、クリアな音質で録音できます。下部にはXPSロゴ。

XPS 15ではデザイン性
ディスプレイ周辺に緩衝材ラバーが1周しており、キーボード部分との摩擦防止を担っています。通常では唐突にベゼルに棒状のゴムが取り付けられているものですが、XPS 15ではデザイン性を損なわない配慮がされています。バックライトにLEDが採用されてから薄型ディスプレイは珍しくなくなりましたが、それでもアルミプレートのスタイリッシュさには注目度が高いですね。

15.6インチだと高解像度すぎる
レビュー時点では解像度がフルHD(1920 × 1080)のみ。15.6インチだと高解像度すぎると個人的には思うのですが、文字やアイコンが小さくなっても沢山表示したいユーザーならニーズに合っているでしょう。(実際、それを好むユーザーが多々いるようです。)勿論、拡大表示は可能ですが、ドットバイドット表示でないとにじみやレイアウト崩れがあります。

DELL XPS 15の装備端子~豊富ではないものの基本はOK

インターフェースは特別豊富というわけではありませんが、高速インターフェースのUSB3.0×3つ装備。外部モニタ出力には、「mini DisplayPort、およびHDMI 」を装備するので基本は押さえてあります。ただ、内蔵メディアカードスロットはSDカード系(SD、SDHC、SDXC)のみ対応なので、SDカード系以外を使っており「外付け対応する気はない」というなら、ここは懸念ポイントです。

前面

カーブが綺麗に削り取られてXPS 15の前面
XPS 15の前面では、接続するような端子はありません。電源ライト兼バッテリステータスライトを中央に配置。
アルミ素材のエッジ部分で、カーブが綺麗に削り取られています。

背面

ヒンジ(蝶番部分)
XPS 15背面に端子は無し。ヒンジ(蝶番部分)が非常にワイドで背面面積の8割を占めています。薄型だとヒンジの脆さが気になりますが、ここまでワイドだと安心ですね。

XPS 15左側面~主要端子が揃う

主要な端子が集中XPS 15の左側面に主要な端子が集中しています。装備するUSB3.0×全3つはこの面だけに集中。端子は分散されていないので、設置環境によっては使いやすかったり使いにくかったりと2パターンに分かれます。
また、外部モニタ出力として「mini DisplayPort、およびHDMI 」を装備しています。奥手にLAN端子と電源コネクタ装備。

それにしても、アルミのインゴットから端子部分の穴をくり抜くのは職人技なんでしょうね。この厚みにすごいスレスレ位置に端子が配置されています。削り出しの強度があるから、このような形状が可能だと思われます。

一番右側のUSB3.0端子はPowerShare仕様
USB3.0が3つ並んでいますが、一番右側のUSB3.0端子はPowerShare仕様であり、パソコンを起動しなくても周辺機器への充電が可能です。パソコンを使う予定がなくてもケータイやデジタル・オーディオプレイヤの充電器として活用できます。

ギガビットイーサーLAN接続
24mmの薄さじゃ有線LAN端子の装備は無理かと思われますが、しかし、下顎が延長する(腹話術人形の口みたいな)機構になっているので有線でギガビットイーサーLAN接続が可能です。

XPS 15右側面~スロットイン式光学ドライブとメモリカードスロット

USB端子は無し
XPS 15の右側面にスロットイン式光学ドライブを装備。ここにはUSB端子は無しで、有線マウスを使うユーザーには不親切です。

トレイを引き出す手間が必要ないXPS 15
スロットイン式光学ドライブでは、トレイを引き出す手間が必要ないのでアクセスが速いです。レビュー時点でブルーレイコンボドライブが搭載可能でした。それならブルーレイ映画も楽しめますね。

PCゲームが遊べるXPS 15
DVDがキーになっているPCゲームも楽しめます。

3規格対応のみ
メモリカードスロットは3規格対応のみで、SD、SDHC、SDXCのSD系カードのみの対応です。普段は防塵用のダミーカードが挿入されています。ほか、この面には「ヘッドフォン端子、ヘッドフォン&マイクのコンボ端子、セキュリティケーブルスロット」を装備。

XPS 15の底面:一般ユーザーのアクセスは不可

XPS 15(XPS L521x)の底面にはシリコン素材でコーティングされています。目立たないところにも丁寧に作り上げてあります。内部アクセスは分解になるので、バッテリーの着脱はユーザーが行えない構造にっています。ちなみに9セルバッテリーは430gとのこと。

Waves MaxxAudio4が搭載XPS 15
XPS 15の前面側にある横一列の長いスリットですが、ここにスピーカを内蔵。また、吸気口のスリットと兼用かと思われます。サウンドコントローラ(High Definition Audio)にはWaves MaxxAudio4が搭載されており、内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでもデジタル処理で効果的なサウンドを展開。

Waves(Waves Audio社)

イスラエルの音響デジタル技術メーカーで、オーディオのデジタル処理技術に長けています。MaxxAudioでは特に効果音のクオリティが定評でゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。

背面側の底部
XPS 15の背面側の底部に排気口があります。段差はあまりないのでフラットな卓上で使いましょう。底面においてもデザインを損なわない気遣いがあり、仕様ラベルがみえません。

アルミのプレート
中央にアルミのプレートがあり、この蓋をあけると、Windowsライセンスシールおよびサービスコードの記載シールが貼付されています。ここにビス止めがみえるので、ここから分解に入るようです。基本的にはユーザーが気軽に内部アクセスする構造ではありません。ちなみにDELLサイトでオーナーズマニュアルをダウンロードすると、分解方法まで掲載されています。

XPS15の梱包風景

緩衝材に挟まれた中箱にXPS 15がある
黒塗りのダンボール箱から、緩衝材に挟まれた中箱がでてきます。

そしてユーティリティソフト
中にはフィルムで包まれたXPS15本体。そしてユーティリティソフト、ペラなクイックガイドやライセンス関係の書類、ACアダプタ&電源ケーブルが同梱されています。キーボードの上には不織布が敷かれています。

アダプタと接続したXPS 15
90WのACアダプタと接続の様子。

XPS 15(L521x) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

DELL XPS 15 (L521x)レビュー~2012年7月時点

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.