DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. XPS 15(L521x)レビュー項目
  4. 現在のページ

DELL XPS 15にてベンチマークテスト

レビューしているXPS 15(XPS L521x)には、Core i7-3612QMとGeForce GT 630Mを搭載しています。この構成でベンチマークテストを行いました。そのパフォーマンスは如何に!

今回レビューしている、XPS 15 (XPS 521x)実機の構成

手元にあるXPS 15(XPS L521x)実機の構成で、ベンチマークテストを実施しました。DELLはカスタマイズPCですので、XPS 15と言っても構成は様々。販売時期によっても異なります。一例としてご覧ください。

macじゃないよXPS 15だよ

XPS 15(L521X)

2012年6月発売の15.6インチ・プレミアムノート。24mmスリムボディ、の15.6インチ光沢フルHD液晶(1920x1080)。第3世代Core i5 / i7搭載可能(チップセットはHM77)。新発売時点で単体GPUにGeForce GT 640M搭載可能。 スリムでもスロットイン式光学ドライブ搭載。ディスプレイに強化ガラスのゴリラガラス採用。 アルミ削り出しボディにパームレストはマグネシウム合金。バックライトキーボード装備。USB 3.0端子を3つ装備。PowerShare USB対応。サウンドシステムにWaves MaxxAudio 4 採用。SSDを活用した高速起動「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」にオプション対応。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 15.6インチ光沢液晶(1920x1080)
プロセッサ インテル Core i7-3612QM (2.1GHz, 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.1GHz
7.5
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3-SDRAMメモリ 1600MHz メモリ 5.9
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4000
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーによる自動切替)

GeForce GT 630M 1GB GDDR5
(5.1)
ゲーム用グラフィックス (6.7)
プライマリハードディスク 750GB SATA HDD(7200回転)+ 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9

XPS 15はIvy Bridge設計で、チップセットはHM77採用。第3世代Core i5 / i7が搭載可能です。今回の搭載CPUはCore i7-3612QMで4コア実装ですが、HTテクノロジーによって8スレッド動作します。ターボ・ブーストによって2.1GHzから最大3.1GHzまでクロックアップ。

今回、単体GPUにはGeForce GT 630M 1GB GDDR5を搭載しています。2012年7月レビュー時点ではワンランク上のGeForce GT 640Mが搭載できるので、XPS 15をゲームノートにしたい方は単体GPUにコストをかけましょう。

NVIDIA OptimusテクノロジーによってCPU内蔵グラフィックスと自動切替されます。今回はインテル Core i7-3612QMを搭載していますので、CPU内蔵グラフィックスは「インテル HDグラフィックス4000」です。ネットなど負荷の少ない作業ではこちらのグラフィックが有効化され、低消費電力となります。

ストレージでは750GB SATA HDD(7200回転)のほかに+ 32GB mSATA SSDを追加搭載してあるので、 ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応になっています。HDDだけよりかは起動が速くなっています。 追加:2012年9月時点では、512GB SSDの搭載ができます。究極の起動スピードを狙うならSSDを単独搭載してもいいですね。

一応テクノロジーのキーワードを掲載しておきます。面倒くさい方は読み飛ばしてください。

Ivy Bridge(開発コード名)設計とは

Ivy BridgeはSandyBridgeの改良版なので、アーキテクチャ(基本設計)に大きな変化がないものの、新たに22mmプロセスルールの微細化設計となっており、物理的な互換性は保たれています。従来にはなかった3次元構造の「Tri-Gate(トライゲート)トランジスタ」を採用しており、低電圧状態でリーク電流が10分の1に抑えられたとのことです。インテルいわく、前世代よりも同じ消費電力で「性能を約37%アップ」させたとのこと。

※リーク電流とは、電流の漏洩であり水で例えると水漏れのようなもの。リーク電流が増すと消費電力も発熱量も増え、回路を傷める原因となる。つまりIvy Bridgeになって、性能の向上と低消費電力が顕著になったと言えます。

マルチコアとマルチスレッド

CPUパッケージ内部には命令を実行するコアがあります。シングルコア(1コア)を高クロック化して処理能力を高めると、消費電力と熱暴走の問題があります。そこでマルチコア化(複数コア化)です。クロック数はほとほどにしておいて、CPUコアを増やすことで「仕事を複数同時処理してしまおう」というアイデアです。複数同時処理のことをマルチスレッドといいます。ただし、アプリ側もマルチスレッド対応でないと効果は発揮できません。

HTテクノロジー(ハイパー・スレッディング・テクノロジー)

HTテクノロジーは擬似的にCPUコア数を倍増させる技術で、1コアに対して2スレッド動作をさせます。4コアであれば8スレッドということです。HTテクノロジーの仕組みは次の通り。
CPUコアには元々、並列処理が可能な演算機構が備わっていますが、1コアに対し命令の流れが1系統だと処理内容によって待機状態の演算機構が生じます。これは勿体無いということで、 命令の流れを2系統にすることで、待機状態の演算機構を極力減らし効率よく処理していきます。1コアに対し命令の流れが2系統なので、2スレッド処理なのです。擬似とはいえ、OSやソフトウェアからは2コアとして認識されます。HTテクノロジーだと1コアがビジーなので物理的に2コアのほうが優位ですが、それでも1コアを有効的に処理させる技術です。

HTテクノロジーによって速度が2倍になるわけではなく、あくまで効率化です。内容にもよりますが、マルチスレッド対応のソフトなら30%ぐらいのパフォーマンスアップを期待してもいいでしょう。

ターボ・ブースト・テクノロジー

2008年以降、インテルが採用を始めたターボ・ブースト・テクノロジーは、自動でクロック数(動作周波数)を上げる機能です。マルチコア化しても、依然とクロック数の高さがモノをいいます。 マルチコアに対応していないシングル・スレッドのソフトでは、単にクロック数の高いCPUのほうが処理が速いです。 音楽管理ソフト等ではマルチコアに対応していないものが多く、マルチコア化しても恩恵はありません。 そこで役立つのが、ターボ・ブースト・テクノロジーです。 マルチコアが効率的でないと判断されたときは、一部のコアをOFFにして、残った一部のコアのクロック数を上げます。一見、オーバークロックのように思えますが、定格内のクロックアップなので消費電力や発熱のリスクがほとんどありません。

ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
2011年のSandyBridge設計以降、ターボ・ブースト・テクノロジー2.0が採用されています。クロックアップの仕組みは各CPUに定められた倍率を変えることです。ターボ・ブースト機能は電流や電力はもちろん、温度を監視した上で倍率を変化させています。電流の量が基準を超えた場合、上昇させた倍率を下げて熱暴走を回避させます。これが従来からあるターボ・ブーストです。しかし、電流量が基準を超えてもすぐに熱が上昇するわけではありません。ターボ・ブースト・テクノロジー2.0ではそのタイムラグを利用し、すぐには倍率を下げません。これが倍率上限を少しでも長く持たせる仕組みで、いわゆる「踏ん張り機能」が追加されています。

GPGPU(General-purpose computing on GPU)

単体GPUにはGPGPUという技術があり、画像処理だけでなく汎用処理も行うようになりました。つまり、CPUの仕事までお手伝いするようになっています。動画再生支援機能ではCPUの処理負担を軽減する役割もあります。

インテル スマート・レスポンス・テクノロジー(ISRT)

ISRTとは、インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジーの追加機能であり、2台のストレージを活用する技術です。SSDをHDDキャッシュとして使用することでシステムの読み込みを高速化します。システムデータそのものはHDDに保存されていますので、SSDの容量の少なさを心配することがありません。ISRTはかつてはチップセットZ68のみの機能でしたが、Ivy Bridgeに引き継がれています。

CINEBENCH R10のベンチマーク

CINEBENCH R10は、Cinema 4Dをベースとしたベンチマークソフトです。そのCinema 4Dというのは映画・テレビ業界・ゲーム制作・建築で採用されている3Dソフトです。マルチコアに最適化されているので、クロック数の高さだけでなくマルチスレッドでの能力を測ることができます。レンダリングにかかる時間を測定するテストですが、主にCPU性能を比較することができます。

マルチコアでレンダリング
CINEBENCH R10のスコア
CPUベンチマーク 処理時間⇒45秒
スコア⇒19629
OpenGL スコア⇒6231
【XPS 15(L521x) 評価】
45秒とかなり速い。少し前のハイエンドデスクトップpcと比べると、Core i7-960搭載のStudio XPS 9100で処理時間⇒46秒。Core i7-975 Extreme Edition搭載のAlienware Aurora ALXで処理時間⇒46秒。ほんの2年くらい前のハイエンドデスクトップと同じ能力です。ちなみに2012年9月時点で、当サイトでレビューした機種の中では、Core i7-3770 搭載のXPS 8500が最速で34秒。ノートパソコンの性能向上が著しく早い。

【CINEBENCH R10のベンチマーク:過去にレビューしたデスクトップPCと比較 】

  • XPS 8500
    (Core i7-3770 / Radeon HD 7870 / 12GB) 処理時間⇒34秒
  • Inspiron One 2330
    (Core i7-3770s / インテル HDグラフィックス4000 / 8GB) 処理時間⇒36秒
  • XPS 8300
    (Core i7-2600 / Radeon HD 5770 / 8GB) 処理時間⇒38秒
  • Inspiron 660s
    (Core i5-3450s / GeForce GT 620 / 6GB) 処理時間⇒44秒
  • Inspiron 660
    (Core i5-2320 / インテル HDグラフィックス 2000 / 4GB) 処理時間⇒48秒
  • Studio XPS 9100
    (Core i7-960 / Radeon HD 5870 / 9GB) 処理時間⇒46秒
  • Alienware Aurora ALX
    (Core i7-975 Extreme Edition / CrossFireX-ATI Radeon HD 5870 / 9GB ) 処理時間⇒46秒
  • Studio XPS 7100
    (AMD Phenom II X6 1055T / Radeon HD 5870 / 12GB) 処理時間⇒54秒
  • Studio XPS 8000
    (Core i7-860 / GeForce GTX 260 / 4GB) 処理時間⇒51秒
  • HP(ヒューレット・パッカード)e9290jp冬モデル
    (Core i7-920 / GeForce GT220 / 3GB) 処理時間⇒55秒
  • Inspiron 620
    (Pentiumデュアルコア G620 / インテルHDグラフィックス / 4GB) 処理時間⇒1分47秒
  • Inspiron 580s
    (Core i3-530 / RADEON HD 5450 / 4GB) 処理時間⇒1分57秒
  • 自作パソコン2
    (Core 2 Duo E8400 / RADEON HD 4650 / 4GB) 処理時間⇒2分31秒
  • 自作パソコン1
    (Pentium D 915 / RADEON HD 3650 / 1GB) 処理時間⇒5分28秒
  • マウスコンピューター・機種不明(2003年のモデルと思われる)
    (Pentium 4 (3.00GHz) / GeForce 6600 / 512MB) 処理時間⇒7分36秒

【CINEBENCH R10のベンチマーク:過去にレビューしたノートパソコン 】

  • Inspiron 17R Special Edition(7720)
    (Core i7-3610QM / GeForce GT 650M / 8GB) 処理時間⇒41秒
  • XPS 15(L521X)
    (Core i7-3612QM / GeForce GT 630M / 4GB) 処理時間⇒45秒
  • XPS 17(L702X)
    (Core i7-2670QM / GeForce GT 555M / 8GB) 処理時間⇒49秒
  • Inspiron 15R Special Edition(7520)
    (Core i7-3612QM / Radeon HD 7730M / 8GB) 処理時間⇒1分00秒
  • Inspiron 15(3520)
    (Core i5-3210M / インテル HDグラフィックス4000 / 4GB) 処理時間⇒1分19秒
  • XPS 17 (L701x)
    (Core i7-740QM / GeForce GT 445M / 4GB) 処理時間⇒1分19秒
  • XPS 14 Ultrabook(L421X)
    (Core i7-3517U / GeForce GT 630M / 8GB) 処理時間⇒1分23秒
  • XPS 15(L502X)
    (Core i5-2410M / GeForce GT 525M / 4GB) 処理時間⇒1分33秒
  • Studio 15(1557)
    (Core i7-720QM / RADEON HD 4570 / 4GB) 処理時間⇒1分33秒
  • Inspiron 13z(5323)
    (Core i5-3317U / インテル HDグラフィックス4000 / 4GB) 処理時間⇒1分35秒
  • Studio 17(1749)
    (Core i5-450M / Radeon HD 5650 / 4GB) 処理時間⇒1分48秒
  • Inspiron 15R(N5110)
    (Core i3-2310M /インテル HDグラフィックス 3000 / 2GB) 処理時間⇒1分56秒
  • Studio XPS 16 (1640)
    (Core 2 Duo P8700 / RADEON HD 4670 / 4GB) 処理時間⇒2分33秒
  • XPS 13 Ultrabook (L321X)
    (Core i7-2637M / インテル HDグラフィックス3000 / 4GB) 処理時間⇒2分36秒
  • Inspiron 13z(N301Z)
    (Core i3-330UM / Radeon HD 5430 / 4GB) 処理時間⇒3分46秒
  • Inspiron 1520
    (Core 2 Duo T7100 / GeForce 8600M / 2GB) 処理時間⇒4分18秒
  • Inspiron M102z(1122)
    (AMD デュアルコア E-350 / Radeon HD 6310 / 2GB) 処理時間⇒6分49秒
  • Inspiron 13z(1370)
    (Core 2 Solo SU3500 / GMA 4500MHD / 2GB) 処理時間⇒12分28秒
  • Inspiron Mini 10v
    (Atom N270 / GMA 950 / 1GB) 処理時間⇒18分06秒
スコア レビューした構成

ストリートファイター4 のベンチマーク

2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲーム、ストリートファイター4にてベンチマークテストを行なっています。2次元の操作ではありますが、描写は3Dという珍しいゲームです。高スペックが要求される本格PCゲームの中では、求められるスペックが比較的低めです。

DELLでストリートファイター4を遊ぶ
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。
スコア 14808
AVERAGE 118.63 FPS
(備考)設定解像度 1920×1080 フルスクリーン
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。
スコア 11148
AVERAGE 88.26 FPS
【XPS 15(L521x) 評価】
1920×1080 フルスクリーンで行ってもAVERAGE 88.26 FPSです。快適に遊べます。
スコア レビューした構成

バイオハザード5のベンチマーク

2009年9月にPC版が登場した、バイオハザード5のベンチマークテストを行いました。日本ゲーム大賞2009 優秀賞を受賞したゲームであり、NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体3D対応ゲーム。

3Dゲームのベンチマークテストでパソコンを選ぶ
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280 × 720 ウィンドウ表示
68.1 fps RANK A ⇒ 快適に動作します。
エリア1⇒80.9
エリア2⇒68.4
エリア3⇒56.5
エリア4⇒71.0
【XPS 15(L521x) 評価】
1280 × 720 なら快適に遊べますが、フルHDでは快適とまではいかないでしょう。
スコア レビューした構成

ラストレムナントのベンチマークテスト

2009年にPC版が登場した「ラストレムナント」でベンチマークテストを実施しました。RPGなのでアクションゲームほどリアルタイム処理にシビアではないものの、ロールプレイングでは異例の最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。バトルもイベントシーンも高画質で製作されています。

プレイの目安ですが、45fps以上で普通レベルと判定され標準設定ならストレスなしのプレイが可能。ただし高負荷なシーンでは動作が重くなることがあります。そして、65fps以上なら快適レベルの判定でグラフィックを高めにしても快適な動作です。90fps以上ならグラフィックを最高にしても非常に快適なプレイが可能です。

RPGラストレムナント
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS 45.93
【XPS 15(L521x) 評価】
1280×720 でギリギリ普通クラス。
スコア レビューした構成

ファイナルファンタジーXIV

2010年9月に発売した、ファイナルファンタジーXIVのベンチマークテスト。先を見越した設定となっており、パソコン性能の向上を前提にしているため、要求されるスペックが非常に高いです。当サイトのテストではヒューラン(男)で統一。キャラクターによる負荷率は微々たる差のようです。

スコアの目安ですが【2500~2999】で標準的な動作となります。 それに満たない場合はプレイできても動作が一部または全般に重いと判定されます。なお、【1500 未満】 は動作困難でプレイ不可です。

FF14ゲーム
ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク スコア
LOW(1280×720) SCORE = 2073 (やや重い )
【XPS 15(L521x) 評価】
LOW(1280×720)でもプレイには向かないですね。
スコア レビューした構成

以上、GeForce GT 630M搭載時のXPS 15のパフォーマンスでした。GeForce GT 630Mなら、お試し程度の3Dゲーム入門なら構いませんが、ちょっとハマるかもしれないと思うならGeForce GT 640Mのほうが確実です。

消費電力

XPS 15の消費電力
今回の構成のXPS 15ではアイドル状態で29Wほど、ベンチマークテストでは大体60~70Wの間くらいでした。

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2018年12月17日(月)まで】
DELL即納モデルが税抜き6万円以上の購入でお得!17%オフクーポン
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大20%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年1/31(木)まで】
DELL直販でAlienwareモデル15万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】へ

DELL XPS 15 (L521x)レビュー~2012年7月時点

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.