DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. XPS 13(9370)-ローズゴールド
  4. プラチナシルバー(現在)

4mm狭額のInfinity Edgeディスプレイ!世界最小の高級13.3インチノート

XPS 13(9370)のプラチナシルバー・モデル

4mm狭額ベゼル、InfinityEdgeデザインのXPS 13(9370)であるが、前ページではローズゴールドのXPS 13(9370)を紹介した。このページではプラチナシルバー(パームレスト:ブラック)のモデルを紹介する。ローズゴールドのパームレストはグラスファイバーであるが、プラチナシルバーではカーボンファイバーとなっている。テクノロジー、仕様等では、内容が重複するのでここではギャラリー&補足程度の説明となる。

Infinity Edgeディスプレイ!世界最小の高級13.3インチノートXPS 13(9370)プラチナシルバーモデル。同様にCNC削り出しアルミ加工の筐体。天板は梨地になっており、アルマイト加工のさらりとした手触り。中央にはクロム調のDELLロゴを配置。

プラチナシルバー(パームレスト:ブラック)スタンダードなブラック。カーボンファイバーのパームレストで、シリコン・コーティングで手触りがしっとり系。ローズゴールドのグラスファイバーはわりとすべすべ系なので対照的。

ac45w付属する45W ACアダプタやUSB Type-C変換ケーブルは、ブラック。それぞれパームレストに色を合わせている。

XPS 13(9370)ローズゴールドと並べる

ローズゴールドローズゴールドと並べた様子。ローズゴールドがかなり女性向けな印象だが、プラチナシルバーはとくにユーザーを選ばない印象。ややダンディでもあるが。

アルペンホワイトとブラックの違い内側はアルペンホワイトとブラックの違いなので、だいぶ印象が変わる。

側面デザイン

XPS 13(9360)の15mm→11.6mmへと薄型化XPS 13(9370)は厚み: 7.8~11.6 mmのくさび形。最厚部では前XPS 13(9360)の15mm→11.6mmへと薄型化。メインとなる装備端子はUSB Type-C端子 × 3基、マイクロSDカードスロットだけというシンプル。メジャーなUSB Aコネクタを排除することにより、究極の薄さを実現したというしかない。レビュー時点では世界最小13.3インチノートである。

USB Power Delivery(USB PD)に対応しているところが、オススメポイント。対応機器とのUSB電力拡張ができ、単独だとしても、どのUSB Type-C端子でもACアダプタが接続できる。

XPS 13-9360(CoffeeLake)デザインUSB3.0端子、セキュリティロック・スロット参考までに、これが前XPS 13(9360)。USB Aコネクタがあるので、これ以上は薄くは出来ない

再びXPS 13(9370)に戻って・・、前面にはステータスライト、背面はヒンジのみ。装備端子はない。

ディスプレイとパームレスト&キーボード

XPS 13(9370)プラチナシルバーでは、ディスプレイベゼルやパームレスト、キーボードがブラック。

4mm幅のベゼル、そして下部に赤外線カメラを内蔵。

ローズゴールド(パームレスト:アルペンホワイト)のモデルはグラスファイバーを採用。プラチナシルバー(パームレスト:ブラック)のモデルはカーボンファイバーを採用している。ブラックはシリコン・コーティングによりしっとりした手触り。

指紋認証リーダーを電源ボタンに搭載(オプション)。

高精度ガラスタッチパッド。ホワイトの場合は、ガラスの透明感など視認しやすかったが、ブラックだとほとんどわからない。

キーボード右側。

キーボード左側。

XPS 13(9370)プラチナキーボードバックライトキーボードを装備。

購入ポイント・チェック

ローズゴールドかプラチナシルバーか、XPS 13(9370)のチョイス
高級筐体
  • CNC削り出しアルミ加工の筐体
  • ステンレス製のXPSロゴをはめ込んだラグジュアリー感
  • パームレストは、繊維を編み込んだ繊維強化プラスチック
  • 高精度ガラスタッチパッド
ディスプレイ
  • 新InfinityEdgeデザイン!狭額4mm幅のディスプレイベゼル
  • 強化ガラス:Corning Gorilla Glass 4採用
  • 広視野角のIPSパネル(反射防止コートを施したスクリーン)
  • sRGBカバー率100%の色域と、1500:1コントラスト比
  • 4K(3840 × 2160)タッチスクリーン選択可能
  • Windows Hello対応の赤外線カメラ内蔵(顔認識ログイン)
本体装備
  • USB Power Delivery(USB電力拡張規格)に対応で、数珠つなぎの電力供給が可能。
    また、ACアダプタはどのUSB Type-C端子からでも接続OK
  • 指紋認証リーダーを電源ボタンに搭載(オプション)
  • バックライト・キーボード搭載(2段階の調光可能)
  • 5段階のバッテリー残量メータ付き
  • 4つのマイクを内蔵
排熱性能
  • デュアルファンとヒートパイプを搭載した冷却システム
  • GORE社と共同開発の熱絶縁フィルム採用(ヒートパイプの位置が熱くならない)
電源

45WのACアダプタ付属

52 WHrバッテリ(内蔵)
フルHD(1920 × 1080)モデルは、最大19時間46分バッテリー駆動(公称)
4K(3840 × 2160)モデルは11時間バッテリー駆動(公称)
その他
  • サウンドチューニング:Waves MaxxAudio Pro搭載
  • Killerネットワーク搭載。ゲームマシンでお馴染みの安定した通信
  • ストレージ:高速のNVMe SSD搭載(PCI Express接続)
  • Aコネクタ⇒USB Type-C変換ケーブル付属
サイズ(公称値) 幅: 302mm × 奥行き: 199 mm × 厚み: 7.8~11.6 mm / 重量 約1.21kg~
懸念ポイント 装備端子は、USB Type-C端子とMicroSDカードリーダーだけなので、 USB Type-Cの完全普及まで、コネクタ変換ケーブルを多様することになる。また、薄型のため光学ドライブは非搭載。

※2018年2月18日時点のレビュー。手元の実機レポートであり、仕様は各々の選択により異なる。
※購入された場合の一致性は保証していない。
※標準搭載や仕様変更などの最新情報はDELLサイトにてご確認を。

XPS 13(9370)レビューは以上!詳しくはDELLにて

購入先デルパソコン

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : XPS 13(9370)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.