DELL(デル)パソコン購入レビュー

DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識

パソ兄さんのXPS 8500購入ガイド

ここではDELL XPS 8500の内部を探り、エアーフローや拡張性、搭載されている電源ユニット、グラフィックカードの搭載風景、マザーボードの配列などを詳しく見ていきます!DELLサイトでは分からない細部をチェック!

DELLクーポン情報

【2020年3月2日(月)まで】
XPSシリーズ、Gゲーミングノート、Inspiron14/13などがお得、20%オフクーポン!

【2020年4月20日(月)まで 】
合計100名様に当たる!Amazonギフト券10,000円分プレゼントキャンペーン
キャンペーン期間中にデルEメールマガジンを購読されている方、またはLINEのデル公式アカウントのお友だち登録されている方で、Core i5/ i7/ i9搭載DELL製品を購入した場合、自動的にエントリー。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

XPS 8500レビュー項目】 【パソ兄さんが紹介するXPS 8500特売情報!

XPS 8500の内部構造を探る

XPS 8500のサイドパネルを開けて、内部の構造をチェックします。XPS 8500はミニタワーという比較的コンパクトな筐体でありながらハイパフォーマンスな構成を可能としているため、パーツがぎっしり詰まった印象です。現在は幸いなことにSATAケーブルがスリムですので、大してエアーフローの妨げにならず、XPS 8500においても特に問題はないと思われます。ただ、自分で部品交換する場合は、密集しているので作業しづらいこともあり、近隣パーツを一旦外してから行う場合が多そうです。※あくまでこれは保証対象外の使い方です。

マザーボード全体を見てXPS8500を知る
XPS 8500の前面下部から吸気し、背面へ空気を排気するエアーフローです。やはりタワー型やミドルタワー型と比べると限界までパーツを敷き詰めた感じです。

エアーフローの様子
PCケース背面の排気ファン。9センチ角ファンです。

拡張ベイ

XPS 8500ではミニタワーでありながら「HDD×2、光学ドライブ×2台」まで搭載できる拡張性があります。とはいっても、てんこ盛りに搭載するのはエアーフローの面で好ましくはないでしょうね。「HDDの場所が邪魔だな」と思ったら別途マウンタをつけて光学ドライブベイ(5.25インチベイ)に格納するとか、いろいろ工夫できそうです。個人的には完全に光学ドライブを取っ払ってもいいくらいです。

拡張性
光学ドライブベイ(5.25インチベイ)が2基、その下では3.5インチベイ(もともとFDD用)が1基、そしてHDDベイはマウンタ式でHDDを2台まで搭載できる拡張性となっています。自分でSSDを取り付ける気なら、2.5⇒3.5インチマウンタを付けて、3.5インチベイ(もともとFDD用)の空きを活用できます。

XPS 8500の側面にへばり付いて
なお、一台目のHDDはマウンタによって固定されているのではなく、XPS 8500の側面にへばり付いてインチネジで固定されています。HDDマウンタも同様でインチネジで固定されているので着脱が可能。側面の金属板にはパンチング穴があり、HDDの基板を放熱させています。

460WのATX電源

XPS 8500では460WのATX電源ユニットを搭載しています。サイズは幅150×高さ86×奥行140mm。排気ファンは見たところ9センチ角ファンっぽいです。さすがに12センチ大口径ファンというわけではないですね。

XPS 8500の電源
パソコンの電源は+12Vがメインとなりますが、仕様ラベルを見ると「+12VA、+12VB、+12VC」の3系統あり、それぞれ「18A、16A、8A」の最大出力。ちなみに+12Vのトータルは385Wです。 これは前機種のXPS 8300と同じでした。

厳密には+12Vや+5V、+3.3Vといった各系統の出力も見なくてはいけないのですが、電源総容量の目安として「高負荷時でも総合出力の70%くらいでとどまる状態」といわれます。FF14のベンチマークテスト時ではピーク時で200W前後の消費電力でしたので、総合出力の約52%というところです。ゲームPCには500Wが好ましいといいますが、目安としては合格ラインかと思われます。

ちなみにパソ兄さんは、DELLの既存電源がどうこうというわけでなく、変換効率の優れた80PLUSの市販ATX電源に換装する習慣があります。電源ユニットはそもそも壊れやすいパーツであり、2年ごとに交換してもおかしくないと言われるくらいです。そのため、DELLの既存電源はバックアップに取っておきます。市販の電源はパソコンを買い換えるたびに換装しています。

DELLの既存電源
DELLの電源ユニットは、ケーブルの長さがその機種にぴったり合わせてあるので、自作PCの電源に使いまわすならあまり向かないです。延長ケーブルが必要になる場合が多いです

グラフィックカード

今回搭載しているグラフィックカードはAMD Radeon HD 7870 2GB DDR5で、XPS 8500レビュー時点では最高カスタマイズのグラフィックです。XPS 8500のマザーボードをチェックする上で、視界を遮るため一旦取り外してみます。

xps8500とAMD Radeon HD 7870
グラフィックカードを始め、すべての拡張カードをひとつの固定金具がロックしています。インチネジ1本で締めてあります。

グラフィックカードを支える固定具
輸送時の安全のためか、グラフィックカードを支える固定具が取り付けられています。PCI Express電源コネクタ (6ピン×2つ)がグラフィックカードの補助電源として接続されています。手前にコネクタがあるので抜き差ししやすいです。

Radeon HD 7870
AMD Radeon HD 7870 2GB DDR5。出力には、DVI、HDMI、miniDisplayPortを2つ装備。それにしても、ここまで大型なサイズがよく入ったものだ・・。

XPS 8500の下部
AMD Radeon HD 7870 2GB DDR5を取り出すと、XPS 8500の下部は広々とします。

XPS 8500のマザーボード

では、グラフィックカードを外してすっきりしたところで、マザーボードを細かく見ていきます。MicroATXのマザーボードのようです。

内部
マザーボード全体図。

Ivy Bridge設計
4基の拡張カードスロットがあり、PCI Express × 16が1つ、PCI Express × 1を3つ装備。Ivy Bridge設計なのでPCI Express 3.0対応で、SandyBridge設計のPCI Express 2.0よりも約2倍の転送速度。AMD Radeon HD 7000シリーズのようなPCI Express 3.0対応GPUにマッチしていますね。
なお、AMD Radeon HD 7870のような大型グラフィックカードは2スロット占拠するので、PCI Express × 1がひとつ隠れてしまい使えなくなります。

PCI Express × 16の左斜め上には、PCI Express Mini Cardスロットがあり、ワイヤレスLANカードが搭載されています。※Dell Wireless 1703 (802.11 b/g/n) WLAN half miniカード 。規格は802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0対応で一応オプション扱いのようです。

スマート・レスポンス・テクノロジー
SATAコネクタが4つ。現在接続されている2つのコネクタはSATA3.0(6Gbps)対応。
SATAコネクタの上にはmSATAスロットがあり、今回はインテル スマート・レスポンス・テクノロジー(ISRT)でカスタマイズしているので32GB SSDを搭載。

DDR3 SDRAM メモリを搭載
CPU周りには耐久性の高い固体コンデンサを採用。その他のところはアルミ電解コンデンサが多いです。

CPU周りにあるVRMは、5フェーズあるので安定が期待できます。※VRMというのは、電圧レギュレータモジュールでCPU用の電源安定化回路で、CPUに供給する電流を生成する装置です。マザーボードへ供給された+12Vや+5V電流の一部が、VRMによってCPUの駆動電圧へと生成されます。(+1.5Vほどの電圧)。

そしてメモリスロットは4基あり、今回は12GB (2GBx2+4GBx2)DDR3 SDRAM メモリを搭載しています。前世代では1333MHzが主流でしたが、1600MHzへとメモリスピードがアップ

ドライブのカスタマイズ

メーカー保証対象外ですが、自前で光学ドライブを換装する方法を紹介します。XPS 8500のサイドパネルを開けると、フロントカバーをロックしているツメが4本見えます。ツメを同時に解除することでフロントカバーが外せます。XPS 8500の金属フレームを観察すると、前面の半分に吸気口が設けられていることが分かります。

DELL XPS 8500の光学ドライブレビュー
光学ドライブを固定しているのは左側面のミリネジ2本。左側面のミリネジ穴は突起物でロックされる機構なので、ネジは2本だけでいいのです。2台目の光学ドライブを搭載するなら、金属プレートをニッパーで切り取ります。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年3月2日(月)まで】
XPSシリーズ、Gゲーミングノート、Inspiron14/13などがお得、20%オフクーポン!
対象モデル以外でも6万円以上の購入で15%オフクーポン!

20%オフクーポン!対象製品

  • XPS ノート / デスクトップ ※New XPS 13対象外
  • Dell Gゲーミングノート
  • New Dell G5 ゲーミング デスクトップ
  • Inspiron 13 7000 、7000 2-in-1
  • Inspiron 14 5000/7000、 Inspiron 15 7000
  • New Inspiron 14 5000(AMD Ryzen)
  • New Inspiron 14 5000 2-in-1 ノートパソコン
  • Inspiron 17 3000 ノートパソコン

対象モデル以外でも6万円の購入以上で15%オフクーポン!(ALIENWAREは除く)

6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大35000円オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

【2020年4月20日(月)まで 】
合計100名様に当たる!Amazonギフト券10,000円分プレゼントキャンペーン
キャンペーン期間中にデルEメールマガジンを購読されている方、またはLINEのデル公式アカウントのお友だち登録されている方で、Core i5/ i7/ i9搭載製品を購入した場合、自動的にエントリー。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

XPS 8500レビューの更新履歴(2012年)

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP
Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.