DELL(デル)パソコン購入レビュー

DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識

Inspiron 17R Special Editionにて

DELLの17.3インチ娯楽ノート!Inspiron 17R Special Edition(7720)を紹介しています。実機を元にDELLサイトでは分からない詳細部分までレポートします。 【Inspiron 17R Special Edition レビューリスト

ベンチマークテスト~GeForce GT 650M、Core i7-3610QM

Inspiron 17R Special Edition(7720)にてベンチマークテストを実施。構成は以下のとおりで、GPUにGeForce GT 650M、CPUはCore i7-3610QMを搭載しています。このパフォーマンスはゲーミングノートのDELL Alienware M14x (M14xR2)と同格。

SE

DELL Inspiron 17R Special Edition(7720)

2012年6月発売の17.3インチ・ミドルスペックノート 第3世代Core i5 / i7搭載可能(チップセットはHM77)。新発売時点で単体GPUにGeForce GT 650M 搭載。パームレストはマグネシウム合金で、精密エッ チングのハニカムデザイン。 USB 3.0端子を4つ装備。サウンドシステムにWaves MaxxAudio 4 採用。サブウーファー内蔵の2.1chスピーカ。SSDを活用した高速起動「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」にオプション対応。(2012年7月時点)

コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 17.3インチ光沢液晶/3D対応(1920x1080)
プロセッサ インテル Core i7-3610QM (2.3GHz, 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.3GHz
7.6
メモリ 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 1600MHz メモリ 7.8
グラフィックス GeForce GT 650M 2GB GDDR5 7.2
ゲーム用グラフィックス 7.2
プライマリハードディスク 1TB SATA HDD(5400回転) + 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9

ここ最近、NVIDIAのGPUを搭載するDELLノートパソコンではNVIDIA OptimusテクノロジーによってCPU内蔵グラフィックスと自動切替されるのですが、3D対応液晶(120Hz)で導入した場合はNVIDIA Optimusテクノロジーがありません。CPU内蔵グラフィックスこと「インテルHDグラフィックス」が3Dディスプレイ出力に対応していないためです。つまりGeForce GT 650Mオンリーです。windowsエクスペリエンスインデックスでは、GeForce GT 650Mのグラフィックス・スコアが表示されました。

windowsエクスペリエンスインデックスでは最大で7.9まで表示されますが、今回のInspiron 17R Special EditionではHDD以外、7.2以上あるのでかなり高いスコアです。


Core i7-3610QM (2.3GHz ※クロック数最大3.3GHz, 6MB キャッシュ)とGeForce GT 650M 2GB GDDR5のスペック詳細。Core i7-3610QMは4コア実装でHTテクノロジーによって8スレッド動作します。GeForce GT 650Mはシェーダー数が384基もあるハイパフォーマンスのモバイルGPU。

通常の環境でベンチマークテスト(リフレッシュレート60Hz)

以下のベンチマークテストは、通常のモニタと同じくリフレッシュレート60Hzの場合です。(つまり3D立体視ではない環境)。3D立体視のリフレッシュレート120Hzでは相当な負荷であり、単純に言うと2倍の負荷です。その場合のベンチマークテストは後ほど紹介します。

CINEBENCH R10のベンチマーク

CINEBENCH R10は、Cinema 4Dをベースとしたベンチマークソフトです。そのCinema 4Dというのは映画・テレビ業界・ゲーム制作・建築で採用されている3Dソフトです。マルチコアに最適化されているので、クロック数の高さだけでなくマルチスレッドでの能力を測ることができます。レンダリングにかかる時間を測定するテストですが、主にCPU性能を比較することができます。

マルチコアでレンダリング
【Inspiron 17R Special Edition 評価】
2010年6月発売のハイエンドタワーStudio XPS 9100 が、Core i7-960搭載時で「処理時間⇒46秒」だったので、それよりも速い処理時間です。少し前の上級デスクトップを超えるとは、技術の進歩はおそるべし。

CINEBENCH R10のスコア
CPUベンチマーク 処理時間⇒41秒
スコア⇒21247
OpenGL スコア⇒7115
※比較参考に別コンテンツ⇒これまでレビューしたPCと、CINEBENCH R10ベンチ比較
スコア レビューした構成

ストリートファイター4 のベンチマーク

2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲーム、ストリートファイター4にてベンチマークテストを行なっています。2次元の操作ではありますが、描写は3Dという珍しいゲームです。高スペックが要求される本格PCゲームの中では、求められるスペックが比較的低めです。

DELLでストリートファイター4を遊ぶ
【Inspiron 17R Special Edition 評価】
1920×1080 フルスクリーンで余裕のAVERAGE 114.37 FPS。2011年2月発売のDELL XPS 17(L702X)がCore i7-2670QM+GeForce GT 555M /3GB搭載で「AVERAGE 147.08 FPS」でしたが、それよりも一回り高いパフォーマンス。Inspiron 17R Special Edition はXPS 17(L702X)の後継機と捉えていますが、皆様どうでしょう?

ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示

RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

スコア 19158
AVERAGE 171.09 FPS

(備考)設定解像度 1920×1080 フルスクリーン

RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。
スコア 13113
AVERAGE 114.37 FPS

※比較参考に別コンテンツ⇒これまでレビューしたPCと、ストリートファイター4ベンチ比較
スコア レビューした構成

バイオハザード5のベンチマーク

2009年9月にPC版が登場した、バイオハザード5のベンチマークテストを行いました。日本ゲーム大賞2009 優秀賞を受賞したゲームであり、NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体3D対応ゲーム。

3Dゲームのベンチマークテストでパソコンを選ぶ
【Inspiron 17R Special Edition 評価】
1920×1080 フルスクリーンでも60fps超の66.0 fpsでした。高解像度でも快適に動作します。 2011年1月発売の中級ミニタワーXPS 8300(Core i7-2600 + ATI Radeon HD 5770 1GB搭載)では、解像度 1280×720 ウィンドウ表示で122.0 fpsだったので、Inspiron 17R Special Editionはこれに近いパフォーマンス。

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
114.3 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒139.9
エリア2⇒117.7
エリア3⇒90.0
エリア4⇒118.1
(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン
66.0 fps RANK A ⇒ 快適に動作します。
エリア1⇒71.5
エリア2⇒69.5
エリア3⇒57.1
エリア4⇒67.7
※比較参考に別コンテンツ⇒これまでレビューしたPCと、バイオハザード5のベンチ比較
スコア レビューした構成

ラストレムナントのベンチマークテスト

2009年にPC版が登場した「ラストレムナント」でベンチマークテストを実施しました。RPGなのでアクションゲームほどリアルタイム処理にシビアではないものの、ロールプレイングでは異例の最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。バトルもイベントシーンも高画質で製作されています。

プレイの目安ですが、45fps以上で普通レベルと判定され標準設定ならストレスなしのプレイが可能。ただし高負荷なシーンでは動作が重くなることがあります。そして、65fps以上なら快適レベルの判定でグラフィックを高めにしても快適な動作です。90fps以上ならグラフィックを最高にしても非常に快適なプレイが可能です。

RPGラストレムナント
【Inspiron 17R Special Edition 評価】
1920×1080 フルスクリーンでも標準設定ならストレスなしで遊べる。XPS 8300(Core i7-2600 + ATI Radeon HD 5770 1GB搭載)に近いパフォーマンス。

ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS 111.99
(備考)(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン表示
Average FPS 60.87
※比較参考に別コンテンツ⇒これまでレビューしたPCと、ラストレムナント ベンチ比較
スコア レビューした構成

デビル メイ クライ4 ベンチマークテスト

2008年に発売した「デビル メイ クライ4 」にてベンチマークテストを行いました。家庭ゲーム機では表現できない、多数の敵キャラクターが登場。(PC版のみのモード:LEGENDARY DARK KNIGHT)
ベンチマークテストでは4つのシーンから成り、そのなかでもシーン4はおびただしい数の敵が出現するため最も高負荷。ただ、シーン4は特典モードのためストーリーモードではなく、ここのFPSがやや低くても通常プレイに支障はありません。シーン1~3のFPSが通常プレイでの快適さに関わってきます。

デビルメイクライシリーズ
【Inspiron 17R Special Edition 評価】
1920×1080 フルスクリーンだと、RANK A ( 一部、動作低下の場合があるが、通常のプレイで問題なく動作。)それでもシーン4⇒63.71あるので、概ね快適と判断してよいでしょう。

デビル メイ クライ4のスコア(解像度 1280×720 ウィンドウ表示) DirectX 10

RANK S ⇒ すべての動作において快適に動作。
シーン1⇒159.66
シーン2⇒126.88
シーン3⇒183.94
シーン4⇒106.60

(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン

RANK A ⇒ 一部、動作低下の場合があるが、通常のプレイで問題なく動作。
シーン1⇒86.93
シーン2⇒71.10
シーン3⇒94.24
シーン4⇒63.71

※比較参考に別コンテンツ⇒これまでレビューしたPCと、デビル メイ クライ4 ベンチ比較
スコア レビューした構成

ファイナルファンタジーXIV

2010年9月に発売した、ファイナルファンタジーXIVのベンチマークテスト。先を見越した設定となっており、パソコン性能の向上を前提にしているため、要求されるスペックが非常に高いです。当サイトのテストではヒューラン(男)で統一。キャラクターによる負荷率は微々たる差のようです。

スコアの目安ですが【2500~2999】で標準的な動作となります。 それに満たない場合はプレイできても動作が一部または全般に重いと判定されます。なお、【1500 未満】 は動作困難でプレイ不可です。

FF14ゲーム
【Inspiron 17R Special Edition 評価】
さすがにヘビー級負荷のゲーム。HIGH(1920×1080)だと重いが、LOW(1280×720)ならばやや快適という結果でした。

ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク スコア
LOW(1280×720) SCORE = 3352 (やや快適 )
HIGH(1920×1080) SCORE = 1820 (重い )
※比較参考に別コンテンツ⇒これまでレビューしたPCと、ファイナルファンタジーXIVベンチ比較
スコア レビューした構成

ロスト プラネット2のベンチマーク

ロストプラネット2のベンチマークテスト。PC版は2010年10月14日発売で、NVIDIA 3D Vision対応。前作は「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」。

ロストプラネット2は3D対応
【Inspiron 17R Special Edition 評価】
未だ、いくらハイパフォーマンスのノートパソコンでも遊べるゲームではなさそうです。

ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 11
解像度 1280×720 (ウィンドウ表示) テストタイプAの結果
36.3 fps RANK B
シーン1⇒36.3
シーン2⇒32.2
シーン3⇒41.2
これまでレビューしたPCと、ロスト プラネット2ベンチ比較
スコア レビューした構成

発熱と消費電力


散々ベンチマークテストを1時間ほど行ってから、パームレストの発熱温度を測定。とくに左側が熱くなっていますが、ここはHDDが内蔵されているあたりですね。室内気温、30度。結構汗だくな環境下です。


CINEBENCH R10のベンチマーク測定中は、極端な変動があるものの71W前後の消費電力でした。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【2020年12月7日(月)まで】
★XPSとG シリーズ、対象のInspiron 15/14/13が、即納モデル限定で 23%オフクーポン!
(受注生産モデルでも、20%オフクーポン!)

★23%クーポン対象外モデルでも即納モデルなら、20%オフクーポン!
★Alienwareシリーズ: ノート/ デスクトップに20%オフクーポン!
★7年連続世界シェア1位!DELLモニタがオンライン・クーポンで最大30%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」  ※出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP
Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.