DELL製品を購入してレビューしているサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. DELLパソコン・モバイル旅行記
  3. 千葉県
  4. 市川市

聖武天皇の詔で建立した下総の国分寺。国分館の比定地も探る

下総国分寺跡

千葉県市川市国分にある国指定史跡「下総国分寺跡下総国分尼寺跡」に行ってきた(2015年10月)。天平13年(741年)、奈良の大仏建立で知られる聖武天皇は、全国に、一国一寺として国分寺建立の詔を発した。

下総の国では市川に国府があったので、この地に国分寺が建立された。建立の年代は明らかではないが、奈良時代であることは確実視されている。過去に数回の火災を受け、現在では跡地となってしまった。金堂、講堂、七重塔の遺構が昭和40~41年発掘調査で発見され、法隆寺様式の伽藍配置だったことが分かった。東大寺式伽藍ではないので、国分寺としては珍しい。

※国分寺の正式名を、金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)といい、僧寺(男性僧侶の寺)。
※国分尼寺の正式名称を法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)といい、尼寺。

国分山国分寺にある、下総国分寺跡

金光明四天王護国之寺-下総国分寺跡聖武天皇の詔では寺名を「金光明四天王護国之寺」として建立された。僧寺(男性僧侶の寺)である。
明治に改称となり「国分山金光明寺」と称した。この下総国分寺跡(下総国分僧寺跡)に建つ現在の寺は、「国分山国分寺」と称して寺院を継承している。現在の建物は江戸や明治期以降に建てられたもの。

仁王門南大門(仁王門)は天平時代の創建時、今より20m以上離れた位置に建立されたというが、幾度の火災により現在の位置になった。宝暦年間(1751年~1763年)に建立された桜門造りの山門は明治時代に焼失したという。

法隆寺様式の伽藍配置

国分寺伽藍配置~市川市下総の国分寺跡のレポート現在および創建時の建物位置を記した配置図。発掘調査により発見された「金堂、講堂、七重塔」の遺構位置はこの通りで、法隆寺様式の伽藍配置。本堂は金堂跡の場所にあたる。現在の墓地側には講堂跡がある。丸いポツポツは礎石の位置で、創建時の礎石が多く残っている。

国分寺伽藍配置~市川市下総の国分寺跡のレポート伽藍の復元想定図。※市立市川歴史博物館展示資料より
※金堂:本尊の釈迦仏座像が鎮座するお堂。 ※七重塔:高さは17階建てビルぐらい。 ※講堂:僧がお経の勉強する堂。

下総国分寺の礎石

礎石植木にある石は礎石の一部。

国分寺の礎石礎石に注目。

七重塔

国分寺の七重塔跡住職のお宅と思われる敷地内に、七重塔跡の石碑。

講堂跡

市川市国分寺の講堂跡墓地の中央辺りにある講堂跡。ちらほらと礎石が点在している。

下総国分寺の史跡広場

旧家・山崎茂右エ門の墓地の北には2箇所の空き地があるが、ここも遺跡。平成13年の発掘調査により、下総国分寺に関連する大型の掘立柱建物跡や遺物が発見された。国分村に連綿と続く旧家・山崎茂右エ門の子孫が、先祖代々住んできたこの土地を文化遺産として提供、公有化に協力した。その山崎氏はどこへ行ったのか・・・思ったら、下総国分寺のすぐ東側に屋敷を構えていた。家名の茂右エ門の表札があるので、すぐ分かった。

北下瓦窯跡の発見

平成16年、東京外かく環状道路建設に伴い発掘調査がされたが、下総国分寺の東側へ約300m離れた台地斜面地で、北下瓦窯跡が発見された。下総国分寺の瓦を焼いたと考えられ、登り窯と平窯の2つが確認されている。平成22年、国指定史跡としてこれが追加された。

下総国分寺では堂塔が瓦葺き建物なので多くの瓦が出土している。初期の軒先瓦では宝相華文という文様が施されているが、他の国分寺では例を見ないという。

旧家・山崎茂右エ門の市立市川歴史博物館に展示されている、出土した下総国分寺の瓦。

北下瓦窯跡バス停・国分の向かいにある丘が北下瓦窯跡(きたしたかわらかまあと)。国指定史跡なのに、放置された工事現場のようだ。中世では国分館の土塁として使われたのではなかろうか。

傾斜面に造られた北下瓦窯跡北下瓦窯跡の丘を登ってみたが、削平された地面に砂利が敷かれているだけ。そして、フェンス越しに、傾斜面に造られた北下瓦窯跡があった。ブルーシートがかぶせてあり、重石が置かれているのみ。案内板もないので、工事中にしかみえない。向かいでは着々と外環道(東京外かく環状道路)の工事が進んでいる。市川市にとって吉と出るか凶と出るか・・。

楽天トラベル

歴史巡りの旅には、宿泊料金の割引クーポンで宿探し。
お得な「枚数限定クーポン」で、普通よりもお得に泊まろう!

クーポン割引き
宿泊合計金額から2000円割引クーポンなど、大幅割引のホテルがあり!家族旅行応援クーポンや受賞記念クーポンなど様々。

市川市の地勢と、下総国分寺の位置

市川市の地勢と歴史~国分台エリア市川市は南北に細長く、北部は標高20~30mの台地と段丘の地勢となっている。そして台地の間に樹枝状の支谷が幾重も入り込んでいる。市川市の中央部(葛飾八幡宮のあたり)は、縄文期に海退が形成した砂州が東西に延びており、現在では千葉街道が通っている。八幡荘の西側に国衙領(国の土地)があり、国分寺はこの国分台に位置する。

市川市の古地図古地図によると千葉街道は昔、佐倉道と呼ばれていたようだ。

模型で見る下総国分寺と下総国分尼寺国分台の先端に建立された、下総国分寺跡(東側)と下総国分尼寺跡(西側)。

※国分寺の正式名を、金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)といい、僧寺(男性僧侶の寺)。
※国分尼寺の正式名称を法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)といい、尼寺。

国分館の跡地を比定してみる

この国分台地のどこかに国分館という城館があり、下総国分寺跡の東側に土塁や堀の一部が残るという。源頼朝に従い奥州合戦(1189年)に参加した千葉常胤の子らは千葉六党と呼ばれ、その1党である胤通は国分と名乗り、この地を治めている。国分館(国分城)の基礎は千葉胤通によるものだろう。

千葉六党とは千葉六党の治めた各領地。下総国分寺跡近くには根古屋という地名もあり、戦国期においても城館があったと考えられる。

大野城発掘調査市川市の中世城館跡。国分館は国府台城の東に位置する。二次国府台合戦で討死した正木大膳(信茂)が、最初に布陣していたのは国府台城より東の国分寺付近と言われ、大膳山と呼ばれた。おそらく国分館の比定地というところだろう。宅地化で国分館の確かな遺構は確認できないが、部分的な雰囲気だけは何となく感じる。では、想像力を働かせて探索してみよう。

国分館ジオラマ国分台地のジオラマ。国分寺の東側300m、北下瓦窯跡より北方面に土塁らしき遺構と崖が確認できる。

瓦窯跡北下瓦窯跡の土塁は北に向かってやや縦長。

竺園寺竺園寺(ちくおんじ )の本堂は低地にあるが、墓地は高い位置にある。また裏手(西側)には竹藪が北に向かってしばらく続く。天然の要害を利用した国分館の切岸ではなかろうかと思う。

大膳山-国府台合戦竺園寺よりしばらく崖が続くが、登ってみれば平坦な畑しかない。大膳山とはここのことだろうか?確かに東への見晴らしは良いし、国分川が天然の要害となっている。

国分館縦堀竺園寺すぐ南の上り坂。縦堀跡に思えなくもない。また、曲輪と思われる高台に民家が建っている。

国分館の曲輪縦堀跡風の坂から脇道に入り、日枝神社方面に歩く。曲輪に沿った歩道のようで、眼下には土塁が確認できる。

龍珠院日枝神社および隣接する龍珠院に着いたが、城郭の雰囲気はない。それにしても日枝神社のご神木が巨木で印象的。

物見台のような稲荷神社経王寺のすぐ南西にある稲荷神社は、物見台のような雰囲気がある。地図に載っていない場合が多いので、探すのにはちょっと苦労する。この先、さらに南西はもっとも遺跡らしい城郭がある。

国分館枡形虎口枡形虎口のようなところに入ると、空き地が広がる。

ほぼ確実に曲輪跡である。東への見晴らしもいい。

この曲輪からライフ市川国分店に向って下りる階段。曲輪の外周部に設けられている。

松香園は曲輪コンクリートで固められているが、国分寺の南もかなり城郭の雰囲気を残しており、松香園は曲輪の上に建っているのだろう。堀切跡または竪堀のようなところもある。国分寺から東、竺園寺~日枝神社 / 龍珠院、経王寺にかけてのエリアを国分館と比定してもよさそうだ。ちなみに、昭和初期ごろでは、この国分寺に上がっていく坂を「水汲み坂」と呼んでいたらしい。台地上では井戸を掘るのに費用がかかるから、下から水を汲んで上がったという話がある。

国分台地の北端、堀之内

国分台地の北端には堀之内という地名があり、堀之内貝塚や市川歴史博物館がある。堀之内という呼び名は、武士の館を指す用語なので、国分館がつくられた平安末期~鎌倉初期に武家が住んでいたのかもしれない。

堀之内市川歴史博物館の向かいの道路は堀跡にみえなくもない。このあたりは小さな丘が点在しているが、中世との関連性は不明。

下総国分尼寺跡(しもうさこくぶんにじあと)

法華滅罪之寺こと下総国分尼寺跡下総国分寺(国分僧寺跡)の北西500m離れた国分尼寺跡公園が、下総国分尼寺跡。明治のころまでは小高い場所だったらしい。国分僧寺と同じく、聖武天皇の詔が発せられ「法華滅罪之寺」として建立された。伽藍の区画割と石碑のみが当時を偲ばせる。

布目瓦が多く出土していたため、江戸時代以来、ここが国分僧寺跡と考えられ、「昔堂(むかしどう)」と呼ばれていた。しかし昭和7年に「尼寺」と書かれた土器が出土したため、下総国分尼寺跡と認定された。昭和42年の発掘調査では金堂・講堂跡が発見されている。かつてはここが僧寺と考えられていたため、尼寺は弘法寺か法華経寺か?などと考えられた時期もある。

国分尼寺跡公園左の写真が金堂跡、右のが講堂跡。子どもたちの遊び場で賑わっていた。

馬捨て場の馬頭観音国分尼寺跡公園の脇にある馬頭観音の石造物。ここはかつて馬捨て場であったため、供養のための馬頭観音なのだろう。

首都圏編。歴史旅の宿泊先を探す!人気の宿や観光スポットもチェック。

楽天トラベル株式会社

DELLパソコン・モバイル旅行記 TOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.