DELL製品を購入してレビューしているサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. DELLパソコン・モバイル旅行記
  3. 千葉
  4. 富津市佐貫

DELLパソコン旅行記!里見氏最盛期を誇った里見義弘の居城

佐貫城から三船山の古戦場へ

千葉県富津市佐貫にある佐貫城跡へ行ってきた。鎌倉大草紙により長尾氏が最初に築城したという説もあるが、もう一説では応仁年間に武田氏(真里谷氏)によって築かれた城とされている。 1537年、真里谷氏の内乱に乗じ、足利義明(小弓公方)・里見義堯が攻めて落城させた。これ以降、里見義弘の居城となり、久留里城とあわせて後北条氏への攻防戦の舞台となった。何度か後北条に占拠されたが、そのたびに里見義弘は奪還している。

1556年、里見義弘は佐貫城から里見水軍を率いて後北条氏の支配下である鎌倉へ進撃。この際、鎌倉尼五山の太平寺で住持していた青岳尼(しょうがくに : 小弓公方足利義明の娘)を佐貫城に連れ帰って正室に迎えている。

三船山合戦と佐貫城

佐貫城跡へ行ってきた東側から見た佐貫城(さぬきじょう)の遠景。(2015年9月登城)。別名では亀城と呼ばれる。

1564年の第二次国府台合戦で勝利した北条軍が勢いを持ち、1567年に佐貫城を攻めんと三舟山に布陣したが、里見義弘は佐貫城から出陣し三舟山にて北条軍を撃退した(三船山合戦)。

1538年 第一次国府台合戦
義明軍(足利義明・ 里見義堯 ・真里谷信応)vs 北条軍
松戸城に布陣した北条軍と、小弓公方足利義明が相模台城にて戦闘。足利義明が討ち死に。里見義堯は軍略の不一致により義明を見殺しにして無傷で撤退。
1564年 第二次国府台合戦
里見軍(義堯 ・義弘)vs 北条軍
北条軍の奇襲により里見軍の敗退。土気城の酒井胤治に救出されて戦場から脱出。
1567年 三船山合戦
里見義弘 vs 北条氏政

北条氏政が佐貫城を攻撃するため、三舟山に布陣。別働隊の北条氏照は里見義堯の居城である久留里城を攻撃。

里見義弘は佐貫城から出陣し、三舟山にて北条軍を撃退。相模国に撤退させ、安房への支配を阻止。
1577年 後北条氏と和睦(房相一和) 北条氏との大きな合戦はなくなる(小競り合いはある)

1578年には里見義弘が佐貫城で死去。家督争いとなったが里見義頼が継承し岡本城に居城、1580年に館山城を築城し、以降、里見氏の本拠は安房に移転した。

1590年の小田原征伐後は佐貫藩の藩庁が置かれ、徳川家康の家臣、内藤家長が入城した。「内藤政長、松平忠重、松平勝隆、松平重治 、一時廃城、柳沢保明(柳沢吉保)、一時廃城」と・・・藩主代えと廃城を繰り返した。

1710年、阿部正鎮が移封され佐貫城を再興。以後162年間、阿部氏が上総佐貫藩主を務め、第8代の阿部正恒まで続く。明治4年(1871年)、廃藩置県によって佐貫城は廃城となった。

宮醤油店上総国佐貫藩一万六千石の城下町だったが、現在はあまり城下町っぽくない。天保五年(1834年)創業の宮醤油店が唯一、その名残を感じさせる。

楽天トラベル

歴史巡りの旅には、宿泊料金の割引クーポンで宿探し。
お得な「枚数限定クーポン」で、普通よりもお得に泊まろう!

クーポン割引き
宿泊合計金額から2000円割引クーポンなど、大幅割引のホテルがあり!家族旅行応援クーポンや受賞記念クーポンなど様々。

連郭式平山城 佐貫城の登城

佐貫城現地登城ルートは大手門跡から。場所は非常に地味なので、佐貫城の案内板が目印となる。

佐貫城の案内板佐貫城現地の案内板は、非常に情報量が少ない。「応永年間に武田氏の築城説・・・」とあるが応仁年間(1467年~1468年)の間違いではないかと思われる。※応永年間だと1394年~1427年となる。

佐貫城は連郭式平山城城郭図をみると、佐貫城は連郭式平山城のようだ。「三の丸⇒二の丸⇒本丸⇒本丸西側の物見台」の順路で行く。
それにしても城郭めぐりには適さない9月に登城したため、じっくり散策するのが困難となった。この時期は草ボーボーで城郭が分かりにくい、蒸し暑い、藪蚊の大量発生、スズメバチの活発化で、本当に適さない。

城郭

千葉県で唯一らしい大手櫓門の石垣大手櫓門の石垣が見所のひとつのはずだが、この時期は雑草で埋めつくされている。石垣による虎口遺構は千葉県で唯一らしいが、これは戦国期の遺構ではなく佐貫藩時代の遺構だと容易に推測できる。

佐貫城三の丸三の丸。ダメだ雑草が多すぎてよくわからん。城郭図をみると段々構造のようだが。

坂虎口三の丸と二の丸の間の切岸。坂虎口になっているようだが、茂みにより分かりにくい。

二の丸。

土橋二の丸と本丸の間にある土橋。左右に空堀が広がっているが、水が溜まっており水掘のように感じる。

佐貫城の本丸跡地本丸。

物見台。

物見台はベンチが置かれ展望台となっている。こっから三舟山は見えるのだろうか・・。

茂みによる視界の悪さはいいとして、藪蚊の強襲が凄まじい!!ダッシュで撤退することにした。それにしても戦国期の遺構が印象的で、佐貫藩時代の近世城郭が大手櫓台ぐらいというのも珍しい。江戸時代には改修していないのだろう。江戸幕府が放置しているところを見ると、佐貫藩というのは眼中にはなかった規模なのか?

キダチチョウセンアサガオ佐貫城周辺では、この時期、彼岸花や木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)が印象に残った。

佐貫城から三舟山(三舟山合戦の古戦場)へこの後、佐貫城から北上し、郡ダムを抜け5km先の三舟山(三舟山合戦の古戦場)へ向かった。三舟山へは2013年に続き、2度目となる。

パソ兄さんがオススメするDELLパソコン!

城郭に関する本

DELLパソコン・モバイル旅行記 TOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.