DELL製品を購入してレビューしているサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. DELLパソコン・モバイル旅行記
  3. 千葉県
  4. 米本城

米本城~村上氏滅びの城

2014年9月、千葉県八千代市米本字内宿に所在する米本城(よなもとじょう)へ登城した。戦国期にかけての土豪・村上氏の居城である。八千代市郷土博物館の米本城址解説では以下のようにある。

「城の範囲は南北300m、東西150mで、南に飛び出た舌状台地に4つの曲輪と3本の堀から出来ている。米本城は2の堀から先の部分が室町時代中期に造られ、村上綱清のころに現在の大きさに拡張されたと考えられる。佐倉風土記によると、城主は村上氏で、1558年3/13に村上綱清は自殺し、廃城したとある。」

米本城の遠景新川側から眺めた米本城の遠景。1967年の土採りで、本丸・2の丸は消失した。どこもかしこも昭和40年代は城郭破壊のラッシュである。欲にかられて歴史などどうでもよかった人間が多かったのだろう。

信濃の国人領主で知られる清和源氏・村上氏は、武田氏の侵攻によって終焉を迎えているが、一部の氏族が下総に移ったとされる。その一族である村上綱清は千葉氏家臣となっている。ゆえに米本城はお隣(佐倉市)にある臼井城の支城であったと考えられる。臼井城は1561年、上杉謙信に従う正木信茂(里見勢)に攻められ落城していることから、米本城の落城は佐倉風土記にある1558年ではなく1561年であり、里見勢による攻撃だと推定される。

京成大和田駅からの徒歩史跡巡りのルートは、京成大和田駅からの徒歩。要所は、飯綱権現砦(飯綱神社・権現山)、米本城、正覚院(武士の館跡)とする。マップをみると、他に妙泉寺城、吉橋城、尾崎館、高津館などの史跡が八千代市にある。鎌倉時代に武士団がこのエリアにて急速に勢力を拡大してきたが、そのなかでも正覚院は最も古い史跡だそうだ。

飯綱権現砦(飯綱神社)~太田道灌が布陣したという

まずは米本城の砦とされる権現砦(権現山)へ向かう。1479年、太田道灌が米本の龍ヶ城を攻めたとの記録があり、龍ヶ城というのは米本城のことだと比定される。その龍ヶ城攻めのときに、太田道灌が権現砦に布陣したらしい。

太田道灌が戦った相手
年代からして、太田道灌が戦った相手は村上氏ではないと推測される。臼井城攻めなので千葉氏の息がかかった者だろうが、一体誰と戦ったのだろう。飯綱権現砦の頂上へは車道の参道から登ってしまった(八千代市文化伝承館の職員用と思われる)。

八千代市文化伝承館-飯綱神社権現砦の頂上は平場になっており、八千代市文化伝承館、立派な神木、鐘楼、飯綱神社本殿がある。

八千代市文化伝承館は、「民俗文化や日本舞踊・三味線・茶道・華道などの日本古来の伝統文化を、保存・継承や発展させるための活動を手助けするための施設」らしい。やる気のなさそうな職員がいるだけで、特に見るべきものはない。飯綱神社三十三年式年大祭の神輿が展示してあるだけ。郷土博物館で総括すればいいのではないかという印象。

飯綱(飯縄)権現飯綱神社本殿。飯綱(飯縄)権現とは、信濃国にある飯縄山(飯綱山)の山岳信仰で知られる神らしい。信濃村上氏の一部がここに移ってきたということが確信できる場所だ。

米本城攻めの策さすが砦というだけのことはあり、見晴らしがいい。太田道灌もここで米本城攻めの策を練っていたのであろう。

参道こちらが昔ながらの参道のようだ。急階段で年配者には恐怖を感じるだろう石段。

城橋

米本城に差し掛かる城橋に到着。新川を挟んで米本城が確認できる。新川が天然の要害だったことは言うまでもない。

国破れ蛍哀しむ城の橋城橋の手前には「国破れ蛍哀しむ城の橋」という碑が置かれている。城橋はほとんど車道であり、並列して歩行用の橋があるのでそちらを渡った。真っ先に米本城址には行かず、まずは縁の長福寺へ。

村上綱清の開基で菩提寺、長福寺

長福寺米本城主-村上綱清開基の寺、米本山長福寺(曹洞宗)を参拝。村上氏の菩提寺である。所々、城郭らしき地形が見られるので米本城の一画であると判断できる。

戒壇石(結果石)山門の左側に建つ戒壇石(結果石)には「禁芸術売買之輩」と彫られおり、芸術売買の輩を禁ずと読む。1838年の建立。
芸術売買の輩とは旅芸人や物乞いまがいの人たちを指しており、高い風格ゆえに境内での見世物商売を禁じていることを記した石碑だという。

米本神社(北東を守る妙見社)

米本神社ならびに白旗神社米本城から200mほど離れたところにある米本神社ならびに白旗神社。米本神社はもともと千葉氏の信仰する妙見社で、妙見とは北斗七星を神格化した軍神としている(ゆえに千葉氏は九曜紋や月星紋を用いる)。村上氏は千葉氏一族ではないが、千葉氏の傘下にあることがよく分かる。なお、米本城の東北(鬼門)の守りが米本神社で、南東の守りが七百余所神社とされる。

米本城への入り口

米本城への入り口はここです米本城への進入路は、下調べしておかないと確実にわからないはず。(竹の塀が目印であり、案内板はない。一見、民家の敷地だと思ってしまうので入るのを躊躇する)

米本城址~今も昔も滅びの城

今も昔も滅びの城大手門付近にある案内板。文字がかすれていてほとんど解説が読めない。気軽に散策できるのは腰曲輪ぐらい。

縄張り米本城の縄張りをチェック。城下には家臣団の屋敷と思われる名前が記されている(~左衛門、右衛門)。村上家臣団の子孫は近辺に住み続けているようだ。

米本城・立体模型郷土博物館の米本城・立体模型。20mくらいの舌状台地に「本丸、2の丸、3の丸」までの三つの郭を連ねる構造。白いラインは破却されたエリアのようだ。1967年の土採りで、本丸・2の丸は消失した。採土のためって、都心じゃあるまいし、畑だらけのこの地でよりによって主郭を狙うなど訳がわからん。

米本とか村上とか地名が使われているのに、その基になっている遺跡を破壊する行為が理解できない。また郷土博物館まであって八千代市の歴史を語り継いでいる割には、遺構管理がおざなりというのはどういうことだろうか?

寂れたキャンプ場みたいな雰囲気腰曲輪。朽ちたテーブルと椅子が置いてあり、寂れたキャンプ場みたいな雰囲気。虫除けを塗りたくったのにもかかわらず、ヒトスジシマ蚊が大軍で総攻撃をしかけてくる。ある意味、米本城の攻防戦。

虫除けのおかげであまり刺されることはなかったが、ギリギリの距離まで包囲されていた。さすがにここまで広がっていないと思うが、今(2014年9月)デング熱が話題になっているのでこの蚊には非常に警戒する。

しろぬし様こと咳の神様左:しろぬし様こと咳の神様。右:2の堀への道は封鎖されている。

もう少し探索したい所だが、ヒトスジシマ蚊があまりにも多いのでここで退避。また、ヤブと蚊で調査が億劫になるため冬場での探索がよさそうだ。史跡としてまともな整備がされていない上に、主郭および城郭の半分は破壊されていることが非常に残念。

※咳の神様:1344年の板碑があり、しろぬし様、咳の神様と呼ばれる。竹筒にお茶を入れて奉納すると咳が治るという信仰がある。老兵が逃げ遅れて茂みに隠れていたが咳をしたため敵兵に見つかり殺された。板碑はその老兵の墓だとも言われる。
1344年は鎌倉幕府が滅んで間もない南北朝時代であるため、村上氏の築城以前に何かしろの城郭があったのであろう。しろぬし様というくらいだから一介の老兵ではなく城主なのではないかと個人的に想像する。

七百余所神社~700名がここで自刃?

七百余所神社米本城の南東の守りである七百余所神社。砦の要素もあり土塁と思われる遺構が残っている。米本城から落ち延びた村上綱清および武士700名がここで自刃したという伝承があるが、七百余所神社という社名は、八百万(やおろず)ならぬ七百の神々が祀られているからではなかろうか。それに家臣団の子孫が未だに住み続けていることから700名自刃伝説はにわかに信じがたい。

楽天トラベル

歴史巡りの旅には、宿泊料金の割引クーポンで宿探し。
お得な「枚数限定クーポン」で、普通よりもお得に泊まろう!

クーポン割引き
宿泊合計金額から2000円割引クーポンなど、大幅割引のホテルがあり!家族旅行応援クーポンや受賞記念クーポンなど様々。

鎌倉時代の典型的な武士の館跡。正覚院

正覚院館郷土博物館の200m西に村上のお釈迦様で知られる正覚院館址があり、鎌倉時代の典型的な武士の館跡である。

鴛鴦寺(お しどりでら)地図の矢印の方向から曲がりくねった階段を降り、正覚院へ向かう。通称では鴛鴦寺(お しどりでら)と呼ばれる。

正覚院のオシドリ伝説というのがある。・・・1156~1158年ごろ平真円という人がおり殺生を好んでいた。あるとき、近くの阿蘇沼で一羽の鴛鴦(おしどり)を射止めカゴに入れて帰った。その夜、真円の枕元に女が立ち、夫を殺したと嘆き哀しむ。「日くるれば誘いしものを阿蘇沼のまこもがくれの一人寝ぞうき」と歌を残す。
真円が翌朝起きると、オスの鴛鴦にメスの鴛鴦がくちばしを合わせて死んでいた。真円は殺生を恥じ出家し、ここに草庵を建て、池証山鴨鴛寺(ちしょうざんおうえんじ)正覚院と名づけた。

近くの阿蘇沼ってどこなんでしょうね。

本堂裏手本堂と境内の様子。本堂裏手の墓地の奥には堀が残されているらしい。

釈迦堂正覚院釈迦堂とその近辺、鐘楼。

土塁現存している土塁。

厳島神社隣接する厳島神社。昔は沼に浮く小島だったのであろう。

以上、千葉県八千代市の村上氏の居城、米本城址巡りレポート終了。主郭が破壊されたとはいえ、整備次第では魅力的な史跡となりそうな余地はある。後世の地元民がこれ以上の破壊を許さないためにも、整備して知名度を上げるべきだろう。

首都圏編。歴史旅の宿泊先を探す!人気の宿や観光スポットもチェック。

楽天トラベル株式会社

DELLパソコン・モバイル旅行記 TOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.