15インチクラスで最薄設計の15.6インチノート、DELL XPS 15z(L511z)。誤操作しにくい浮石型キーでキーボードバックライトも装備。

納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド

免責事項・ご連絡等

当サイトはリンクフリーですが、当サイトのデザインおよびテキストの無断転載・複製を固く禁じており対処しています。当サイトでは、楽天リンクシェア、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。当サイトをご利用の際は、以下にリンクの免責事項をよくお読みください。

サイトマップ~DELLガイド

メインコンテンツ

  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. XPS 15z(L511z)レビュー項目
  4. 現在のページ

15インチクラス最薄ボディのXPS 15z(L511z)をレビュー!

2011年5月に発売した、15インチクラス最薄ボディを誇るDELL XPS 15z(L511z)をレビュー紹介します。今回レビューするXPS 15zは、サポート管理されるコンピューターモデル名ではXPS L511zと呼ばれています。DELLはフルモデルチェンジしても製品名を変えない場合があるので、今回のレビューはXPS 15z=L511zであることをご理解ください。以降、XPS 15z(L511z)と表記いたします。

DELL XPS 15z(L511z)をレビュー紹介します
レビューは2011月7月時点の情報です。最新情報はDELLサイトにて。

、約2.5センチの厚さという極薄ぶり。デルの社内分析(2011年2月)
最大の特長といえば、据え置きノート定番の15.6インチでありながら、約2.5センチの厚さという極薄ぶり。デルの社内分析(2011年2月)によると、15インチクラスで業界最薄を実現しているそうです。
そっくりとは言いませんが、かなりMacBook Proを意識したのではないかと思います。アルミ板から削り出すユニボディではありませんが、そのような雰囲気を楽しませてくれます。

こう見えても、パフォーマンスはミドルクラス!

価格がDELLのミドルノート(XPS 15)と大して差はなく、もっとスタイリッシュなノートがほしいというニーズに応えています。通常ですと、このようなタイプはスタンダードノートより劣るCULVノートなんですが、実はスペックの高いミドルノートなんですね。
XPS 15z(L511z)は中堅の本格ゲームにも使用できるグラフィックパフォーマンスがあり、中級者以上が好むミドルクラスに位置します。光学ドライブも搭載するので、デザインだけでなく、高い実用性も備えています。

以前、DELLはAdamoブランドでアルミ板の削り出し極薄ボディを展開していましたが、「デザインだけで、性能も実用性もコストパフォーマンスも欠ける」という結果でした。
そこでアルミ板の削り出しではありませんが、XPS 15z(L511z)の登場で極薄スタイリッシュを求めるミドルユーザーの的を得たのではないでしょうか。

幻と消えたDELL Adamoのシンパシーモデルなのか?

Adamo13。MacBook Airを抜いて世界最薄
▲これが2009年頃にDELLが展開したAdamo13。MacBook Airを抜いて世界最薄を実現したモデルですが、当サイトではほとんど反響がありませんでした。デザインばかりで、実用性もコストパフォーマンスも魅力がなければダメな例だと実感しました。

XPS 15z(L511z)は削り出し風ですので、コストアップにはならないでしょうし、ミドルノートの性能ですので、長期的に使用するのにも安心です。光学ドライブもあるのでメインPCとして不服ありません。こういったスタイリッシュノートに憧れていた方には、選択肢となります。

少々厚くはなるが、姉妹機XPS 15(L502X)のほうが実用性がある

比較対象となるXPS 15(L502X)。
▲おそらく購入比較対象となる姉妹機XPS 15(L502X)。
メインミドルにXPS 15(L502X)がありますが、今回のXPS 15z(L511z)と迷いますよね。ミドルノートの範囲でより機能重視ならXPS 15(L502X)、デザイン重視ならXPS 15z(L511z)となるでしょう。

  • 装備するインターフェースは同じ(USB3.0 × 2つ、USB2.0/eSATA共用/PowerShare × 1つ、HDMI、Mini DisplayPort、メモリカードリーダー)。
  • チップセットHM67で、プラットフォームは同じ。
  • XPS 15(L502X)のほうがさらに高いカスタマイズが可能。
  • XPS 15(L502X)はHDDやワイヤレスのライトを装備。
  • XPS 15(L502X)はJBL製2.1chスピーカ内蔵、XPS 15z(L511z)はノーマル2ch
  • XPS 15(L502X)はトレイ式光学ドライブ、XPS 15z(L511z)はスロットイン式。
  • XPS 15(L502X)は標準6セルバッテリー、XPS 15z(L511z)は大容量8セル。
  • 6セルバッテリー搭載のXPS 15(L502X)よりも300gほど軽い。

XPS 15z(L511z)を選ぶ最大の要素は「ミドルノートでありながら、約2.5センチの厚さという極薄」となりそうです。

なお、これからレビューしていく情報は2011年7月時点および、レビュー実機についてです。DELLパソコンはカスタマイズPCという特性上、購入時期によって仕様や構成の変更もありえます。購入の際はDELLサイトにて最新情報をご確認ください。

次は、DELL XPS 15z(L511z)の主要ポイントチェック!

XPS 15z(L511z)レビューリスト

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

9万円以上購入なら ⇒ 【3000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7500ポイント付与の優待専用ページ】

※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.