ちょっと重量級だけど、モバイルに適した14インチ最強ゲームノート!
14インチのモバイル・ゲームノート、DELL Alienware M14xを紹介します。約2.9kgなのでやや重量がありますが、ハイパフォーマンスのグラフィック性能を持ち出すことができます。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド

免責事項・ご連絡等

当サイトはリンクフリーですが、当サイトのデザインおよびテキストの無断転載・複製を固く禁じており対処しています。当サイトでは、楽天リンクシェア、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。当サイトをご利用の際は、以下にリンクの免責事項をよくお読みください。

サイトマップ~DELLガイド

メインコンテンツ

  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Alienware M14xレビュー項目
  4. 現在のページ

DELLのモバイルゲームノート、Alienware M14x

14インチの本格ゲームノートAlienware M14xを展示会場で拝見したのでちょっと紹介します。外観だけなのでレビューと言えるレベルではありませんが、撮影した分に限り記事を書きます。

Alienware M14xは2011年4月に発売されました。14インチなので、据え置き用かモバイル用か微妙なラインですが、DELLサイトではどうやらモバイル・ゲームノートとして押しているようです。重量は最小でも約2.9Kgあり、モバイルにしてはヘビー級です。15.6インチノートのXPS 15が2.5kgほどなので、気軽にモバイルとはいかないでしょう。重量はともかく、14インチノートですので、通常のカバンに入れて持ち運べるのはメリットですね。(サイズは幅337mm × 奥行258.34 mm × 厚み37.8 mm 。)

DELL Alienware M14xまた、Alienware M14xは他社製と比べても類のない最強14インチノートですので、熱狂ゲームユーザだけでなく、グラフィックワーク中心のビジネス用にも高いパフォーマンスを活かせそうです。ただ、この独特なデザインにはクライアントもびっくりするに違いありません。意外と話のネタになったりして・・。価格もゲームノート構成にしてはかなり安いので、無理なく購入できるモデルでしょう。

Alienware M14xはSandyBridge設計であり、モバイル Intel HM67 Express チップセットを採用。第2世代Core i5/i7が搭載可能です。この展示機ではCore i7-2630QMが搭載されていました。4コアのクアッドコアでHTテクノロジーによって8スレッド動作します。マルチコア対応ゲームではパフォーマンスが有利です。Core i7-2630QMの場合、ターボブーストテクノロジー2.0によって、2.0GHzから最大2.90 GHzまでクロックアップします。ターボブーストも2世代目となりクロックアップに踏ん張り機能をみせます。

第2世代Core iシリーズでは「×××0が通常電圧版、 ×××9が低電圧版、 ×××7が超低電圧版」なので、Alienware M14xでは通常電圧版が採用されています。

NVIDIA Optimusテクノロジーが採用で自動省エネ

ゲームノートと言えば消費電力の高さですが、節電機能も備わっています。NVIDIA Optimusテクノロジーが採用されているため、ネットなど軽度の使用では電力食いのGPU機能はオフとなり、内蔵グラフィックのHDグラフィックス3000が機能します。自動で切り替わるので手間いらずです。標準で大容量8セルリチウムイオンバッテリが採用されているので、ゲームでの長時間プレイを考慮しているようです。8セルバッテリーなら、やや重量増しになるの道理でしょう。

WindowsエクスペリエンスインデックスをAlienware M14xで
Windowsエクスペリエンスインデックスをみたところ、省エネモードのためグラフィックはHDグラフィックス3000で動作しておりました。ゲーム以外ではほとんどGPUの出番はないでしょう。

メモリは最大8GBまで搭載可能となっており、DDR3 SDRAMメモリを採用。一般的な1333MHzか、もっと高速な1600MHzが選択できます。

GPUにはNVIDIA GeForce GT 555Mを搭載しており、ビデオメモリを1.5GBか3GBか選べるようになっています。ほとんどのゲームは1.5GBで十分だと思いますけど。
GT 555MはGT 500シリーズの最強ファミリーです。CUDAコアが144基もあり、ゲーム用に申し分ないグラフィック性能です。

「GeForce GT 400M」シリーズ
ファミリー GT 445M GT 435M GT 425M GT 420M GT 415M
開発コード GF106 GF108 GF108 GF108 GF108
CUDAコア 144基
96基
48基
コアクロック 590MHz 650MHz 560MHz 500MHz 500MHz
シェーダー
クロック
1180MHz 1300MHz 1120MHz 1000MHz 1000MHz
3D Vision × ×
「GeForce GT 500M」シリーズ
ファミリー GT 555M GT 550M GT 540M GT 525M GT 520M
CUDAコア 144基
96基
48基
コアクロック 590MHz 740MHz 672MHz 600MHz 740MHz
シェーダー
クロック
1180MHz 1480MHz 1344MHz 1200MHz 1480MHz
3D Vision × ×

「GeForce GT 400M」シリーズと「GeForce GT 500M」シリーズのスペック表を掲載するので、比較の参考にどうぞ。当然、若干のパフォーマンス差はあると思いますが、GT 555Mは前世代にあたるGT 445Mに近い性能でしょう。※GT 445Mの性能はレビュー済みです

Alienware M14xはLEDバックライトの光沢液晶モニタを採用
Alienware M14xはLEDバックライトの光沢液晶モニタを採用。ベゼルレスのフラットな表面です。14インチ画面ですが、解像度は1366X768および1600X900が選択可能です。
画面上部には、200万画素HD解像度カメラを内蔵。

システム制御やイルミネーションライトなどのカスタマイズは、Alienwareコマンドセンターというユーティリティソフトを使います。Alienwareコマンドセンターには、AlienFX Lighting(イルミネーションの割り当て)、AlienFusion(電源管理)、AlienTouch(タッチパッドコントロール)があります。この写真に映っているのはAlienFX Lightingです。
イルミネーションの割り当てが可能
各ゾーンへのイルミネーションの割り当てが可能。ディスプレイを開いている状態では、9ヶ所のゾーンがあります。
Alienware M14xのキーボード
Alienware M14xのキーボードとその周辺をチェック。

ALIENWARE M14xは近未来的なデザイン。
やや近未来的なデザイン。

、くっきりとした視認性のあるキーボード
白い縁取りがしてあり、くっきりとした視認性のあるキーボード。キーボードのイルミネーション・ゾーンは4区画あります。


会場が明るいのでキーボードバックライトのイルミネーションが分かりにくいですが、こうするとちょっと分かっていただけるでしょうか?イルミネーションカラーの変更はもちろん、オフも可能です。

スペースキーに面積を割り振ってエイリアン
キーボード左側。スタートキーはやや小ぶりで、スペースキーに面積を割り振っているようです。

ゲームノートということもあり、Alienware M14x
キーボード右側。ゲームノートということもあり、特にカーソルキーには気を遣っているようです。カーソルキーは一段下がって配置されています。

フルサイズのキーではありません
カーソルキーの操作。フルサイズのキーではありませんが、操作はしやすいです。これで誤操作の軽減がされています。

DELL独特
ほどよい手応えで、ゲームノートっぽい操作性。Enterキーが2列目なのはDELL独特ですが、空間もあるのですぐに慣れるでしょう。

斜め角度から。エイリアン
斜め角度から。

指になじむ波状型。
キートップは指になじむ波状型。

ALIENWAREの発光ロゴ
ベゼルに見えるALIENWAREの発光ロゴでは、イルミネーション設定が可能。
エイリアンヘッドは電源ボタン。これもイルミネーション設定が可能。エイリアンヘッドの発光はバッテリーの残量や充電具合、スタンバイモードなどのステータスによって変化します。

カラー設定できるイルミネーション。
タッチパッド。縁はカラー設定できるイルミネーション。

クリックボタンの手応えもよし。
クリックボタンの手応えもよし。

コンセプトカーのようなデザイン。
正面からみると、コンセプトカーのようなデザイン。

イルミネーション設定が可能。
従来のモデルと同じであれば、ここはスピーカー部分。(未確認。)イルミネーション設定が可能です。

Waves MaxxAudioが搭載
右側スピーカー。サウンドシステムにはWaves MaxxAudioが搭載され、サウンドデバイスでは5.1chに対応。また、HDMI接続の7.1chに対応。さらに創業1946年の老舗メーカー・Klipsch(クリプシュ)の内蔵2.1スピーカ構成。ゲームでは肝心要の臨場感あるサウンドとなっています。


キーボードの上部にスピーカらししきものが見えますが、何なのか不明。マニュアル書をダウンロードして確認しましたが触れられていませんでした。左側にワイヤレスのライトとCapsLockのライトが配置されています。

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

9万円以上購入なら ⇒ 【3000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7500ポイント付与の優待専用ページ】

※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

次は、Alienware M14xをレビュー(2ページ目)

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.