DELLパソコン使用レビュー(ライバル他社比較)2010年9月のHP新商品発表会にて、個人向けPC新商品をレポート
DELLパソコンを紹介する当サイトですが、DELLのライバルであるHP(ヒューレット・パッカード)の動向を探ってきました。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド

サイトマップ

HPパソコンレビュー

ENVY17-j100 Leap Motion SE 2014年2月時点・Haswell

ENVY Phoenix 810
2014年2月時点・Ivy Bridge-E

ENVY 700-260jp
2014年2月時点・Haswell設計

Pavilion 500-140jp
2014年2月時点・Haswell設計

Pavilion TouchSmart 10-e000
2014年2月時点・
AMD Aシリーズ APU搭載

2013年以前のHPパソコン

 

  1. HOME
  2. HPノートパソコン
  3. HP

HP Pavilion Notebook PC dv7 をレポート(概要)

dv7 冬モデル
日本HP(ヒューレットパッカード)、2010年冬モデル発表会にて、「HP Pavilion Notebook PC dv7 冬モデル」を見てきました。アルミニウムボディが印象的な17.3インチワイドノートで、Core i5およびCore i7搭載可能です。 Core i7は4コア実装で、HTテクノロジーによって8スレッド動作します。Core i5は2コア実装でHTテクノロジーによって4スレッド動作。チップセットにモバイル インテル HM55 Expressを採用しています。

dv7 冬モデル搭載可能CPU

メモリはPC3-10600 DDR3-SDRAM を採用しており、最大8GBまで搭載可。メモリスロットは2スロット。HDDは2台搭載することができ、最大2TB HDD (1TB×2) まで搭載できます。また、SSDとHDDの組み合わせの搭載もできます。

単体グラフィックにはATI Mobility Radeon HD 5650を搭載しており、設定次第ではそれなり高度な3Dゲームも楽しめます。DELLでいうと、Studio 17終了と同等製品です。
バッテリー駆動時間は公称値で約 5 時間 あり、まずまずのロングライフ。

HPから提供
なお、会場では薄暗くて綺麗に写真が撮れませんでしたので、ここでHPから提供してもらった写真をアップしておきます。

1,600×900の解像度
17.3インチワイドの画面に、1,600×900の解像度。一般的な15インチクラスのノートと比べて、画面が大きいだけでなく、広領域。DELLの同等機Studio 17終了では1,920 x 1,080のカスタマイズもありますが、当機種では1,600×900オンリー。
フラットで、すっきりしたディスプレイデザインです。

内蔵するWebカメラは約30万画素。DELLではこのクラスのノートに200万画素を内蔵するので、それと比べると画素数が少ないですね。

インターフェースhp
インターフェースは、VGA端子×1、ギガビットイーサーLAN、HDMI端子×1、USB2.0ポート×計4(1ポートはeSATAポートと兼用)、、マイク入力×1、ヘッドフォン・ラインアウト出力×1、5in1メディアスロットを装備。

ブルーレイディスクドライブが搭載
右側面。DVDスーパーマルチドライブ および、ブルーレイディスクドライブが搭載できます。ブルーレイディスクドライブは、DVDスーパーマルチドライブの機能を兼ね備えています。無線LANにIEEE802.11b/g/nを標準搭載していますが、Bluetoothはオプションです。

ALTEC LANSINGブランド
本体前面にはALTEC LANSINGブランドのステレオスピーカーを内蔵。底面にHPトリプル・バス・リフレックス・サブウーファーを内蔵。

電源ボタン。
電源ボタン。

キーボードをチェック
次はキーボードをチェック。

浮き石型キー
フルサイズキーボードで、さらにテンキーが付いています。基本的にデスクトップPCと同じ操作性です。1つ1つが独立したキーで、いわゆる「浮き石型キー」を採用。キートップは、台形ではなくストレートな長方形なので、極力面積を稼いでいます。
キーボードの上部に、「ファンクションボタン」を配置。無線LANのオン・オフやスピーカーの音量調節が行えます。DELLでいう、マルチメディアキーですね。カーソルキーは少し独特。上下カーソルはともかく、左右カーソルは扱いやすい。

キーストロークは2mm
キーストロークは2mm。一般的なのは3mmなので少し浅めというところでしょうか。

タッチパッドのクリックボタン
タッチパッドのクリックボタンは賛否両論ある「一体型クリックボタン」です。段差が無く、移動の操作エリアが広がりますが、押したときの手応えが物足りないというユーザーもいます。 左上の点は、クリックパッドのオンオフを切り替えるボタンです。
上下にスペースが余っているので、タッチパッドの面積がもっと広げられると良かったと思います。

HP Pavilion Notebook PC dv7!レポート リスト

DELLと比較!HPパソコン・レビュー・TOP