DELL Studio 17レビュー
DELLユーザーのパソ兄さんが、Studio 17をレビュー紹介。大画面17.3インチワイド光沢液晶ノート!数少ない、デスクトップ機に匹敵するノートパソコンです。名門「JBL」製スピーカーを内蔵。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
デルパソコン使用レビュー
DELLパソコン使用レビューでDELL Studio 17を購入

サイトマップ~DELLレビュー

セキュリティソフトの選び方 パソコンで英会話学ぶ

パソコン購入のコツ
DELLのキャンペーン情報
パソコンパーツ知識・一覧
PCベンチマーク記録集

DELLデスクトップレビュー

DELL液晶一体型レビュー

DELL15.6インチノート

DELL17.3インチノート

DELL13.3インチノート

DELL14インチノート

DELL周辺機器レビュー

旧作DELLレビュー

DELL Studio 17レビュー、17.3インチ大画面ノート!

使いやすさ、性能パフォーマンス、豊富なインターフェース装備で、デスクトップパソコンの代替にもなる大画面ノート「Studio 17」をレビュー紹介します。パソ兄さん自身はメインパソコンにデスクトップ派ですが、「このStudio 17ならメインにしてもいいかも」と、心が揺らぐモデルです。何よりもHDDを2台まで搭載できる拡張性があるので、Studio17の右に出るノートパソコンはそうそうないでしょう。

Studio 17は2008年に登場していますが、何度かフルモデルチェンジを行っています。システムモデル名では、Studio 1735,1737,1745,1747,1749とリニューアルされています。Studio 1745~1749はセットアップガイドが共用なので、この辺は外見上が同じと思われます。2010年6月時点では、Core i5 / i7搭載機として販売されています。

※Studio 17はすでに販売終了しています。ただいま、こちら↓のDELLノートが要チェックモデルです。ますます、性能アップ!

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

パソ兄さんサイト経由限定!優待情報!

DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

Studio 17と15.6インチのStudio 15
Studio 17は大画面の17.3インチワイド光沢液晶を搭載。右側に15.6インチのStudio 15がありますが、サイズ比較してみてもStudio 17が一回り大きいことが分かります。

Studio17の解像度は1600x900
解像度は1600x900および、フルHDの1920x1080が搭載可能です。15インチクラスのフルHD解像度は文字が小さくなりがちですが、17.3インチもあればフルHD解像度も快適です。光沢液晶なので画面のコントラストが高く、引き締まった映像を楽しめます。あまり、照明が強いと映り込みのデメリットがありますが、角度調整や部屋の明かりを調整することで解決できます。ディスプレイ上部には200万画素Web カメラを内蔵しています。デュアルアレイマイクも内蔵しており、高品質で音声を拾うことができます。

マルチタッチディスプレイにも対応(オプション)
オプションでマルチタッチディスプレイにも対応されるようになり、画面タッチで操作することも可能になりました。遊び感覚では楽しいものですが、実用ではイマイチなところもあるので、無理に追加する要素ではないです。

DELL Studio 17の天板とカラーバリエーション

天板のカラーバリエーションDELLサイトをチェック
天板のカラーバリエーションも取り揃えており、2010年6月時点では「ブラック・チェインリンク、インテリジェント・ブルー、クラシック・レッド、プラム・パープル、オリーブ・グリーン、チェリー・ピンク」があります。ただ、購入時期によって異なるのでDELLサイトをチェックしてみてください。

サイズは、幅413.6 mm、厚み27.7 mm~39.0 mm、奥行き280.6 mm、重量は6 セルバッテリ搭載で3.2 kgほどです。外出先に持ち運ぶのには大きいですが、自宅内での置き場所移動ではデスクトップより楽です。ケーブル類のわずらわしさも少ないです。

フルサイズ&テンキー付き!DELL Studio 17のキーボード

DELL Studio 17のキーボード
フルサイズキーボードでテンキー付き。テンキーも特異サイズではなく、フルサイズです。デスクトップ・キーボードのような操作性です。大画面ノートならではの醍醐味ですね。

タッチセンサー式のマルチメディアキー
タッチセンサー式のマルチメディアキーを搭載。音量調整やメディアの再生停止スキップなどの操作をワンタッチで行えます。DELLノート製品の多くは、Studio 17のように独立ボタンではないので、Studio 17の上位ぶりが伺えます。

名門JBL製スピーカー内蔵

名門「JBL」製スピーカーを内蔵
購入ポイントとしてかなり気になるのが、名門「JBL」製スピーカーを内蔵し、サブウーファも内蔵していることです。2.1chサウンドでしかもSRS Premium Sound対応。
実際に音楽を視聴しましたが、音のよさにびっくりしました。Studio 15も2.1chサウンド仕様ですが、Studio 17のほうが断然クオリティが高いです。JBL製スピーカーの良さは実感できると思います。(無論、それなりのアンプ内蔵外付けスピーカーにかなうレベルではありませんが、内蔵スピーカーでなら最高峰かと思われます。)

JBL製1.5Wスピーカーを配置。
パームレストの両端に、JBL製1.5Wスピーカーを配置。

JBLのロゴ
JBLのロゴがさりげなく見えます。3Wのサブウーファーは底面に内蔵しています。

現在はCore i5/i7モデルとなっています
パームレスト左側にあるJBL製1.5Wスピーカー。なお、このレビュー機はCore 2 DuoおよびVista搭載のものですが、現在はCore i5/i7モデルとなっています。デザインやインターフェース等はそのまま踏襲していますので、参考にどうぞ。

JBL(ジェイ ビー エル)とは
JBL(ジェイ ビー エル)は、1946年に設立されたアメリカの老舗スピーカー・メーカー。映画館やスタジオなどでよく見かけ、どちらかというと玄人向け。現在はハーマン・インターナショナルに買収され傘下に入っています。JBLの名は、創設者および技術者のジェームス・B・ランシング(James Bullough Lansing )から。

SRS PREMIUM SOUNDとは
SRS PREMIUM SOUNDとは、次の4つのサウンド技術の構成からなるテクノロジーです。「ボーカルや台詞の明瞭感を高める技術、音場を適切な高さまで引き上げる技術、サウンドに本来の広がりと深みを与える技術、実際にはスピーカーから出ていない重低音を感じさせる技術」。正直、素人のパソ兄さんには、違いを感じ取ることができません。


DELL Studio 17のインターフェース

Studio 17のインターフェース
「VGA端子、DisplayPort端子 、HDM端子
Studio 17の左側面インターフェースを紹介します。左から、セキュリティケーブルスロット、ギガビットイーサーLAN、VGA端子、DisplayPort端子 、HDM端子、 USB端子(e-SATA共有)、アンテナ入力コネクタ、34 mm ExpressCard スロット、マイク端子、ヘッドフォン端子2つを装備。

ここでのポイントは、外部モニタ出力に「VGA端子、DisplayPort端子 、HDM端子」と3拍子揃っていることです。将来的な面でも安心です。それとここのUSB端子は、Power Share USB仕様なので、Windowsを立ち上げなくても、USB経由の充電が可能です。携帯電話やオーディオプレイヤーなどUSB経由で充電をするケースが増えた現在では便利な機能です。USB端子と共有ですがe-SATA端子の装備も注目点です。USBより高速なので外付けHDDへのバックアップが速いです。大容量の動画を扱うユーザーにはもう必須端子ですね。

Studio 17の左側面インターフェース
スロットイン式光学ドライブは扱いが非常に楽
Studio 17の左側面インターフェースを紹介します。左から、IEEE 1394a、8-in-1 メディアカードリーダ、USB端子、スロットイン式光学ドライブ、USB端子、電源コネクタ、電源ボタンを装備。

スロットイン式光学ドライブは扱いが非常に楽で、「ディスクの挿入」の1工程で済みます。これがトレイ式なら、「トレイ引き出しボタンを押す⇒トレイを端まで引きずり出す⇒ディスクをセットする⇒トレイを押し戻す」の4工程となります。
USB端子がトータルで3つというのは、やや不満要素です。この規模のノートパソコンでは据え置きがベースとなるので4つくらいは欲しいところ。USBハブで端子を増やすか、Bluetoothで無線周辺機器を活用するといいでしょう。

接続端子
背面や前面には接続端子がありません。

購入情報DELL Studio 17 販売終了。ただいま、旬なパソコンはこれ!

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

パソ兄さんサイト経由限定!優待情報!

DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

次のレビューは、Studio 17のパフォーマンス

DELL Studio 17のレビュー項目

DELLパソコン使用レビューの一覧

DELLパソコン!期間限定パッケージの紹介

納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る