Studio 15レビュー
DELLのStudio 15は、15.6インチワイド光沢液晶のエンターテイメントノート。Core i3 / i5/ i7搭載可能モデル!ホームエンターテイメントをもっと快適に楽しみたい方へ!
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
デルパソコン使用レビュー

DELL Studio 15の液晶画面は、15.6インチワイド

15.6インチワイド

サイトマップ~DELLレビュー

セキュリティソフトの選び方 パソコンで英会話学ぶ

ピックアップ!DELL XPS 15 (L521x)レビュー!(2012年6月発売・Ivy Bridge設計)

ピックアップ!DELL XPS 15(L502X)レビュー(2011年2月発売・SandyBridge設計)

  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Studio 15(1557)レビュー 項目
  4. 現在のページ

Studio 15の液晶画面を紹介します。Studio 15は、15.6インチワイド液晶搭載で、ノートパソコンとしては一番スタンダードな画面サイズです。そして光沢液晶なので、コントラストが高く、メリハリのある画質が楽しめます。直射日光や蛍光灯の光を直接受けると、背景映りをするデメリットもありますが、角度次第で調整が可能です。オープンテラスや野外での使用は不向きですが、自宅内の使用において問題視するほどのことではありません。映像鑑賞では、非光沢液晶よりも見ごたえあります。1日中向き合うビジネスノートと違って、個人向けでは光沢液晶が標準的です。

地デジテレビを観るなら上下に黒帯が入ることなく
アスペクト比は16:9なので、地デジテレビを観るなら上下に黒帯が入ることなく、フルスクリーンで表示できます。(地デジを観るには別途地デジチューナーが必要です。)

【液晶モニタ基礎知識】

モニタのインチとは
画面サイズについて
~インチで表される画面サイズは、ワイドモニタ・非ワイドモニタ関係なく、対角線の長さのことです。1インチが約2.54cmです。

アスペクト比の異なるモニタ
アスペクト比の違いについて
アスペクト比とは画面の横と縦の比率のことです。地デジ放送や一部の映画は16:9で製作されていますので、16:9なら上下に黒い帯が入らずにフル表示されます。映像鑑賞に集中できますね。

ちなみに、映画作品の多くは「スコープ・サイズ」が採用されるため、約2:1の比率です(正確には2.35:1)。そのため、モニタが16:9であっても16:10であっても、結局は黒い帯が入ってしまいます。

WLEDを採用しているため
液晶のバックライトにはWLEDを採用しているため、かなり薄型になっています。最近のノートパソコンはWLEDが主流になりつつあります。

ディスプレイの薄さを確認。
正面からディスプレイの薄さを確認。

バックライトとは
液晶パネル自体は発光しないため、背面にある光源から照射しています。いわゆる「バックライト」ですね。このバックライトの種類に従来の冷陰極管と、後発のWLED(白色LED)があります。具体的な違いとして冷陰極管は小型の蛍光灯で、白色LEDは白色発光ダイオードです。

LEDライト
WLED(白色LED)の特徴
WLEDは冷陰極管が発する白色光よりも色純度が高いので、液晶画面の発色が良くなります。また軽量で衝撃にも強く、基本的には半永久とも言われるほど長寿命です。極めて低消費電力で小型なので、液晶モニタを薄型に設計できるメリットがあります。

※LED素子の寿命は10万時間といわれています。しかも、この寿命は完全に切れた状態ではなく、光量が50%になった時点を指します。(寿命参考:白熱電球が1000時間、電球型蛍光灯が6000時間の寿命)。
WLEDの光は紫外線といった有害な影響が無いとされ、美術品などの照明に採用されます。具体的な実証はないですが、長時間のパソコン使用で目が疲れる、人体の影響にシビアな方はWLEDの液晶モニタを選ぶといいかもしれませんね。
また、光に寄ってくる虫は紫外線に反応しているので、WLEDなら虫が寄ってくることはありません。


Studio 15の解像度を選ぶ

15インチクラスでスタンダードな1366x768です。
今回のStudio 15の解像度は、15インチクラスでスタンダードな1366x768です。(上の写真を参照。)特別に広域というわけではありませんが、インターネットやOFFICEでは、いたって普通の広域です。

Studio 15は15.6インチワイド光沢液晶搭載
カスタマイズまたはパッケージ構成によって、1920x1080の解像度を選ぶことができます。つまりフルHDと呼ばれる解像度です。高密度になる分、表示できる領域が広がります。ただ、画面サイズは同じなので、アイコンや文字が小さくなります。

解像度の違いを比較する

1366×768の表示領域
標準の1366x768と、1920x1080(フルHD)の領域の差を比較して見ましょう。
こちらのデスクトップ画面は1366x768のもの。

フルHD解像度(1920×1080)
そして、これがフルHD解像度(1920×1080)の表示領域。15.6インチワイドに対しては、文字が小さいというしかありません。映像重視で広領域がどうしても必要だというユーザー向けです。編集作業ではツールをたくさん表示できる、ブルーレイ映画なら本来のフルHD画質を楽しめるメリットがあります。文字が小さくて辛いときは、解像度設定を下げたり、ブラウザの拡大表示で対応は可能です。確かに、広域なのはスクロールが少なくてすみ便利ですが、15.6インチ画面に対してどうするかはユーザー次第ですね。前述のように広域でありたい理由があれば、お勧めです。


表示領域(1366×768)は、Yahoo!JapanのTopページを2つ並べられるほどのものではありません。15インチノートを購入するユーザーは、そこまでのことを求めてはいないでしょう。

フルHD解像度(1920×1080)の表示領域なら、Yahoo!JapanのTopページを2つ
フルHD解像度(1920×1080)の表示領域なら、Yahoo!JapanのTopページを2つ並べてもほぼ全ワイド収まります。

Inspiron 15 / ディスプレイの開く角度

ディスプレイ部は最大ここまで
ディスプレイ部は最大ここまで開きます。180度まで行きませんが、これ以上開いて使うことはほとんどないでしょう。

購入情報DELL Studio 15 販売終了。ただいま、旬なパソコンはこれ!

DELLの公式サイトのキャンペーンへ!

※このリンクから、キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!
デル株式会社
次のレビュー内容は⇒Studio 15 液晶画面のベゼル