納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド

DELL XPS 420(現:XPS 430)使用レビュー

DELLユーザーのパソ兄さんが、実際に製品に触れて解説します。
※当サイトは、DELLパソコンの購入をガイドする個人サイトです。
DELLパソコン使用レビューTOP
 
  1. HOME
  2. > DELLデスクトップパソコン
  3. > XPS 430

XPS 420(現:XPS 430)について解説

XPS420を解説XPS420はBTXシャーシXPS 420の付加機能クアッドコアを搭載
XPS 420の快適度

2008年12/9にXPS 430としてリニューアルされたので、相違点も含めあわせて解説します。カラーLCDのミニビューがなくなった以外、外観デザインはほぼ同じです。

XPS420からXPS430へリニューアル
写真はXPS 420のものですが、XPS 430の参考としてご覧ください。

ミドルユーザーに最適な高スペックタイプ

XPS 420(現:XPS 430)は、低価格を意識した高性能モデルです。Inspironシリーズでは物足りないと思う、ミドルユーザーからヘビーユーザー層にふさわしいです。

XPS 420(現:XPS 430)の大きな特長として、Inspiron 530では選択できないインテル Core 2 Quad プロセッサーや高度なグラフィックカードがカスタマイズできます。優れた冷却システムのBTXシャーシ設計なので、高性能で発熱性の高いパーツを搭載しても安定した動作が期待できます。
標準で豊富な接続端子を装備しているので、あれこれカスタマイズしなくていいところも評価できます。

Inspiron 530をギリギリまで高スペックカスタマイズするくらいなら、基本性能の高いXPS 420(現:XPS 430)を選ぶ方が価格面でも賢明です。それにXPSシリーズはInspironより標準サポートが手厚いのもメリットです。

XPS 420(現:XPS 430)の上位機種であるXPS 630、720、730は、電源容量が倍近くあることや、グラフィックカードを2枚搭載するSLIに対応しているので、かなりのヘビーユーザー向けです。コスト面でも手が出しにくいでしょう。
ですから、高解像度で3Dゲームをプレイしたい方や、グラフィックワークに使いたい方で、コストパフォーマンスも重視するならXPS 420はかなりマッチした存在です。

XPS 430になってここが変わった

大きな変化は、64bit版のWindows Vista(64bit Vista)のサポートがされたため、最大8GBメモリの搭載が可能になったことです。そして、メモリの規格がDDR2-SDRAMからDDR3-SDRAMになりました。CPUは引き続きクアッドコアのCore 2 Quadを搭載しています。

また、XPS430は32bit Vistaの選択もできますので、メモリの搭載は最大4GBまでとなりますが、引き続きこれまで使ってきたソフトを使うことができます。
ATI Radeon HD4850など高性能なグラフィックカードの搭載が可能なので、高度なゲームやグラフィックワークに対応できます。
一部、XPS 420から削減された機能や端子数などがありますが、あまりニーズがなかった箇所だと思われます。この削減がコストパフォーマンスにつながってくれることを期待したいところです

 

カスタマイズで3.5インチベイに19種類のメディアに対応の、カードリーダーを搭載できます。独自に市販されているものを取り付けるとXPS 420のフロントベゼルが手に入らないので、ここはDELLでカスタマイズしておいたほうが、デザイン性を損なわないですみます。
ちなみに3.5インチベイは2つあります。
ブルーレイドライブの搭載もできます。
光学ドライブを2台まで搭載できます。
 

XPS 420の接続端子

前面にある端子は、マイク・ヘッドフォン端子、USB端子×2、IEEE1394端子です。

背面にはUSB端子×6(XPS 430では5つ)、
IEEE1394端子のほかに、Inspironシリーズでは今のところカスタマイズのできない、eSATA光デジタル音声出力ギガビットイーサーLANが標準で装備しています。

IEEE1394にしても、Inspiron 530の場合カスタマイズで付けなければなりませんが、XPS 420(現:XPS 430)は標準で2つあるので、かなりのポイントです。

eSATAは外付けHDDとつなぐのに重宝されます。外付けHDDはUSB端子を使うケースが多いですが、その場合、USB2.0で60MB/sの転送速度です。eSATAは内蔵ハードディスクの転送速度と同じ300MB/s。USBの5倍の速度で快適なインターフェースです。

ギガビットイーサーLANは高速ネットワークで、通信速度が1000Mbps(理論値では1秒間に125MB)。インターネット使用では必要以上の速度ですが、PC同士の直接データ転送に活用できます。ちなみにInspironシリーズでは、Fast EthernetのLANです。通信速度が100Mbps(理論値では1秒間に12.5MB)なので比較すると低速です。

多チャンネル対応のオーディオ端子

7.1chスピーカーに対応したオーディオ端子があります。端子の数は多いですが、分かりやすく色分けされています。
白い端子 サイド・スピーカー用
黒い端子 リア・スピーカー用
オレンジ色の端子 センター/サブウーハー用
緑の端子 フロント・スピーカー用
※通常のステレオ・スピーカーと接続する場合は、緑の端子のみを使う。
※5.1chスピーカーと接続する場合は、白い端子(サイド・スピーカ用)以外の3本と接続。

水色の端子 ライン入力
※ミニコンポなどオーディオ家電と接続。

人気のInspiron 530も拡張型のエンタテインメントPCですが、このXPS 420(現:XPS 430)と比べてしまうと「あれ?Inspiron 530って、ちょっと、しょぼいのかも・・」と思わざるを得ないです。XPS 420は、この充実した装備でもコストパフォーマンスがいいのでお勧めできます。
 

XPS 420(現:XPS 430)のサイズ

XPS 420(現:XPS 430)をInspiron 530の筐体サイズと比較すると大きめになりますが、基本的には高さが上がるだけで、幅や奥行きに大差がありません。さほど気になるものではないでしょう。

DELLサイトでチェックしてみよう!
XPS430

XPS 420(現:XPS 430) レビュー

XPS420を解説XPS420はBTXシャーシXPS 420の付加機能クアッドコアを搭載
XPS 420の快適度

DELLの公式サイトのキャンペーンへ!

※このリンクから、キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!
デル株式会社
 

パソコン購入のコツ
DELLパソコンのキャンペーン情報
パソコンパーツ知識・一覧
PCベンチマーク記録集をチェック

DELLデスクトップ型PCの
パソ兄さん使用レビュー

DELL液晶一体型PCレビュー

DELL15.6インチノート

DELL17.3インチノート

DELL13.3インチモバイル

DELL14インチノート

変形型タブレットPC

DELL周辺機器レビュー

DELL法人モデル
実は個人も購入可能!

DELLパソコンの紹介DELLパソコン使用レビューDELLパソコンお買い得情報!DELLについてDELLの新製品情報
カスタマイズ・ナビ(パソコン・パーツ知識)パソ兄さんのパソコン記事直販スタイルのタイプ別
納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る