DELL Inspiron 545s レビュー
インテル Core 2 Duoプロセッサー搭載可能の省スペース型デスクトップInspiron 545s。100%ユーザー視点で、パソ兄さんが購入ガイド。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
人気のロングセラーだったInspiron 530sの後継機

サイトマップ~DELLレビュー

セキュリティソフトの選び方 パソコンで英会話学ぶ

パソコン購入のコツ
DELLのキャンペーン情報
パソコンパーツ知識・一覧
PCベンチマーク記録集

DELLデスクトップレビュー

DELL液晶一体型レビュー

DELL15.6インチノート

DELL17.3インチノート

DELL13.3インチノート

DELL14インチノート

DELL周辺機器レビュー

旧作DELLレビュー

  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスクトップ
  4. Inspiron 545s

DELLの省スペース型パソコン、Inspiron 545sをレビュー

人気のロングセラーだったInspiron 530sの後継機としてInspiron 545sが登場したので、早速レビューいたします。前機種同様、チップセットにインテルG33 Expressを採用しており、デュアルコアのCore 2 Duoが搭載可能となっています。技術革新面では正直、目新しくなく、前機種の衣替えに近いです。

Inspiron 545sの記事は引き続きどうぞ。
しかし、インターネット、ビジネスソフト使用はもちろん、地デジ視聴録画やブルーレイ映画鑑賞などのHDコンテンツ(高精細映像コンテンツ)も扱えるスペックがあります。本格的な3Dゲームを目的としないのであれば、一般家庭用として大概のエンターテインメントに使えます。
注意したいことは、Inspiron 545sで地デジおよびブルーレイなどのHDコンテンツを扱う場合は、グラフィックカードの搭載は必須です。ATI Radeon HD 3450のようなエントリー向けのグラフィックカードで充分ですから搭載しておきましょう。最近のグラフィックカードは動画再生支援機能を持ちますから、有無だけでもパフォーマンスが全然違います。
当然、キビキビ動くのでWindows Vistaも快適に操作できます。
なお、グラフィックカードを搭載しなかった場合は、チップセット内蔵のオンボードグラフィックはGMA 3100が使われます。この場合、インターネット、ビジネスソフト使用なら問題ありませんが、HDコンテンツ使用は諦めるしかありません。
Inspiron 545sより拡張性を持たせたInspiron 545の存在のためか、2009年6月時点でDELLではInspiron 545sに地デジチューナーのサポートがありません。グラフィックカードさえ搭載していれば、地デジに対応できるスペックはありますので、個人で地デジチューナーを導入するのもいいでしょう。(ただし、DELLのサポート対象外になります。)

Inspiron 545sは縦置き・横置きもできる柔軟な設置性

柔軟な設置性
縦置きならスリムに設置できるほか、右側面にはスタンド・ゴムがついているので横置きにすることもできます。これなら遮蔽されていないオーディオラックに置く事もできます。

DELLロゴ
横置き用に、DELLロゴを手動で90度回転させることができます。

前機種、Inspiron 530sと何が変わったのか

選べるカラーバリエーション
技術革新的には前機種と変化ありませんが、DELLのカスタマイズ環境が変わっています。まずは、デスクトップのメイン機種としてはDELL初となる「選べるカラーバリエーション」です。選べるのは 「ブラック、ホワイト、レッド、パープル、グリーン、ブルー、オレンジ、ピンク」の8色で、部屋の雰囲気に合わせてコーディネートできます。残念なのはブラック以外は別途カスタマイズ料金が加算されることです。

カスタマイズできるカラーバリエーション
レビューしているのは、タンジェリン・オレンジ。側面のブラックとの2トーンカラーがいい感じです。カスタマイズできるカラーバリエーションはフロントパネルだけで、黒いボディは各色共通です。

ピアノブラックのInspiron545s
こちらは、カラーのオプション料金がかからない基本色のピアノ・ブラック。
(写真のは保護シートを剥していない状態です。)
64bit OSに対応、および4GB以上のメモリ搭載が可能に
前機種Inspiron 530sでは32bit版OSのみでしたが、inspiron 545sでは32bitおよび64bitにもカスタマイズ対応しました。64bitにすることで4GB、6GB、8GBの大容量メモリの搭載が可能です。(32bitOSでは認識できるのは3GB弱までです。)
ただし、64bitOSは従来の32bitソフト使用すると不具合を生じる場合もあるので、使用環境をしっかり把握しておかなければなりません。またエントリー向けであるInspiron 545sを64bitOSにするくらいなら、もっとハイスペックなモデルを64bitOSにするほうが実用的ではないかと思います。
そのほか拡張したカスタマイズ
最大750GB HDDやブルーレイディスクドライブが搭載可能。
Windows Vista Business SP1 32ビット正規版のダウングレードによる (Windows XP Professional SP3 日本語版)の搭載が可能。

チップセットG33 Expressについて

Insoiron 545sが搭載しているチップセット
このInsoiron 545sが搭載しているチップセットG33 Expressについて説明しておきます。
チップセットとはCPUと連携するパーツの中継になるチップで、いわばパソコン自体の制御システムです。そしてチップセットによって搭載できるパーツの規格が決められます。
なお、G33 Expressの仕様は、以下の通り

対応CPU Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentiumデュアルコア、
800MHz FSB以上のCeleron
最大FSB 1333MHz
対応メモリ PC3-8500
PC2-6400
最大メモリ 8GB

ただし、どんなパソコンでもチップセットの通りというわけではなく、マザーボードの仕様やメーカーのサポート、BIOSなどの仕様により変わってきます。
現にInspiron 545sは、Core 2 Quadには対応していません。「Core 2 Quad搭載がよければ上位ブランドのStudioシリーズを選ぼう」というわけです。
前述したとおり、G33 ExpressにはGMA 3100という内蔵型オンボードグラフィックを搭載していますが、これは大したグラフィック性能はありません。
グラフィックカードを搭載しないと、このGMA 3100でグラフィック処理することになるので、インターネット使用で不便を感じることはありませんが、場合によってはVistaが重く感じるときがあります。とにかく、快適動作のためにもグラフィックカードの搭載は強くお勧めしておきます。

DELL Inspiron 545sは販売終了。今のお勧めはこちら↓

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

9万円以上購入なら ⇒ 【3000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7500ポイント付与の優待専用ページ】

※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり
次のレビュー記事は購入DELL Inspiron 545sの前面をレビュー

DELL Inspiron 545sのレビュー内容

納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る