DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. SSD知識の項目
  4. 現在ページ

Windows 7からTrimコマンド実装(消去タイミングの調整)

Windows 7では新たにSSDを最適化するサポートがされ、OSがHDDとSSDを区別します。(Windows Vista以前ではSSDをHDDとして認識)。そのシステムとしてTrimコマンドが実装されており、SSDの性能アップや寿命を延ばすための管理がされています。ですから、SSDを使うならWindows 7以降のOSがお勧めです。なお、Windows XPでも使うことが出来ますが、XPではパーティションアライメントというパフォーマンス低下が公表されています。

Trimコマンドで、消去タイミングの調整~書き込み速度の低下を回避

ユーザーがデータをゴミ箱から消去しても、実際にはデータが残っています。ユーザーからは消滅したように見えますが、記録エリアには存在しています。単に消去マークが付くだけなんです。そのデータはOSが消去命令を出すまで残っています。SSDはそのデータが記録されているエリアへの上書きができません。一度、消去して空白にしてから書き込むため、データを完全消去するタイミングが肝心です。Trimコマンドでは不要なファイルだという情報をあらかじめSSDに伝えることで、最適な消去タイミングを図ることができます。つまり、書き込み速度の低下を回避するコマンドです。

Trimコマンドがないと、待ち時間が長くなる

Trimコマンドがないとつらい
まず、Trimコマンド無しの場合、上の図のようになる。ユーザーがゴミ箱で消去したデータは、システム上では残っており、実際は消去されていない(グレーで表示)。そのためブロックAは記録できるエリアだが、データは残っている。ブロックAに新たにデータが記録される段階で、ブロックAすべてが消去される。それからデータが記録されるため、待ち時間が長い。

Trimコマンドを図解

猿でもわかるTrimコマンド
Trimコマンドがある場合。ゴミ箱で消去したことを、SDDのコントローラが情報を受け取っている。
これでブロックAはすべて消去してよいと判断して、事前に消去が行われる。ブロックAにデータが記録されるときには、すでに書き込み可能な状態となっているので、待ち時間が少なくて済む。ただ、Trimコマンドで得た情報を「どう活用するのか」は規定がないので、SSD製品によって異なる場合もある。

Crystal DiskInfoで回転数のところに「SSD」
Crystal DiskInfoでチェックして、回転数のところに「SSD」とあればOSはSSDとして認識している。
ついでに対応機能のところにTRIMがあるか見ておこう。

HDDでは効果あるデフラグも、SSDでは効果がでにくい

ファイルの断片化とは保存されている領域が分散していることです。(HDDではセクター、SSDならセルが領域である)。ソフトを使って断片化を解消(デフラグ)すれば、HDDではアクセスが向上します。それはファイルがまとまって存在していれば、プラッタの回転もヘッドの移動も少なくて済むからです。

SSDの断片化
しかし、SSDでは特定のセルに記録を集中させない「ウェアレべリング機能」があり、連続したセルに記録されにくい。(セルの記録書き換え回数寿命が比較的少ないので、保護機能が働く)。さらに電気的なアクセスなので、断片化によるアクセス速度低下は起こりにくい。なお、デフラグをすると「シーケンシャルリードが若干速くなるが、記録速度はほとんど変わらない」と言われる。 ※シーケンシャルリード: 連続している領域への読み込み。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年3月2日(月)まで】
XPSシリーズ、Gゲーミングノート、Inspiron14/13などがお得、20%オフクーポン!
対象モデル以外でも6万円以上の購入で15%オフクーポン!

20%オフクーポン!対象製品

  • XPS ノート / デスクトップ ※New XPS 13対象外
  • Dell Gゲーミングノート
  • New Dell G5 ゲーミング デスクトップ
  • Inspiron 13 7000 、7000 2-in-1
  • Inspiron 14 5000/7000、 Inspiron 15 7000
  • New Inspiron 14 5000(AMD Ryzen)
  • New Inspiron 14 5000 2-in-1 ノートパソコン
  • Inspiron 17 3000 ノートパソコン

対象モデル以外でも6万円の購入以上で15%オフクーポン!(ALIENWAREは除く)

6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大35000円オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

【2020年4月20日(月)まで 】
合計100名様に当たる!Amazonギフト券10,000円分プレゼントキャンペーン
キャンペーン期間中にデルEメールマガジンを購読されている方、またはLINEのデル公式アカウントのお友だち登録されている方で、Core i5/ i7/ i9搭載製品を購入した場合、自動的にエントリー。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

SSD(Solid State Drive)~補助記憶装置・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.