DELL(デル)購入パソコンガイド

パソコン購入したら、PCケースの特徴をチェック

PCケースでは外観デザインばかり見てしまいますが、機能としてパソコンパーツを収める重要な箱です。拡張性、エアーフローの仕組み、ボディの剛性もしっかり調べておきましょう。ATXケースであれば、マザーボードはATXかMicroATXフォームファクタが搭載できます。ATX規格が無くならないかぎり、マザーボード交換で永遠的にPCケースを使い続けることができます。(パソコンメーカー製は無理ですけど。)
パソコンメーカー製を買った場合でも、PCケースの特徴を把握する意味で一度、内部にアクセスすることをお勧めします。
パソコンケースの中身を知る
まず、チェック項目は「5.25インチと3.5インチ」のドライブベイです。

5.25インチ ドライブ・ベイ

5.25インチドライブ・ベイでは主にDVDやブルーレイドライブを搭載します。5.25インチなので略して5インチドライブベイと呼ぶ場合がありますが、同じことです。

光学ドライブを搭載
ミニタワーでは、水平配置で5.25インチドライブ2台まで搭載できる拡張性が多い。

SSDをマウンタで5.25インチに
変換マウンタを使えば、「2.5インチ⇒3.5インチ⇒5.25インチ」へ対応できるので、2.5インチSSDや3.5インチHDDドライブを5.25インチ ドライブ・ベイに搭載できます。写真にあるような2重でマウンタを使用するのは、振動のないSSDのみにしたほうが安全です。HDDは振動があるので2重は危険です。

ワンタッチで光学ドライブを搭載する
工具フリーの5.25インチドライブベイもあります。レバーを引くことでロックが外れます。

内部3.5インチドライブベイ(シャドウベイ)

3.5インチのHDDを搭載する、3.5インチドライブベイです。PCケース外観からは見えないので内部3.5インチドライブベイと呼んでいますが、一般的にはシャドウベイと呼ばれています。

HDDシャドウベイを観る
PCケースによって搭載できるドライブ数が決まっています。ミニタワーでは2台、ミドルタワーでは3台くらいです。ドライブベイ数に余裕があるなら、HDDは間隔を空けて搭載することをお勧めします。放熱対策になります。

HDDを工具なしで外す
こちらは工具フリーの内部3.5インチドライブベイ。レバーを引くことでHDDのロックが外れます。

外部3.5インチベイ

正式名称はなさそうなので、外部3.5インチベイと呼んでいます。内部3.5インチドライブベイ(シャドウベイ)と違って、PCケース外面とつながっています。FDDやMOドライブなどの3.5インチドライブを搭載するベイですが、これらは現在、あまり採用されなくなったドライブです。

カードリーダーを3.5インチドライブベイに
現在は、メディアカードスロットや端子インターフェースの追加用に使われます。

メンテンナンス性のチェック

パソコンの内部にアクセスするときは、サイドパネルを開ける方式が一般的です。頻繁にアクセスする方は、そのメンテナンス性をチェックしてみましょう。

サイドパネルを空けてみる
多いのはインチネジで固定しているタイプ。手回しネジだと工具なしで開け閉めできるので便利です。
低価格帯モデルでは工具で締めるインチネジなので、手回しネジと交換してみましょう。

手で摘まめる手回しネジ
手回しネジは単につまむための厚みを持ったインチネジです。手回しネジにもインチネジとミリネジがあるので間違わないように。

ワンタッチで外せるサイドパネル
高級タイプのパソコンでは、ギミックでサイドパネルを固定しており、天井のレバーを引くことでサイドパネルを外すことができます。

剛性チェックするパネル
パネルの剛性もチェックしておきましょう。 端を折り返して剛性を高めているものが多いです。しなるようであれば剛性が高いとはいえず、一度歪むとサイドパネルの開け閉めがスムーズでなくなります。

エアーフローのチェック

PCケースは単なる箱ではなく、パーツの冷却に関与しています。それがPCケースのエアーフローです。PCケース内での空気の流れで空冷しています。パソコンを購入したらエアーフローを確認しましょう。

ATXのエアーフロー
ほとんどのPCがATXによるエアーフローで、PC前面とCPUファンから吸気され、背面の排気ファンによってケース外へ排熱されます。CPUファンにエアーダクトが付いている場合もあります。

前面の吸気口ファン写真
エアーフローがしっかりしたPCケースでは前面に吸気用のファンを搭載しています。廉価モデルでは大概ついていません。CPUファンや排熱ファンによって自動的に前面から吸気されます。

パネル側から見る通気口スリット
外観からも吸気口の位置を確認しておきましょう。写真左から「CPUファン用の吸気口、グラフィックカード用の吸気口、前面吸気口」です。

フロントパネル
フロントパネルを外して、金属部分の通気口も確認。

スリムタワーの排気口の位置
排気用ファンはPCケースの背面に取り付けられていることが多いのですが、モデルによっては天井の場合もあります。

上部にある電源ユニットDELL製品
ほとんどのATXパソコンは、電源ユニットを背面上部へ配置しています。ただ、熱気は上部にこもりやすいので、「電源を底面に持って行こう」という動きもあります。

おやじのタバコのせいで汚れたパソコン
ちなみに10年間タバコを吸っていた環境でのパソコン。あらゆる吸気口にホコリとヤニ汚れがびっしりです。イタダケませんねえ。

インチネジとミリネジの違い

パソコンでよく使われるネジは、インチネジとミリネジです。ミリネジがないから代わりにインチネジを使ったりするとパソコンパーツのネジ穴を傷めてしまいます。直径もネジ山の間隔もサイズが異なります。

パソコンのネジ
インチネジは、ヤード・ポンド法に基づいて規格化されており、ネジ部の直径が約3.5mm。
ミリネジは、ISO(国際標準化機構)によるメートル法に基づいて規格化されており、ネジ部の直径が3mm。インチネジよりも-0.5mm細いです。 ISO(イソ)ネジとも言われます。

パーツのネジ穴
インチネジはHDDやPCケースのサイドパネルによく使われ、ミリネジは光学ドライブやフロッピードライブによく使われます。ネジ部の直径の違いや刻印で判断することができます。例えば、M3×5とあれば「ミリネジ・直径3mm、長さ5mm」という意味です。

マザボに使う六角スペサーネジ
自作ユーザーにしか関係のないネジとして、六角スペーサーネジがあります。マザーボードをPCケースに固定するための受け手(ネジ穴)になります。六角スペーサーにもインチネジとミリネジがあります。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年6月8日(月)まで】
全XPS / Gシリーズ、Inspiron 13・14・15・17シリーズに対象あり!20%オフクーポン!
6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

初めてでも分かる!パソコン・パーツ知識 > マザーボードとPCケース解説のTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.