DELL(デル)購入パソコンガイド

無線LAN基礎知識~ワイヤレスでインターネット

発信機である親機(アクセスポイント)と、受信機である子機(クライアント)を導入すれば、ワイヤレスでインターネットを楽しむことができます。親機では発信機であるほかに、有線LAN接続も可能なルーター機能を備える機器が多いです。子機では外部接続の場合はUSBタイプがほとんどで、メーカーパソコンで無線LANを装備している場合はカード内蔵。ノートブックの拡張スロット用にはExpress Cardタイプ、PCカード(Card Bus)タイプがあります。

アクセスポイント

無線LAN
接続例。インターネット・プロバイダとワイヤレス用に契約する必要はなく、もともと有線でインターネットをやっていたなら親機と子機の導入で自分でセットアップできます。インターネット・プロバイダーで無線LANプランがあり、機材をレンタルできますが、長期的なことを考えると割高です。

無線LAN規格のIEEE 802.11

無線LANに関する世界標準が「IEEE802.11」という規格で、さらに「a」「b」「g」「n」などに細分化されています。それぞれ「IEEE802.11n / IEEE802.11g / IEEE802.11b」といった規格で分かれています。無線LANを導入するときには、対応規格としてIEEE802.11b/g/nのようにまとめて表記されている複数対応の製品が多いです。
なお、一般家庭で使用されるパソコンの無線は、無線局免許が不要なので気軽に導入できます。現在はIEEE802.11nがメジャーです。

IEEE802.11b

周波数帯は2.4GHz。周波数帯がかぶるため電子レンジのノイズに干渉し、通信速度の低下となる。通信速度が最大11Mbps(理論値)なので、今となっては低速。無線LANの急速な普及のきっかけとなった規格。

IEEE802.11g

IEEE802.11bの上位規格で、同じく周波数帯は2.4GHz。IEEE802.11bと互換性を持つ。電子レンジのノイズによる干渉はやや軽減。通信速度が最大54Mbps(理論値)で、IEEE802.11bよりも5倍ほどスピードアップ。

IEEE802.11a

周波数帯は5GHz。周波数帯が異なるので電子レンジのノイズに干渉しません。通信速度が最大54Mbps(理論値)。障害物による電波障害があるところがデメリット。特に金属やコンクリートでは電波障害の影響が強い。マイナーのためIEEE802.11aに対応しない無線機器が多い。 2002年頃から製品が登場。

IEEE802.11n

周波数帯は2.4GHzおよび5GHz。2.4GHzのみは安価なタイプで、2.4GHzと5GHzの両方が使えるのは高価なタイプ。複数同時に無線機器を使う場合は、両方使える高価タイプがお勧め。(2.4GHzと5GHzを使い分けることでお互いの干渉を避けることが可能。2.4GHz帯は電子レンジやBluetoothなどでも使われている。) IEEE802.11nは、通信速度600Mbpsを目指している規格。最初はドラフト版として市場に出回り、2009年9月に正式規格になる。 無線機器では通信速度が最大150Mbps(理論値)および、最大300Mbps(理論値)のものがある。

セットアップと暗号化形式

無線セットアップには、親機と子機の無線接続および暗号化設定が必要になります。本来なら細かい設定がいるのですが、初心者が扱いやすいようにワンタッチ行える親機があります。親機の機能ボタンを押すと暗号が子機に送信され、自動設定されます。

WPS
ワンタッチ接続には「WPS、AOSS、らくらく無線スタート」などがありますが、WPSが多く見られます。AOSSとらくらく無線スタートはメーカー独自の規格です。ただ、親機と子機が異なるメーカー場合でも規格が同じなら使うことができます。

WPS(Wi-Fi Protected Setup )

業界団体「Wi-Fiアライアンス」によって策定。多くの親機メーカーが採用するシステム。

AOSS(AirStation One-Touch Secure System)

バッファロー製の親機であるAirStationが採用するシステム。

らくらく無線スタート

NEC製の親機が多く採用するシステム。

暗号化形式の種類

親機購入の際には、対応しているセキュリティもチェックしておきましょう。
WEP(64/128bit) DSやPSPなどのゲーム機が採用する暗号であり、解読されやすいのでパソコン用には向かない。
WPA(暗号化形式:TKIP) 脆弱なWEPの代替えとしてWAPが登場。暗号にはTKIPを採用。WEPよりも解読しにくい規格だが、解読法が発表されているので安心はできない。
WPA2(暗号化形式:AES) Wi-Fi CERTIFIEDWEPやWPA(TKIP)とは異なる新しい暗号のAESを採用でセキュリティレベルが高い。「Wi-Fi CERTIFIED」ロゴはWPA2 認証製品につく。

無線LAN親機の導入事例

実際に無線LANを導入した時の様子をレポートします。親機の製品はコレガ製CG-WLR300NMで、IEEE802.11b/g/nに対応しています。

CG-WLR300NM
IEEE802.11nは最初、ドラフト版で売られていたこともあり、2009年9月に正式規格となったため正式対応を強調するパッケージがよく見られます。

理論値300Mbps
2007年6月に電波法が改正されたことにより、ダブルチャンネル仕様が可能になりました。このことで理論値300Mbpsが実現しました。

スループット
この300Mbpsというのはあくまで理論値であり、スループットも確認しておきましょう。スループットとは実効速度で、この製品の場合、無線・有線とも94Mbps前後あります。ただし、各自ネットワーク環境によっても左右されることをお忘れなく。

無線LANだけでなく、有線4ポートと持ち
無線の親機というだけでなく、有線LANのポートを4つ持ち、ルーター機能も備えています。複数台のパソコンを無線と有線でどちらでも接続できます。

LEDランプ
動作状況を知らせるLEDランプ。エコピタLED消灯モードを使えば、常時消灯できます。

モデムの電源を切って30分以上置いて
モデムと親機をLANケーブルで接続。マニュアルでは「モデムの電源を切って30分以上置いておく」と書かれており、もともとの設定をリセットしておきます。親機では切り替えスイッチでルーター機能をONにしました。

波がたくさんあります
次は親機と子機の接続設定をします。このノートパソコンではIEEE802.11b/g/n無線カードが内蔵されています。無線LANが内蔵されていないパソコンなら、USBタイプか拡張カードなどの子機を導入し接続しておきます。まずWindows7のタスクバーをチェックしますが、まだ繋がっていない状態です。すでによそ様の電波が飛び交っており、その電波の強さがバロメーターで表示されています。オレンジのビックリマークが付いているのは、セキュリティが掛かっていない電波です。ここでまず、自分の親機が飛ばしている電波を見つけます。

電波のネットワーク名
自分が飛ばしている電波のネットワーク名(電波)は、本体に記載されています。


自分の電波に接続すると、セキュリティキーが求められます。

WPS(Wi-Fi Protected Setup )
本体に記載されているセキュリティキーを入力してもいいのですが、せっかくなのでWPS(Wi-Fi Protected Setup )機能を使います。本体のWPSボタンを2秒以上押すと、暗号が子機に送信され自動設定されます。
これで接続とセキュリティ設定が完了し、使うことができます。一応、マニュアル書に従ってインターネット接続状態が正常かをチェックしておきます。 複数のパソコンに設定するときは、このWPSボタンの作業を繰り返します。

子機設定でたくさんの無線LANが飛び交っていることを目の当たりにすると、「無線局免許が不要であり、一個人がこんなにも電波を飛ばしてもいいものなのか」と疑問を感じます。親機によってはパソコンを使わない睡眠時間帯は電波を飛ばさない設定ができますし、“常に飛ばしていることは推奨できない”のは確かです。
というわけで、当方では無線環境を廃し、有線オンリーにしました。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年6月8日(月)まで】
全XPS / Gシリーズ、Inspiron 13・14・15・17シリーズに対象あり!20%オフクーポン!
6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

ハードウエア・インターフェース解説のTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.