DELL(デル)購入パソコンガイド

HDDのパーティション設定

1台のHDDをパーティション設定することで、あたかも複数のHDDを搭載しているように使うことができます。
パーティション(Partition)とは、HDDの保存領域をシステム上で分割することです。

HDDのパーティション設定
例えば1台のHDDを2つの領域に分けた場合、パソコン画面では外見上2つのHDDがあるように見えます。パーティションのメリットは用途別に保存できることです。システムをいれる領域と作成データをいれる領域を分けることによって、断片化を軽減することができます。ただ、物理的には1台ですので故障すれば全領域データは全滅します。パーティション設定しても安全性は変わりません。

断片化とは何か?

断片化はフラグメンテーションといいます。データの書き換えを繰り返していくうち、保存領域が虫食い状態となり、そこにデータが書き込まれると断片に保存されていきます。

断片化を図解でわかりやすく
書き換えを繰り返していくうち、このようにシステムデータと作成したファイルが断片的に織り交ざった状態になります。これが断片化で、散在しているためプログラムの読み込みに時間がかかるようになり、やがてソフトの起動が遅くなってきます。使い込んだパソコンが遅くなるのはこれが原因です。断片化は専用ソフトを使って解消(デフラグ)できますが、総データを並び替える作業のため、HDDに負担がかかり頻繁に行うことはお勧めできません。
そのため、先述のようにパーティション設定して、保存段階でシステムと作成データの領域を分けておけば、断片化が軽減できるわけです。

HDD2台の搭載が理想

パーティション設定で断片化対策する方法もありますが、安全性も取り入れるならHDDを2台搭載することです。理屈はパーティション設定と同じで、システムと作成データの住み分けです。そして物理的に分かれていますので、どちらかのHDDが故障してももう一方は助かります。システムの入ったHDDは負担が大きく壊れるリスクが比較的高いので、作成データをシステムと別に分けておけば、その巻き添えを食わないで済みます。

HDD2台が安心
HDD2台構成で物理的に分けてしまえば、HDD1が滅してもHDD2は助かる。断片化対策にもなる。

隠しパーティション

メーカーパソコンのなかには、隠しパーティションを設定している場合があります。隠しパーティションでは、パーティション設定していても、デスクトップ上に領域が現れません。「コンピュータの管理⇒ディスクの管理」にて確認することができます。

DELLパソコン隠しパーティション
これはDELLパソコンにて「ディスクの管理」をチェックしたところ。OEMとRECOVERYのエリアが隠しパーティションです。そのため、デスクトップ上にはCドライブのみが表示されており、一見、パーティション設定されているようには思いません。OEMのエリアはおそらくブートシステムに関わる何か、RECOVERYのエリアは出荷時に初期化するための情報が格納されています。ユーザーがいじらないように隠しパーティションにしていると思われます。
なお、このようなHDDを部品取りして使い回す場合、少し厄介な場合があります。 隠しパーティションにロックがかかっていると、Windowsの既存システムでそのパーティションを削除できません。上記のDELLパソコンの場合、OEMのエリアが消せませんでした。そのまま使うのは気持ち悪いと思うなら、ソフトを使って強制的に削除することができます。

Partition Wizard5
一例として、隠しパーティションの削除にフリーソフトのPartition Wizard5を使います。(64bitにも対応)。
通常のパーティション作成はもちろん、リサイズ・コピー・変換などパーティションに関わる様々な機能を備えていますが、今回は完全消去の機能を使います。消したいパーティションを選択し、「Delete」のボタンをクリック。
「Operations Pentition」にてDeleteの行程が記載されてるので、Applyをクリックで実行です。

HDD複数搭載の応用!RAID設定

HDDを複数搭載する場合、RAID(レイド)設定により高速性を向上させたり、安全性を高めることができます。
RAID設定にはいくつか種類がありますが、メジャーなRAID0(ストライピング)とRAID1(ミラーリング)を紹介します。

HDDの高速性UP!!RAID0(ストライピング)

RAID0の図解RAID0(ストライピング)では1つのデータを2台のHDDに分散して読み書きします。分散することでHDDにアクセスする時間を短縮でき、高速化が図れます。ただ、1つのデータをを細切れにして分散して保存しているので、1台のHDDが故障しただけでもデータが未完になってしまいます。つまり1台が無事でもデータそのものは未完なので消滅したのと同じです。RAID0(ストライピング)は、安全性を犠牲にしても速度重視の使い方です。

データ保管の安全性を高めるRAID1(ミラーリング)

HDDの応用RAID1RAID1(ミラーリング)では2台のHDDにそれぞれ同じデータを同時に書き込みます。1台のHDDが故障しても、もう片方のHDDに同じデータが保存されているのでデータ保管の安全性が高いです。 ただし、同じデータを2台に書き込むため時間がかかり、2台あっても1台分の容量しか使えないことがデメリットとなります。速度よりも安全性を重視した使い方です。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年6月8日(月)まで】
全XPS / Gシリーズ、Inspiron 13・14・15・17シリーズに対象あり!20%オフクーポン!
6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

初めてでも分かる!パソコン・パーツ知識 > HDD(ハードディスク・ドライブ)解説のTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.